「柔道」の版間の差分

いろいろ
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(いろいろ)
|公式ウェブサイト=[http://www.judo.or.jp/ 全日本柔道連盟]<br />[http://www.ijf.org/ 国際柔道連盟 (IJF)]
}}
'''柔道'''(じゅうどう)、'''日本伝講道館柔道'''(にほんでんこうどうかんじゅうどう)は、柔術修行に打ち込み修めた[[嘉納治五郎]]が様々な流派を研究してそれぞれの良い部分を取り入れ、さらに自らの創意と工夫を加えた技術体系の「柔よく剛を制す」という心身の力をもっとも有効に活用した原理を完成させ、[[1882年]]([[明治]]15年)にその考察から創始した文武の道である<ref>『DVDシリーズ柔道パーフェクトマスター』16頁。{{Full citation needed|date=2018年8月}}</ref>。乱取り試合は世界的に普及し、[[近代オリンピック|オリンピック]][[オリンピック競技|正式競技]]にもなっている。[[国際競技連盟]]は[[国際柔道連盟]] (IJF) 。
 
== 概説 ==
[[古武道]]の一つ、[[柔術]]から発展した[[武道]]で、[[投技]]、[[固技]]、[[当身技]]を主体とした技法を持つ。[[明治]]時代に[[日本の警察|警察]]や[[学校]]に普及し、[[第二次大戦]]後には国際競技連盟の[[国際柔道連盟]]の設立や乱取り試合が[[近代オリンピック|オリンピック]]競技に採用されるなど広く国際化世界的な普及に成功している。
 
[[スポーツ]][[競技]]・[[格闘技]]でもあるが、[[講道館]]柔道においては「精力善用」「自他共栄」を基本理念とし、競技における単なる勝利至上主義ではなく、身体・精神の鍛錬と[[教育]]を目的としている<ref>講道館師範嘉納治五郎先生遺訓「柔道は心身の力を最も有効に使用する道である。その修行は攻撃防禦の練習に由つて身体精神を鍛錬修養し、斯道の神髄を体得する事である。さうして是に由つて己を完成し世を補益するが、柔道修行の究竟の目的である。」</ref>。
 
しかし武徳会において、制定されていた従来の武徳会称号「[[範士]]」「[[教士]]」「[[精錬証]]受有者(昭和9年以降「[[錬士]]」)」の制度以外に、講道館柔道の採用に際し、修行の進みに応じて発行する講道館の制定した段級位も各部門において採用することとなる。当初は武徳会でも、柔道段位は講道館の認定の元、正式発行が行われていたが、時とともに講道館の認定を受けず独自に段位を発行するようになる。武徳会において段位を受けた者、修業をした者は武徳会に帰属意識を持つようになり、講道館と武徳会はそのことで軋轢も生まれ、云わば(講道館)柔道という一つの統一流派を、東の講道館と西の大日本武徳会という二つの組織が重なり合いながら時に対立を含みながら共存し互いに管理、執行するという構造になっていった。<ref>小谷澄之ほか 編『嘉納治五郎大系』第1巻 講道館柔道、講道館 監修、[[本の友社]]、1988年、303頁「講道館と第日本武徳会との関係について」</ref><ref>柔道大事典編集委員会 編『柔道大事典』嘉納行光ほか監修、[[アテネ書房]]、1999年、「大日本武徳会」の項。{{ISBN2|4871522059}}。</ref><ref>藤堂良明『学校武道の歴史を辿る』日本武道館、2018年、第13章 大日本武徳会の設立と影響 2 大日本武徳会の柔道。{{ISBN2|978-4-583-11195-7}} C0075。</ref>
'''戦時中の柔道については''' {{Main|#国内日本における軍隊格闘技としての採用・影響}}
その後、1946年(昭和21年)11月9日、[[大日本武徳会]]は[[連合国軍最高司令官総司令部]]([[連合国軍最高司令官総司令部|GHQ]])の指令により強制解散し、柔道は武道禁止令の影響を大きく受けることになる。
しかし、日本における武道禁止令の解禁に先んじて、戦前1932年にドイツにおいて結成されていた[[ヨーロッパ柔道連盟]]が、1948年にイギリスのロンドンで再建するなど国内外の働きかけもあり、国内においても柔道の稽古や試合は次第に再開されていき、1950年、柔道は学校教育における再開を果たす。
 
