「柔道」の版間の差分

重複除去など
m
(重複除去など)
 
しかし武徳会において、制定されていた従来の武徳会称号「[[範士]]」「[[教士]]」「[[精錬証]]受有者(昭和9年以降「[[錬士]]」)」の制度以外に、講道館柔道の採用に際し、修行の進みに応じて発行する講道館の制定した段級位も各部門において採用することとなる。当初は武徳会でも、柔道段位は講道館の認定の元、正式発行が行われていたが、時とともに講道館の認定を受けず独自に段位を発行するようになる。武徳会において段位を受けた者、修業をした者は武徳会に帰属意識を持つようになり、講道館と武徳会はそのことで軋轢も生まれ、云わば(講道館)柔道という一つの統一流派を、東の講道館と西の大日本武徳会という二つの組織が重なり合いながら時に対立を含みながら共存し互いに管理、執行するという構造になっていった。<ref>小谷澄之ほか 編『嘉納治五郎大系』第1巻 講道館柔道、講道館 監修、[[本の友社]]、1988年、303頁「講道館と第日本武徳会との関係について」</ref><ref>柔道大事典編集委員会 編『柔道大事典』嘉納行光ほか監修、[[アテネ書房]]、1999年、「大日本武徳会」の項。{{ISBN2|4871522059}}。</ref><ref>藤堂良明『学校武道の歴史を辿る』日本武道館、2018年、第13章 大日本武徳会の設立と影響 2 大日本武徳会の柔道。{{ISBN2|978-4-583-11195-7}} C0075。</ref>
'''戦時中の柔道については''' {{Main|#日本隊格闘技としての採用・影響}}
その後、1946年(昭和21年)11月9日、[[大日本武徳会]]は[[連合国軍最高司令官総司令部]]([[連合国軍最高司令官総司令部|GHQ]])の指令により強制解散し、柔道は武道禁止令の影響を大きく受けることになる。
しかし、日本における武道禁止令の解禁に先んじて、戦前1932年にドイツにおいて結成されていた[[ヨーロッパ柔道連盟]]が、1948年にイギリスのロンドンで再建するなど国内外の働きかけもあり、国内においても柔道の稽古や試合は次第に再開されていき、1950年、柔道は学校教育における再開を果たす。
 
=== 企業体育としての柔道 ===
日本では[[企業]]の[[実業団]]活動が行われている。柔道がオリンピック競技となってから、企業は実業団による選手育成に力を入れ、のちに警察柔道を凌ぐ勢力となっている。1980年代、大学柔道の学柔連のメンバーは大学の柔道部OBがメインで実業団柔道に対しても影響力があった。講道館・全柔連対学柔連の内紛では、1983年に全日本実業柔道連盟(実柔連)会長の[[永野重雄]]は全柔連を脱退した学柔連に共鳴し、副会長の青木直行が受け流したため実現しなかったが、青木に全柔連から脱退するよう命じた、と小野哲也は語った<ref>{{Cite book|和書|author=高山俊之(聞き手・構成)、小野哲也(話し手)|title=柔道界のデスマッチ全柔連VS学柔連|others=小野哲也(話し手) |publisher =[[三一書房]]|isbn=|quote=|origdate=1988-05-15|pages=48-49|edition=第1版第1刷}}</ref>。
 
=== ステートアマチュアとしての柔道 ===
柔道の試合競技は、オリンピックでは[[1964年]]の[[1964年東京オリンピック|東京オリンピック]]で正式競技となる。東京オリンピックでは、無差別級で[[オランダ]]の[[アントン・ヘーシンク]]が日本の[[神永昭夫]]を破って金メダルを獲得し、柔道の国際的普及を促す出来事となった。女子種目も[[1988年]]の[[ソウルオリンピック]]で公開競技、[[1992年]]の[[バルセロナオリンピック]]では正式種目に採用された。
世界選手権は1956年に第1回大会が開催され、女子の大会は1980年に初開催された。日本の女子は明治26年以来長年試合が禁止され、昇段も「形」が中心であった。1979年夏に日本女子の一線級と西ドイツのジュニア選手が講道館で対戦したが、日本は一勝三敗で二人が負傷し、ドイツ選手との腕力の差は日本の柔道関係者に衝撃を与えた<ref>“女子柔道に世界の試練「型」より腕力が課題”『[[朝日新聞]]』、1979年12月19日 朝刊、15ページ</ref>。
のちに世界中に普及し、[[国際柔道連盟]]の加盟国・地域は201カ国に達している(2012年4月現在)。[[日本]]以外では、[[大韓民国|韓国]]、[[ヨーロッパ|欧州]]、[[ロシア]]、[[キューバ]]、[[ブラジル]]で人気が高く、特に[[フランス]]の登録競技人口は[[フランス柔道柔術剣道及び関連武道連盟]](フランス柔道連盟)の組織構成の関係上、柔道派生の現代[[ヨーロピアン柔術|国際柔術連盟]][[ヨーロピアン柔術|柔術]]の競技人口も含んでいるが50万人を突破し、[[全日本柔道連盟]](全柔連)への登録競技人口20万人を大きく上回っている(ただし、幼少期の数など両国の登録対象年齢が異なるため、この数字を単純に比較することはできない)。
また、この登録人口そのものに関しても一般に想起されるいわゆる柔道人口とは異なる。これは、柔道の役員、審判員、指導者、選手として公的な活動に参加するために行われる制度で全柔連の財政的基盤でもある。日本国内では、学校体育の授業として経験した人、学生時代に選手まで経験したが、のちに全く柔道着どころか試合観戦程度という人、子供と一緒に道場で汗を流しているが、段がほしいわけでも試合をするわけでもない人など、未組織の人たちがたくさんいるようになった。[[講道館]]でも、地方在住者は初段になった段階で入門するのが通例であり、門人、有段者ではあるが、毎年、登録しているとは限らない。したがって柔道人口、登録人口、競技人口、講道館入門者数は意味合いが違う。
 
