「お義父さんと呼ばせて」の版間の差分

: 演 - [[遠藤憲一]]
: 中堅[[専門商社]]「やまびこ商事」の部長。年収は手取りで650万円。やまびこ商事のシステムを請け負う美蘭の会社では「ミスター・フリーズ」とあだ名されている。土日も返上してしまいがちなほど激務の日々を送っており、恋愛に無頓着なまま51歳を迎える。作中で砂清水や紀一郎から一時ワニ呼ばわりされるほどのワニ顔。また強面であり、その容姿によって命拾いしたこともあった。
: パソコンの操作が不器用で、保守作業に来ていた28歳年の離れた美蘭と相思相愛になり結婚を申し込む。素朴だが生真面目で几帳面な性格。思いやりに厚く部下や得意先に好かれているが、上からの冷酷な命令には反発してきたため出世出来ずにいた。仕事に対しては体を張って必死になる一方で花澤家では常に挙動不審に陥っている。美蘭とは年が離れすぎで父親と同い年のため、当然のごとく花澤一家には結婚を反対されるが、地道に家族を説得して行こうと奮闘を始める。赤ワインには弱く、悪酔いをして花澤家に不満をぶちまけてしまう。仕事の接待で偶然にも紀一郎も同席する中、得意先の部長のたってのリクエストで裸踊りを披露せざるを得なくなり、塞ぎ込んでしまう。達筆で得意先に心のこもった手紙を送り好感を持たれている。美蘭の事を「みーちゃん」と呼ぶ。また紀一郎の事を初対面で「お父さん(当初は義父という意味ではなかった)」と呼ばれるのを拒否された時から「ダディ」「パパ」「おとっつあん」「きーぼう」と紀一郎の呼び方が二転三転することとなる。母の静香に対しては「お母さん」「奥さん」「静香さん」と曖昧である。
; 花澤 紀一郎(はなざわ きいちろう)〈51〉
: 演 - [[渡部篤郎]]
; 花澤 葉理男(はなざわ はりお)〈24〉
: 演 - [[中村倫也]]
: 美蘭の兄。父親のコネで有名企業に入社。一人前にもなっていないのに自分のやりたい仕事がしたい」などと愚痴を保にこぼすが、酔った勢いの保に一喝される。「恋愛はコスパが悪い」と言っていたが、後に女装趣味があることが発覚家族に言いだせずに悩んでいたところを保にありのままの自分をさらけ出せと説得され、家族の前で[[カミングアウト]]する。
; 花澤 真理乃(はなざわ まりの)〈21〉
: 演 - [[新川優愛]]
: 美蘭の妹。大学生モデル。父親と同じような勝ち組志向軽薄な性格面がある。恋愛はメリットを考えて付き合う。姉や祖父の昭栄が起こす色恋沙汰のトラブルを楽しんで見物しているが、実は姉美蘭に対して常にコンプレックスを抱き、ライバル視してきた。姉への対抗心ゆえの勇み足の就職活動ではトラブルに巻き込まれそうになるが、保と紀一郎の一時休戦・共同戦線により、間一髪で窮地を救われる。
 
=== 花澤家 ===
; 花澤 昭栄(はなざわ しょうえい)〈79〉
: 演 - [[品川徹]]
: 美蘭の祖父紀一郎の父。不良老人で、入居してた老人ホームで夫婦で入居した老女に手を出したために追い出される(静香曰く「(手を出したのは)3人目」)。戦時中の出来事を実体験のように話すが、それは他者からの受け売り。美蘭が保を連れてくるその日に花澤家に戻って来。保を当初から気に入り、リフォームの仲介責任者に勝手に任命し、週一で花澤家を訪問するように命じ、本来は筋違いな仕事に戸惑う保も期せずして頻繁に花澤家に出入り出来るきっかけとなる。和・洋菓子が大好物で、しばしば保に命じて買って来させる<ref>[http://www.ktv.jp/otosan/special/ 関西テレビ 「お義父さんと呼ばせて」 公式サイト スペシャルページ (「昭栄じいちゃんのおもたせカタログ」)]</ref>。紀一郎が子供の頃に商売に失敗して貧乏になったことから、紀一郎と確執があることが発覚する。何事にも不思議と理解があり、保が酔った勢いで不満を漏らした際「よく本音を言ってくれた!」と絶賛し、葉理男の女装僻が発覚した際は「可愛い」と褒め。保の姉留美子に一目ぼれし、同情を引くために意図的に紀一郎を煽って激怒させるなど、色恋沙汰になると他者にまで迷惑をかけてしまう
 