=== 学校体育と柔道 ===
日本では[[クラブ活動|部活動]]としてほとんどの[[中学校]]、[[高等学校]]、多くの[[大学]]に「柔道部」があり、[[中学校]]、[[高等学校]]では学習指導要領に沿った形で生徒の自主的、自発的な参加による課外活動の一環としての部活動が行われている。警察や社会体育中心にやってきた日本の柔道だが20世紀終盤までに男子柔道の主力選手はこの学校体育大学柔道の学生およびそのOBの柔道家が中心となっており、日本以外への普及活動、柔道競技の近代化も大学柔道の柔道家が中心になって行っていたと彼らは自負していた。彼らは社会体育勢が中心の全柔連のやり方に不満を持つようになった。20世紀終盤に起きた講道館・全柔連対[[全日本学生柔道連盟]](学柔連)の内紛もこういった日本の大学柔道界にたまった不満も背景にあった<ref name=デス>{{Cite book|和書|author=高山俊之(聞き手・構成)、小野哲也(話し手)|title=柔道界のデスマッチ全柔連VS学柔連|others=小野哲也(話し手) |publisher =[[三一書房]]|isbn=|quote=|origdate=1988-05-15|pages=46|dateedition=1988-05-15第1版第1刷}}</ref>。
 
=== 社会体育としての柔道 ===
日本では武道、武術、格闘技の多くは町道場やジムでの社会体育を中心として行われている。柔道も講道館という社会体育として始まった。その後、民間などの[[道場]]での活動のほかに、警察署の道場で一般向けの教室が行われるようになり社会体育の柔道は拡大した。1980年代でも全柔連の主なメンバーは骨接ぎや社会体育である町道場を商売にしている人が多い、と首都圏で町道場を営み日本柔道界の内情に詳しい小野哲也は述べている。1986年ごろ、ある議員から、全柔連は[[全日本学生柔道連盟]](学柔連)の大卒メンバーと異なり、知性・教養がない者ばかり、と言われたことがあるとも小野は述べている<ref name=デス/>。フランスや北欧などは日本のように学校管理下、教員顧問による指導の部活動自体がほとんどなく、地域のスポーツクラブに任意で加入して、そこで柔道の指導、練習を受ける社会体育の柔道がメインである。
 
=== 企業体育としての柔道 ===
日本では[[企業]]の[[実業団]]活動が行われている。柔道がオリンピック競技となってから、企業は実業団による選手育成に力を入れ、のちに警察柔道を凌ぐ勢力となっている。1980年代、大学柔道の学柔連のメンバーは大学の柔道部OBがメインで実業団柔道に対しても影響力があった。講道館・全柔連対学柔連の内紛では、1983年に全日本実業柔道連盟(実柔連)会長の[[永野重雄]]は全柔連を脱退した学柔連に共鳴し、副会長の青木直行が受け流したため実現しなかったが、青木に全柔連から脱退するよう命じた、と小野哲也は語った<ref>{{Cite book|和書|author=高山俊之(聞き手・構成)、小野哲也(話し手)|title=柔道界のデスマッチ全柔連VS学柔連|others=小野哲也(話し手) |publisher =[[三一書房]]|isbn=|quote=|origdate=1988-05-15|pages=48-49|dateedition=1988-05-15第1版第1刷}}</ref>。
 
=== ステートアマチュアとしての柔道 ===
 
==== 主な大会 ====
* [[オリンピックの柔道競技|近代オリンピック柔道]]
* [[世界柔道選手権大会]]
* [[全日本柔道選手権大会]]
 
== 試合のルール ==
日本において、乱取り試合のルールは講道館柔道試合審判規定(以降、‘講’)と国際柔道連盟試合審判規定(以降、‘国’)などがある。のちに国内日本でもほとんどの試合が国際規定で行われるようになったが、試合のレベルなどにより、国内日本独自の方法や判定基準が採用されている。
 
