「サウスポー」の版間の差分

m
左投手が左打者に対した場合は、投手有利であるとされる。中でも[[サイドスロー]]のサウスポー投手の投球軌道は左打者にとって極めて見にくくなる。そのため、野球チームによっては[[リリーフ#ワンポイントリリーフ|左のワンポイント]]などと称される特定の左打者を打ち取るためだけに登板するリリーフ投手を擁する。
 
左打者は右打者とは逆に、絶対数が多い右投手の投球が見やすい。また左打席は右打席よりも一塁に近く、打った後に体が自然と一塁側に向くため走塁においては有利になる。[[イチロー]]は、これを利用して[[内野安打]]を多く打ち高打率を残した。このため右利きの右投げでありながら左打ち(あるいは左右両打席で打てる[[スイッチヒッター]])である[[野手]]は比較的多い。投げる腕を意図的に変更するのは非常に困難であり数も少ないが(後述)、打席を変更するのはそれと比較するとそこまで難しくないのも多い要因といえる。
 
守備動作の特性上、[[捕手]]と一塁手を除く[[内野手]]は右投げを要求される場合が大多数である。内野手(とくに一塁までの距離が遠い[[三塁手]]と[[遊撃手]])は一塁方向への送球が左利きでは遅れる、捕手の場合は左投げでは打者が右打席に立つことが多いため打者と重なり盗塁阻止の二塁送球が難しくなる、走者が左側の三塁から帰ってくるためグローブ(ミット)をはめた左手で捕球しないとタッチがしにくいとされる。それゆえ、左利き用の内野手用グラブ、捕手用ミットはほとんど生産されておらず、右利き用よりも高価であるか、特注で製作する必要がある。そのため、元来左利きの選手は守備位置の制約(投手、一塁手、[[外野手]]のみ)を受ける事となり、右投げの習得を要求される場合がある。