=== 投技 ===
{{main|投技}}
投技とは”理合い”にしたがって相手を仰向けに投げる技術である。立って投げる立ち技と体を捨てて投げる捨身技にわけられる。立ち技は主に使用する部位によって手技、腰技、足技に分かれる。捨身技は倒れ方によって真捨身技、横捨身技に分かれる。また、関節を極めながら投げると反則ではないが投技とはみなされない。
 
=== 固技 ===
固技(かためわざ)には[[抑込技]]、[[絞め技|絞技]]、[[関節技]]がある。講道館柔道では[[固技]]が全部で32本あり、[[抑込技]](おさえこみわざ)10本、[[絞技]](しめわざ)12本、[[関節技]](かんせつわざ)10本である。IJFルール制定のものでは一部異なるものがある。
主に[[寝技]]で用いることが多いが、立ち姿勢や膝を突いた姿勢でも用いられ、固技のすべてが寝技の範疇に入るわけではない。(寝技と固技は互いに重なり合う部分が大きいとは言える。)
固技のうち[[関節技]]は、肘以外はあまり採用されず、20世紀までに乱取や試合では肘以外に関節技をほどこすことは反則となった。立ち姿勢での関節技もあまり行われておらず、国際規定では2018年に禁止された。抑込技は、寝技の場面での攻防を続けるため{{要出典|date=2020-05}}に、うつ伏せでなく、仰向けに抑えるのが特徴である。
絞技は、[[天神真楊流]]から多様な方法が伝わっており、柔道を首を絞めることを許すという珍しいルールを持った競技にしている。
創立当初、[[寝技]]はあまり重視されておらず、草創期に他流柔術家たちの寝技への対処に苦しめられた歴史がある。
イギリス人のウィリアム・E・フェアバーンが開発し、[[第二次世界大戦]]で各国で採用され高評価を得た、現代軍用格闘術の源流・基礎ともいえる[[フェアバーン・システム]]においても柔道技術は採用されている。
 
==== 日本隊格闘技としての採用・影響 ====
日本においては明治維新、柔道創設以降、[[陸軍士官学校]]、[[陸軍憲兵学校]]、[[海軍兵学校]]等の軍学校で柔道が取り入れられ盛んに行われた。またそれとともに[[大日本武徳会]]で講道館柔道が柔術部門を統一する立場となる役割の流派として正式採用され、[[大日本武徳会武道専門学校]]で稽古が行われた。
 
===== 新武徳会柔道試合審判規定 =====
嘉納治五郎の没後、第二次世界大戦が起こり戦況が拡大するにつれ、昭和十七年(1942年)に従来の[[大日本武徳会]]は改組が行われ、内閣総理大臣[[東条英機]]を会長とする大日本武徳会(新武徳会)が結成される。
 
昭和一八年(1943年)、新武徳会において「実戦的修練を目標とし、[[白兵戦]]闘に実効を挙げ得る短時日の修練」を旨とした「柔道の決戦態勢とも言ふべき」内容の新武徳会における柔道の指導方針が発表される。
そして戦後スポーツとしての柔道が国内の斯界を風靡し、修行者はもっぱら乱取り練習に興味を持ち、試合における勝敗にのみ熱中するようになっていった。形は閑却され、当身技の研究も習練も軽視されおろそかにされていた。しかしながら皮肉にも欧米各国では、[[護身術]]([[セルフディフェンス]])の重要性が強調され、柔道の当身技が盛んに行われていた実態がある<ref name="松本芳三『現代スポーツコーチ全集 柔道のコーチング』大修館書店"/><ref>『JUDO KODOKAN ATEMI WAZA』José A Caracena</ref><ref>『JUDO ATEMI』Geremia Zilio & F.Cattaneo</ref>。
 