講道館柔道試合審判規定による試合は、後々においても講道館において開催されている月次試合や紅白試合、高段者大会等において引き続き継続して採用されている。そこでは2020年現在の国際柔道連盟規定に準拠する試合においては[[禁じ手]]扱いとされる足取り技や立ち関節技や立ち絞め技なども引き続き使用可能となっている。
* [[1895年]](明治28年) - [[大日本武徳会]]が設立され、武徳祭において毎年、大演武会と武術大会が行われる。武術大会における乱捕り試合規定は試合ごとの申し合せで決められていたとされる。
* [[1899年]](明治32年) - 大日本武徳会において大日本武徳会柔術試合審判規定制定。規定制定委員長の嘉納治五郎の原案を元に、講道館を含む10名の古流柔術家の委員によって評議、決定される。二本先取の三本勝負を採用する。この規定と翌年定められた講道館柔道乱捕試合審判規定制定にて柔術=柔道の通常乱捕り試合時の各種禁じ手も設けられる<ref>『柔道大事典』「大日本武徳会柔術試合審判規定」の項 アテネ書房</ref>。1919年以降、大日本武徳会柔道試合審判規定に改称。
* [[1900年]](明治33年) - 講道館柔道乱捕試合審判規定制定。これと前年の大日本武徳会柔術試合審判規定にて手足の指関節技、[[足取緘]]など足首への関節技が禁止技となった<ref name=大修館書店関節技>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史 |yearedition= 初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|pages=3-4}}</ref>。関節技・絞め技において、見込み一本も認められていた。
* [[1916年]] - 講道館柔道試合審判規定改正。[[足緘]]は禁止となった<ref name=大修館書店足緘>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史 |yearedition= 初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|page=5}}</ref>。
* [[1924年]](大正13年) - 「引き込み」を禁止。それまで二本先取で勝敗を決する「三本勝負」で行われていた柔道試合を[[一本]]勝負で決する審判規定変更。
* [[1929年]](昭和4年) - [[昭和天覧試合|御大礼記念天覧武道大会]]柔道乱捕試合規定、審判員3人、姿勢・態度・技術等の基準による「優勢勝ち」制定。
* [[1995年]](平成7年) - 講道館試合審判規定改正。女子も男子に合わせ一部の大会を除き原則、見込み一本はとらなくなった。
* [[1997年]](平成9年) - IJF総会で[[カラー柔道着]]導入可決。国際規定改正。関節技などで脱臼、骨折の場合は主審がまだ戦闘能力があると見なされば一本はとらないことになった。
* [[1994年]]までに<ref name=格通>{{Cite journal |和書|author=若林太郎 |authorlink= |title=[[全日本柔道選手権大会]] |date=1994-6-23 |publisher=[[ベースボール・マガジン社]] |journal=[[格闘技通信]] |volume=9 |issue=14 |naid= |pages=120 |ref= |quote =金野が得意の・国際ルールでは禁止}}</ref>または[[1998年]]<ref name=大修館書店>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史 |yearedition= 初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|page=25}}</ref>、国際規定での重大な違反の一つ「特に頸や脊椎・脊髄など、相手を傷つけたり危害を及ぼしたり、あるいは柔道精神に反するような動作をする。」の附則で男女で蟹挟は禁止技となった(2018年、本則に明記)。罰則は「反則負け」となった。
* [[1998年]](平成10年) - 国際規定で抑込技[[裏固]]が無効に。
* [[1998年]](平成10年) - IJF公式大会として初めてブルー柔道着採用される。ワールドカップ(ミンスク)
今日周知されているような体育としての柔道観、人間教育としての柔道観以上に、嘉納治五郎の柔道観は元々幅の広いものであった。嘉納は柔道修行の目的を「修心法」「体育法(練体法、鍛錬法とも言う)」「勝負法(護身法とも言う)」(時に「慰心法」を含む)とし、柔道修行の順序と目的について、上中下段の柔道の考えを設けて、最初に行う下段の柔道では、攻撃防御の方法を練習すること、中段の柔道では、修行を通して身体の鍛練と精神の修養をすること、上段の柔道では終極的な目的として下段・中段の柔道の修行で得た身体と精神の力(心身の力=能力・活力・精力)を最も有効に使用して、世を補益することを狙いとした<ref>『柔道大事典』p.214</ref>。武術としての柔術(勝負法)をベースに、体育的な方法としての乱取り及び形(体育法)、それらの修行を通しての強い精神性の獲得(修心法)を同時に狙いとしていた。
 
