「UART」の版間の差分

「インテル8250」という記述は誤り。インテル社のUART製品は8251であり、8250はナショナルセミコンダクター社の製品である。
m (IC回路→集積回路)
(「インテル8250」という記述は誤り。インテル社のUART製品は8251であり、8250はナショナルセミコンダクター社の製品である。)
 
代表的なUARTとしては、[[ナショナル セミコンダクター]]の開発した'''[[16550 UART|16550A]]'''がある。[[IBM]]の発売した[[PC/AT]]では、'''16450'''というUARTが採用されたが、これに[[FIFO]]を内蔵したものが'''16550A'''である。現在でも[[PC/AT互換機]]の[[シリアルポート]]では、'''16550A'''と互換性のあるUARTが使用されている。'''16450'''と互換性を保つため基準発振周波数1.8432MHzな最大通信速度115.2kbpsが標準だが、この基準発振周波数を変更するか、互換性のある拡張機能を使用する事により、より高速なデータ通信速度が設定できるUARTが多い。'''16550A'''からの拡張機能を使う事で、'''16950'''系で460.8kbps、'''16750'''系で921.6kbpsなどと、'''16550A'''と速度設定条件の互換性を保ったまま高速化できる。拡張機能を使わず基準発振周波数のみ最大周波数を供給する事で、'''16550A'''に8MHzで0.5Mbps、'''16550AF'''に24MHzで1.5Mbps、'''OX16C950B'''に60MHzで3.75Mbpsなどと、ソフトウェア制御設定を変えずに高速化できる。拡張機能を使い基準発振周波数を最大にする事で、'''OX16C950B'''に60MHzで15Mbps、'''XR16M255x''' & '''XR16M265x''' & '''XR20M117x''' & '''XR20V217x''' シリーズに64MHzで16Mbpsなどと、高速化できる。'''16550A'''との互換性を無くし、更に高速化したUARTもある。
 
'''16550'''より以前に存在していた'''[[インテル]] '''8251'''、ナショナルセミコンダクター'''[[8250 UART|8250]]'''も広く使われていた。[[Z80]]ファミリではZ80 SIO ('''Z84C40''') やZ80 SCC ('''Z85C30''') が存在する。Z80SCCは[[サン・マイクロシステムズ]]をはじめとする多くの[[UNIX]][[ワークステーション]]で使われた。
 
[[組み込みシステム]]向けの[[マイクロコントローラ]]では、UARTまたはUSARTは内蔵していない品種を探す方が難しいほど一般的なペリフェラルである。例として、[[フリースケール]]や[[ルネサス エレクトロニクス]]では、SCI (Serial Communication Interface) という名前でUSARTの機能が内蔵されている。現在でも、[[8ビット|8]]〜[[16ビット]]のローコストのマイクロコントローラではUSARTが唯一の通信インタフェースであることも多いが、一方で[[パーソナルコンピュータ]]ではシリアルポートを搭載しない機種が大勢を占めるようになった。このため、このようなマイクロコントローラとパーソナルコンピュータ間でデータ通信を行うために、市販の[[ユニバーサル・シリアル・バス|USB]]-シリアル変換ケーブルがよく用いられる。