===帝洋物産===
; 砂清水 誠(すなしみず まこと)〈28〉
: 演 - [[山崎育三郎]]<ref name=oricon151221>{{cite web|url=http://www.oricon.co.jp/news/2064172/full/|title=山崎育三郎、『下町』とは真逆の“キザ男”に転身 遠藤憲一の恋敵役|publisher=ORICON STYLE|date=2015-12-21|accessdate=2015-12-21}}</ref>
: 帝洋物産のエリート社員。イケメン、高収入、28歳と、女性が結婚に望む条件をすべて兼ね備えた男。ただしまるで空気が読めず、常にハイテンションで、何事も都合よく一人合点する。美蘭に結婚を申し込み簡単に振られた経験があるが、未だに花澤家に何かと花束を送るなど、諦めずに粘っている。紀一郎に言わせれば、「とにかく明るい[[ストーカー]]」。保と美蘭が結婚するという話には「裏があるに決まってる」と言い張り、憤慨していた。結婚を反対する紀一郎に刺客として利用される事となる。また、千代に一目惚れされ作中強引に唇を奪われる。
; 愛川 希和(あいかわ きわ)〈29〉
: 演 - [[中村アン]]<ref name=oricon151221/>
: 帝洋物産に勤める紀一郎の秘書。紀一郎がセクハラまがいな行為を行うがその都度上手にかわす。美蘭と同様年上の彼氏と付き合っていた経験がある。
; 中森 愛(なかもり あい)〈22〉
: 演 - [[中村ゆりか]]
: 帝洋物産の女性社員。紀一郎に密かに想いを寄せている。紀一郎の浮気疑惑が持ち上がったときには脅迫まがいのファックスを花澤家に送った事もある
; 水嶋 拓也(みずしま たくや)〈28〉
: 演 - [[栗山航]]
: 帝洋物産の男性社員。紀一郎の部下。同僚の柳本と共に紀一郎の様子を傍観する。
; 柳本 (やなぎもと)
: 演 - [[寺井文孝]]
: 帝洋物産の男性社員。紀一郎の部下。同僚の水嶋と共に紀一郎の様子を傍観する。
;郷原 福三(ごうはら ふくぞう)
:演 ‐ [[大林丈史]]
:副社長。
; 八千草 千代(やちぐさ ちよ)〈40<ref group="注釈">第七話より。</ref>〉
: 演 - [[伊藤修子]]
: やまびこ商事の女性社員。独特な棒読み口調で話す。会社の中の華的な存在。保の良き恋愛指南役。自称柔道と恋愛と同棲については黒帯。砂清水に一目ぼれしてしまい、強引にモーションをかける。
; 小松川 慎吾(こまつがわ しんご)〈28〉
: 演 - [[加治将樹]]
: やまびこ商事の社員で保の直属の部下。保の事を尊敬しており同様に体を張って仕事を行う。料理好きな彼女がいるとのこと。
;黒岩専務(くろいわせんむ)
: 演 - [[石井愃一]]
:やまびこ商事の専務。営業で美蘭が提案したソフトウェアーの商談に乗り気だったが、突如気変わりして話を蹴ったことで美蘭の怒りに火が付く。出入り業者を下に見ているらしく、千代曰く「狸親父」。
 
=== ゲスト ===
; 八神葉子(やがみ ようこ)〈51〉
: 演 - [[片岡礼子]]
: 保がかつて同棲していた元彼女。保ら彼氏を二股にかけた結果、年収の良い大会社の社員の方に乗り換え、保の前から逃げるように姿を消すも、10年ぶりに保の前に現れる。子供を儲けているが結婚相手からDVを受けていることから保を頼ってマンションに上がり込む。たまたま留守電を聞いた紀一郎から、葉子の息子が保の隠し子だと勘違いされ、それがきっかけで保と紀一郎は殴り合いの喧嘩にまで発展する羽目になる。色恋沙汰で問題を起こす葉子の影響で保はストレスからキレやすい性格になりがちなっていたが、美蘭と付き合い始めて性格がやさしくなったことが、葉子の口から美蘭に明かされる。
; 占い師の老婆
: 演 - [[佐々木すみ江]]
: 保が受けた手相占いの老婆。結婚の悩みを占ってもらってもらったときに「血を観ることになるよ」と予言する。
; 鬼山社長
: 演 - [[団時朗]]
: 大手玩具メーカーの社長。やまびこ商事のお得意先。作中やまびこ商事が下請けしたばねパーツの不具合からがあり、保は休日を返上して謝罪に乗り込む。
;戸倉(とくら)
:演 ‐ [[浜田道彦]]
:戸倉化成工場社長。やまびこ商事の取り引き先。
;小島 美菜(こじま みな)
:演 ‐ [[岩橋道子]]
:保の定期健診を担当した医師。
 
== スタッフ ==
匿名利用者