その一方で嘉納は武術としての柔道について「まず権威ある研究機関を作って我が国固有の武術を研究し、また広く日本以外の武術も及ぶ限り調査して最も進んだ武術を作り上げ、それを広くわが国民に教へることはもちろん、諸外国の人にも教へるつもりだ」との見解を述べており<ref>『嘉納治五郎著作集 第2巻』p.105</ref>、研究機関を作り世界中の武術を研究して最も進んだ武術を拵えたいとの考えも持っていた。
 
==== 勝負法の乱取り====
また、前田は異種格闘技を戦うその練習の上において、のちの[[オープンフィンガーグローブ]]の原型を考案し、前田の日本に宛てた手紙をまとめた単行本『世界横行・柔道武者修行』(1912年)、『新柔道武者修行 世界横行 第二』(1912年)においてその言及が確認出来る。「何らかの道具を新案して、当てる蹴るの練習をする必要がある。僕はいま、ゴム製の拳闘用手袋風にして、指が一寸ばかり(約3 cm)出るようなものを新案中だ。それから、軽い丈夫な面を、これもゴム製にして、目と鼻腔の呼吸をなし得るものを新案中だ。胸は撃剣の胴のようなものをつけてもよい。これで当てることと蹴ることの練習をやる。それから袖をとりに来る手の逆を取ること。以上の練習は柔道家には、ぜひとも必要と考える。」<ref>『世界横行・柔道武者修行』前田光世・記</ref><ref>『―日本プロレス秘話―力道山以前の力道山たち』小島貞二 三一書房</ref>
 
また、フランス柔道の父[[川石酒造之助]]の「川石メソッド」などの例からも、日本以外に渡った柔道家の残した柔道技術の中にはのちに国内においては失われたものもあることが伺える。
 
==== 世界の軍隊格闘技・近接格闘術における影響 ====
戦争はほとんど砲と銃で戦う時代であり、この時代の近接戦闘と言えば主に騎兵が使う軍刀(サーベル)と、歩兵がライフルに装着(着剣)して槍のように使う銃剣で戦うことだった。しかし[[第一次世界大戦]]では、大規模な[[塹壕戦]]が繰り広げられた。塹壕内での極めて近い距離、狭い場所での戦闘が頻発したことで近距離向きの銃器や手榴弾以外に、敵に悟られないように塹壕に侵入していくことも重要だったため、音を出さない白兵戦用の武器も重視された。そうした白兵戦で敵に対処するために防御側も同様の至近距離での戦闘技術が必要となった。このため各国で近接戦闘の工夫がされていった。塹壕戦によって近い距離で戦う武器術や格闘技術が求められるようになっていったのがこの時代の最大の特徴であり、軍における訓練では近接戦闘のために既存の格闘技を取り入れるようになった。第一次大戦を境に[[軍隊格闘技]]・[[近接格闘術]]の基として注目された格闘技の一つに日本の柔道や(古流)柔術がある。そしてこの時期の徒手格闘術は[[ボクシング]]や柔道が中心となっている。
 
柔道や柔術の日本以外への伝播はちょうど第一次世界大戦前であり、多くの柔道家・柔術家が日本以外に渡って普及活動を行っている。アメリカなどでは第一次大戦前、柔術ブームとでも呼ぶべき現象が起きていた。またそこには当時、日清・日露戦争での勝利に対して世界から向けられた日本への興味、東洋趣味からの観点や、[[嘉納治五郎]]の教育者の立場からの部下にあたる[[小泉八雲|ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)]]などによる柔道(柔術)の日本以外への紹介、また嘉納治五郎自身の渡欧の影響なども柔道・柔術ブームへの影響が見受けられる。
アメリカ大統領[[セオドア・ルーズベルト]]の信頼を得て合衆国海軍兵学校の教官として講道館柔道を教えた講道館四天王の一人[[山下義韶]](のちの史上初の十段位)などの例や、講道館柔道を学びロシアにおいて[[サンボ]]の創始者となった[[ワシリー・オシェプコフ|オシェプコフ]]の例などから、米露英仏など各国で柔道は軍隊近接格闘技要素に取り入れられていった。
 
