「賈充」の版間の差分

編集の要約なし
[[咸寧 (晋)|咸寧]]6年([[280年]])の[[呉の滅亡 (三国)|呉征服戦]]においても、終始開戦に反対し続け、司馬炎に窘められた。総指揮官を任されてもそれは変わらず、杜預達が快進撃を続ける中においても、幾度となく撤退を主張する有り様であった。しかし結果的に呉征服が大成功を収めたため、天下は統一された。賈充は開戦に反対し続けていたとはいえ、地位が揺らぐ事はなく、荀勗や馮紞([[李孚]]の孫)らと結託し、娘の賈南風を司馬衷の妻とする事に成功し、任愷や張華などの政敵を次々に排除していった。賈充は派閥を作ることに熱心で、多くの人材を評価したが、評価は個人的な好悪が優先された。杜預などかつての対呉主戦派の者たちは、中央に[[賄賂]]を送るなど保身に汲々とする有り様だったという。
 
魯公に封ぜられたが[[太康 (晋)|太康]]3年(282年)に死去した。諡号を審議した博士の[[秦秀]]は「武公が相当と上申した。生前の行状から当初功績や所業の善悪を斟酌して諡号決定される物で、「荒が上奏さは「愉しみを恣にし国家の綱紀を紊乱した」者に与えらる。彼の生涯に鑑みて此の諡号は当然だったが司馬炎は認めず、そ反対で撤回さ意を汲んだ博士・[[段暢]]が建議した「武」に決められた経緯がある
 
生涯を通じて司馬炎に対して忠実な臣下であったが、司馬炎の同母弟で自身の娘婿でもある司馬攸(斉王)の庇護者でもあった。{{誰範囲|date=2015年12月|呉征伐に反対したのは、異民族に対する憂慮や当時司馬攸が服喪期間中であったため司馬攸の政治的地位の低下を慮っていたからとの説もある。}}