「蒸気タービン」の版間の差分

m
m (→‎歴史: 候補として液体金属が有力視されている)
一方では、電力消費の増大に応じて水力発電所に加えて火力発電所の建設が進むと、コストが安く入手の容易な石炭を燃料とする蒸気ボイラーと蒸気タービンの組合せが主流となった。<!--その後の[[原子力発電]]の実用化によって、原子炉と蒸気タービンの組合せも広がった。-->産業用ではこういった大型発電用途の他にも、石油・化学プラントなどに代表される大規模な生産施設内でのポンプや、攪拌機、破砕機、ファンといった電動モーターでも代替可能な程度の駆動力として蒸気タービンが使われている。21世紀となった今では、保守の手間や制御性から徐々に電動モーターが主流となっているが、プラント内で蒸気が生じる施設ではエネルギーの有効利用の点でも蒸気タービンが新たに採用され続けている<ref name = "蒸気タービン"/>。またガスタービンを用いる発電施設においては、ガスタービンの排熱を利用して発生させた蒸気で蒸気タービンを駆動する、いわゆる[[コンバインドサイクル発電]]によりエネルギー利用効率の改善を図るといった使い方もされている。
 
[[原子力]]に関しては、地上での発電や船舶などの大規模な動力用としては、[[核分裂反応]]を熱源とし、蒸気タービン機関を駆動するものが、現在もほぼ唯一の現実的な選択肢となっている。[[1960年代]]後半には空気など気体を利用するものも試みられたが、成功したとは言い難く、[[原子炉]]自体は[[二酸化炭素]]によって冷却される[[マグノックス炉]]でも、最終的には水を加熱して蒸気機関によって動力を取り出すものとしている。比較的小規模のものに限っては、核分裂反応による熱を[[熱電素子]]で電力に変換するものや[[アルファ崩壊|α崩壊]]の際に出る放射線そのものを電位に変換して取り出す[[原子力電池]]などが存在している。
 
== 分類 ==