1964年(昭和39年)9月15日に日本武道館が落成し、同年10月3日、[[昭和天皇]]・[[香淳皇后]]を迎え開館式を行った。
 
同年10月10日に東京オリンピックが開催され、10月15日に日本武道館において剣道・弓道・相撲のデモンストレーション、10月20日〜23日に[[1964年東京オリンピック柔道競技|東京オリンピック柔道競技]]が実施された。
 
以来、日本武道館は、設立の趣旨に沿い、種々の武道振興普及事業、各種武道大会を行い、一方で公益的な使命をもつ国家的な諸行事にも広く活用されることとなる。
*ケガ防止と予防のために身体を作る。<ref>『改革』井上康生</ref>
 
== 柔道の総合化と海外の格闘技 ==
柔道の国際化が進む中、外国選手を中心とした技術の変化も見られるようになった。これは、海外の柔道競技者の多くは柔道と同時に各国の格闘技や民族武術に取り組み、その技術を柔道に取り込んだり、試行錯誤の上新たな技術を考案するなど、日々技術を変化(進化)させているからである。技術が柔道に取り込まれている民族武術・格闘技としては[[キャッチ・アズ・キャッチ・キャン]]、[[ブフ]]、[[サンボ (格闘技)|サンボ]]、[[ブラジリアン柔術]]などがある{{refnest|group=注釈|ブラジリアン柔術については、柔道から派生したという歴史的な経緯や高専柔道の技法との共通性から、日本の柔道選手の間でも取り組まれつつある。}}。技術の変化に対して、世界的に見た海外における柔道は、[[武道]]としての「柔道」ではなく、[[競技]]としての「JUDO」となりつつあるという指摘があり、柔道本来の精神が忘れられていくのではないかと、柔道の変質を危惧する意見もある。一方で、柔道は発足当初から日本国内の柔術のみならず海外の格闘技を工夫して取り入れて形成されたものであり、国際柔道のような各格闘技を総合したスタイルこそ柔道本来の形と精神に近いと考えている意見もある。
「明治時代に[[嘉納治五郎]]が日本の柔術諸派から技を抜粋して柔道を作ったとき、柔道は一種の総合格闘技になったのです。さらに今回は、国際的にも柔道が総合格闘技化しているのです。[[チタオバ]]や[[サンボ]]、[[BJJ]]までが総合化されているのですね。柔道でメダルを獲得した国が23カ国ということを見ても国際化はかなり進んでいる。」<ref>『GONG 格闘技 2012 10.23 No.244』「柔の現在。」[[松原隆一郎]]・[[溝口紀子]]・対談</ref>
 
また、計画的体系的な筋力トレーニング、栄養、データ分析の強化など指導に医科学も取り入れた強化を進めた。<ref>「康生改革支えた裏方=筋トレ、栄養、データ分析」-柔道〔五輪・柔道〕2016/08/14</ref>
2016年[[リオデジャネイロ五輪]]の柔道で日本は1大会で最多となる男女計1212個のメダルを獲得した。
 
== 柔道と空手道の道衣 ==
 
=== 柔道ルネッサンス ===
国内日本において講道館・全日本柔道連盟が、平成13年度から合同プロジェクト「柔道ルネッサンス」を立ち上げ、講道館柔道の創始者である嘉納治五郎師範の理想とした人間教育を目指して活動を行っている。
 
「国際化、競技化、スポーツ化が進み競技成績や勝敗ばかりが注目されているが21世紀を迎えた今こそ嘉納治五郎師範が提唱した柔道の原点に立ち返り、人間教育を重視した事業を進めようとするものである。」<ref>全日本柔道連盟ホームページ</ref>