「柔道」の版間の差分

→‎変遷: 訂正
(重複除去など)
(→‎変遷: 訂正)
* [[2009年]](平成21年)10月 - 国際規定において[[双手刈]]・[[朽木倒]]等の脚取り技を制限(禁止ではない)。1度目は指導、2度目は反則負けに。
* [[2010年]](平成22年) - 国際規定「抱きつき」 (bear hug) を規制<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20100906-OYT1T00873.htm いきなり抱きつく攻撃はダメ、柔道に新ルール] [[読売新聞]] 2010年9月6日</ref>。脚取り技を1度目で反則負けに<ref>{{PDFlink|[http://www.judo.or.jp/article/1336-newrule2010/attach/2010newijfrule0318.pdf 国際柔道連盟(IJF)試合審判規定改正]}}</ref>。
* [[2013年]](平成25年) - 2013年2月の[[グランドスラム・パリ2013|グランドスラム・パリ]]から8月の[[2013年世界柔道選手権大会|リオデジャネイロ世界選手権]]までの期間、国際規定において畳上1人審判制、ピストルグリップやクロスグリップや帯を持った場合は即座に攻撃しなければ指導が与えられる変則組み手や組み手争いに対する罰則強化、脚取りを含めた襟や袖を持たない手腕で帯から下を掴む行為の全面禁止、旗判定の廃止、抑込技の時間短縮、抑込技[[裏固]]復活などの大幅なルール改正案が試験導入されることに決まった。この結果を検証して、正式導入されるか改めて協議されることになる<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKF0486_Q2A131C1000000/ 柔道国際大会、1人審判を試験導入へ 連盟会長が明言] [[日本経済新聞]] 2012年11月30日</ref><ref>[http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20121210-OYT1T01421.htm 柔道、「脚取り」全面禁止へ…国際大会新ルール] [[読売新聞]] 2012年12月10日</ref><ref>[http://www.intjudo.eu/upload/2012_12/09/135504772881923998/v_eng_refeeing_rules_2013_2016.pdf ENG-Refereeing-Rules-2013-2016]</ref>。
* [[2014年]](平成26年) - 2014年1月の[[コンチネンタルオープン]]から新たな[[国際柔道連盟|IJF]]試合審判規定が導入されることになった<ref name="規定"/><ref>[http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2013112800977 女子は4分間に短縮=柔道新規則] [[時事通信]] 2013年11月28日</ref>。相手の片腕と頭部を両腕で抱える肩三角グリップに立ち姿勢でなった場合は「待て」に。寝姿勢でも肩三角グリップから相手の胴を両脚で挟んだら「待て」に。立ち姿勢、寝姿勢の区別が変更に。背か腹か両手腕両膝を畳についていなければ立ち姿勢の相手が直ちに投げられればスコアの対象に。この時も立ち姿勢の相手への脚取りも禁止。両者が両膝をついてる場合は寝姿勢あつかいのまま。
* [[2016年]] - 国際規定において立ち姿勢で肩三角グリップから「待て」を無視して投げた場合は反則負けに。
** 相手の上衣をしっかり手で握っていない触っただけの後の「抱きつき」も指導に。
** [[背負落]]、両袖を持った[[袖釣込腰]]、両手で襟を持った[[腰車]]などの際、頭から畳に突っ込むヘッド・ディフェンスも故意でなければ両者とも反則とはならない。
** [[2019年]]までに国際規定において、帯より下の上衣の裾掴みも脚取りに含まれ指導に。帯と一緒に掴むことは許される。
* 2019年11月の[[グランドスラム・大阪2019]]から「上衣の裾が臀部を完全に覆う」について検査が厳しくなる。
* [[2020年]] - 国際規定が以下のように変更。
** 帯より下の上衣の裾掴みも脚取りに含まれ指導に。帯と一緒に掴むことは許される。
** 立ち姿勢での関節技が禁止になった2018年以降も投げ技のスコアが与えられていたり<ref name=IJFWC>{{Cite video| people =| time=00:00:28|title =World Championships Seniors Baku 2018 / Round 1 -73 kg REITER,Lukas VS ESTRADA,Magdiel | medium =[[YouTube]] | publisher =[[国際柔道連盟]] | location =[[スイス]] | date =20 Sep 2018|accessdate=2019-04-24 | url =https://www.ijf.org/judoka/14866/videos?currentContestCodeLong=wc_sen2018_m_0073_0005}}</ref><ref>{{Cite video| people =| title =Osaka Grand Slam 2019 / Semi-Final -90 kg BOBONOV,Davlat VS GWAK,Donghan | medium =[[YouTube]] | publisher =[[国際柔道連盟]] | location =[[スイス]] | date = | url =https://www.ijf.org/judoka/10038/videos?currentContestCodeLong=gs_jpn2019_m_0090_0063|accessdate=2020-04-27}}</ref>、指導が与えられなかったことがある<ref name=IJFWC2>{{Cite video| people =| time=00:02:45|title =World Championships Seniors Baku 2018 / Round 1 -73 kg REITER,Lukas VS ESTRADA,Magdiel | medium =[[YouTube]] | publisher =[[国際柔道連盟]] | location =スイス | date =20 Sep 2018 | url =https://www.ijf.org/judoka/14866/videos?currentContestCodeLong=wc_sen2018_m_0073_0005|accessdate=2019-04-24}}</ref>[[横分#腕返|腕返]]が関節技とみなされ指導に。
** 頭から畳に突っ込んでも故意でなければ両者とも反則とはならない投げ技に[[背負投]]が加わる。