「鉄拳の登場人物」の版間の差分

* 登場:鉄拳、鉄拳2、鉄拳TT、鉄拳TT2(家庭用版のDLC)
* 声:原田勝弘{{要出典|date=2017年11月}}(鉄拳)→[[菊池志穂]](鉄拳2、鉄拳TT)→[[豊口めぐみ]](鉄拳TT2)
:元卍党党員で吉光の元部下の[[くノ一]]。党ではご法度とされている私利私欲のための窃盗を行い、党から破門される。[[ネイティブアメリカン]]の財宝を狙い、ミシェールに接近しようと大会に参加(『鉄拳』)。[[刀鍛冶]]である祖父のために吉光の刀「妖刀吉光」を狙って大会に参加(『鉄拳2』)。『鉄拳3』以降は生死不明<ref>同作では闘神が州光の技を使用するが風間準、初代キング、白頭山と異なり一切言及されていない。</ref>。『鉄拳TT2』では吉光と戦い刀を奪うことに成功し、吉光は「日進月歩」と賞賛した。
:『鉄拳2』以降は[[狐]]のお面をかぶっているがこれは卍党の中でも相当の実力者しか着用を許されないらしい(『鉄拳』では卍党党員共通である[[般若]]面をかぶっている)。年齢不詳。血液型はO型。身長173cm、体重58kg。
:吉光と同じく卍流柔術を使い、登場当初はコンパチブルであった。出の早いガード不能技も多数持つが隙は大きく、吉光と比べて威力が低く間合いも狭い。
:また吉光と同じように武器([[クナイ]])持っている(『鉄拳』では両手に持っており、2Pカラーでは鎌になる)。性別は『鉄拳』では性別不詳であったが『鉄拳2』で女性と判明した。
:『鉄拳』ではキャラクター選択時の顔グラフィックと声が吉光の流用だったが、『鉄拳2』から変化している。
:『鉄拳TT2』にて再登場した際にはコスチュームのデザインと大半の固有技が一新され、完全に別キャラクターになっていた。
 
=== クマ(初代)[Kuma(1st)] ===
匿名利用者