==== 国際柔道協会(プロ柔道)====
戦後、日本の敗戦のため行われたGHQによる占領政策としての柔道のスポーツ化の流れの一方で、再び武術・武道としての柔道の再生を求める動きとして、1950年に、その乱取り競技内においてもほぼ全ての関節技の解禁などの実験的ルールを採用した武道・武術を志向した[[国際プロ柔道協会]]([[プロ国際柔道協会]])も興っている。
 
==== 柔拳興行(略記) ====
 
明治後期から第二次世界大戦後にかけて外国人ボクサーと柔道家による他流試合興行「柔拳試合」が流行し行われていた歴史がある。戦前の柔拳興行は嘉納治五郎の甥の[[嘉納健治]]によって隆盛し、戦後の柔拳興行は[[万年東一]]によって行われている。
[[全日本柔道連盟]](全柔連)も入居する講道館にのちに入居した[[全日本学生柔道連盟]](学柔連)だが全柔連対学柔連の内紛のころは日本武道館に入居していた。そのためこの内紛は「講道館対武道館」とも表された。
 
== 派生してできた他の武道、格闘技への影響 ==
柔道から派生しの影響を受けた武道、格闘技として、[[サンボ (格闘技)|サンボ]]、[[日本拳法]]、[[富木流合気道]](合気乱取り)、[[ブラジリアン柔術]]などがある。
 
日本拳法は、柔道家の[[澤山宗海]]が柔道では廃れてゆく当身技の練習体系を確立する為に創始した。
富木流合気乱取りは柔道の当身技と立ち関節技(離隔態勢の柔道)の乱取り化を進めようとしていた嘉納治五郎により、合気道の[[植芝盛平]]のもとへ派遣されていた[[富木謙治]]によりまとめられ、別名柔道第二乱取り法とも呼ばれる。早稲田大学教育学部教授であった富木は早稲田大学柔道部合気班の中で柔道の第二乱取り法として指導をしていた。
 
[[ブラジリアン柔術]]は、講道館三羽烏や玖馬の四天王(海外四天王)とも称された[[前田光世]]([[コンデ・コマ]])が海外での柔道普及に際し、海外で異種格闘技戦を戦い磨いた柔道技術を元にブラジルにおいて[[カーロス・グレイシー]]が教授された技術、またその後の{{要出典|date=2020-05-23|[[高専柔道]]技術を研究し取り込みまとめた}}柔道派生の流派である格闘技という説が強い
 
他には<!--[[総合格闘技]]団体[[J-DO]]がある。また、-->柔道出身の極真空手家・[[東孝]]が興した[[大道塾空道|空道]]も投げや寝技の中に柔道の影響が強く見られる。
講道館で嘉納治五郎による古武道研究会で師事を受けた[[望月稔]]の[[養正館武道]]にも嘉納の思想、柔道理論、影響は受け継がれている。
 
[[国際柔術連盟]] (JJIF) で行われている[[柔術ファイティングシステム]]にも柔道の影響が伝統空手の技術と共に強く見受けられる。JJIFはまた、ブラジリアン柔術を[[ヨーロピアン柔術#寝技柔術|寝技柔術]]の名で実施もしている。[[国際柔術連盟]]の[[国内競技連盟]]は[[フランス柔道柔術剣道及び関連武道連盟]]など約8カ国で[[国際柔道連盟]]の国内競技連盟と同一団体で二重加盟している<ref>{{Cite web| people =| title =Countries / IJF.org | medium =jpeg | publisher =[[国際柔道連盟]]|location =[[スイス]]・[[ローザンヌ]] | date = | url =https://www.ijf.org/countries|accessdate=2019-10-22}}</ref>。(2019年10月現在)
 
[[琉球]]([[沖縄]])で発祥した唐手(空手、[[空手道]])は講道館創始者嘉納治五郎の紹介によって本土に上陸し、1933年、[[大日本武徳会]]沖縄県支部より日本の武道、柔術の流派として承認され、1934年に大日本武徳会において柔道部門の中に組み入れられる。当時の唐手は自由乱取りに相当する[[組手 (空手)|組手]]は存在せず型のみが行われていたが、柔道の[[乱取り]]や剣道の[[竹刀稽古]]を参考に本土上陸後に組手が研究され整備されていく。また講道館柔道が整備した今日のような道着や色帯制度、段位性を唐手改め空手は武徳会時代・柔道傘下時に採用する。[[第二次世界大戦]]での日本の敗戦後、柔道や剣道は[[連合国軍最高司令官総司令部|GHQ]]による武道禁止令の影響を大きく受け、柔道はその三大部門の一つであった[[当身技]]が制限・軽視されることになる。当時国内での影響力も少なく制限を受けることの少なかった空手は戦後の柔道の当身技の軽視の間隙を突いて進出することになる<ref name="松本芳三『現代スポーツコーチ全集 柔道のコーチング』大修館書店"/>。