「奈良漬け」の版間の差分

長屋王木簡明確補記
(長屋王木簡明確補記)
 
== 歴史 ==
奈良漬けは、元々西暦[[700年代]]から「かす漬け」という名で存在しており、[[平城京]]の跡地で発掘された[[長屋王]]木簡にも「粕漬進物(たてまつりもの)加須津毛(かすづけものうり ) 加須津韓奈須比(かすづけかんなすび)」と記された納品伝票らしきものがある。なお、当時の[[酒]]といえば[[どぶろく]]を指していたため、[[粕]]とは搾り粕ではなくその容器の底に溜まる沈殿物のことであったようである。また、当時は上流階級の保存食・香の物として珍重されていたようで、高級食として扱われていたという記録がある。
 
「奈良漬け」の名は、[[1492年]]([[明応]]元年)『山科家礼記』に、宇治の土産として「ミヤゲ、'''ナラツケ'''オケ一、マススシ一桶、御コワ一器」と記してあるのが初見である。その後、[[1590年]]([[天正]]18年)『北野社家日記』、[[1597年]]([[慶長]]2年)『神谷宗湛献立日記』にも見え、[[1603年]](慶長8年)『日葡辞書』では、「奈良漬は奈良の漬物の一種であり、香の物の代わりに使う」と記されている<ref>土井忠生、森田武、長南実編訳 『日葡辞書:邦訳』岩波書店、1980年。</ref>。