「利用者:HaussmannSaintLazare/sandbox5」の版間の差分

es:Cambio de ancho rev. 21:39, 21 May 2020‎ の一部を翻訳。
m (HaussmannSaintLazare がページ「利用者:HaussmanSaintLazare/sandbox4」を「利用者:HaussmannSaintLazare/sandbox5」に移動しました: 記事名の間違いで、自分の利用者空間ではない場所に記事を作成してしまったため)
(es:Cambio de ancho rev. 21:39, 21 May 2020‎ の一部を翻訳。)
{{user sandbox}}
{{駅情報|駅名=バレンシア・ホアキン・ソローリャ|画像=[[Image:Valencia-Joaquín Sorolla.jpg|300px]]|画像説明=駅のエントランスホール|文字色=black}}
==スペインの軌間変更==
[[ファイル:Cambiador_Medina_del_Campo.jpg|リンク=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Cambiador_Medina_del_Campo.jpg|サムネイル|300x300ピクセル|メディナ・デル・カンポの軌間変更装置を通過する[[タルゴ|タルゴ列車]] 。 ]]
[[ファイル:Red_actual_de_ferrocarriles_de_España_(con_cambio_de_ancho).png.png|リンク=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Red_actual_de_ferrocarriles_de_Espa%C3%B1a_(con_cambio_de_ancho).png.png|サムネイル|スペインの軌間変更がある主要路線<br/>青:高速新線(1,435mm)<br/>緑:在来線(1,668 mm)<br/>黄:軌間変更装置]]スペインとポルトガルのネットワークの軌間が1,668mm( [[イベリアの幅|イベリア軌間]] )であるのに対して、ヨーロッパの他のネットワークの軌間は1,435mm(標準軌間)である。そのため、スペインは軌間変更の最も長い伝統がある国の1つである。1988年以降、新線は[[標準軌|標準軌間]]で作成されていて、フランスとスペインの国境だけでなく、国内の新線と在来線が接続する場所でも軌間変更が必要になっている。将来的には、ネットワーク全体を[[標準軌|標準軌間]]で統合することが期待されている <ref>{{Cite web|url=http://www.eleconomista.es/economia/noticias/1292430/06/09/Fomento-cambiara-12000-kilometros-de-vias-de-tren-para-abrirse-a-Europa.html|title=Fomento cambiará 12.000 km de vías de tren para abrirse a Europa|accessdate=2 de junio de 2009|author=Miguel Ángel Gavira|date=31 de mayo de 2009|editor=Eleconomista.es}}</ref>。
 
=== 歴史 ===
template parameter
スペインとフランスの鉄道が接続されて以降のシステムは列車の乗り換えであった。異なる軌間の車両を同じプラットフォームに停車し、旅行者は荷物を持って列車を乗り換えた。
 
軌間変更の最初のタイプは、ワゴンを1つずつ持ち上げ、片方の軌間の[[鉄道車両の台車|車軸ボックス]]を取り外し、新しい軌間のものに交換することであった。このシステムは、動作は遅いものの、旅行者にとって以前のシステムよりも快適なものであった。このボックス交換システムは、[[アンダイエ]]でマドリード-パリ線およびリスボン-パリの路線に使用された。
バレンシア・ホアキン・ソローリャ
 
軍事訓練のエンジニアであり、TalgoハウスDisplaceable Rolling System(RD)の発明者・開発者であるDonÁngelToránが率いるSAのPatentes Talgoに所属するエンジニアのグループにより、最初の軌間変更設備が[[アラバカ(マドリード)|アラバカ]]工場に設置され、1967年10月24日に4両編成の実験列車がこの施設を初めて通過した。最初の公開デモは、1968年11月12日、マドリード-パリの13時間の行程で行われた。そのために、テスト終了時に解体された交換ピットがイルンに設置された <ref name="Cambio automático_1">{{Cite web|url=https://www.vialibre-ffe.com/pdf/Cambio_ancho_de_vía.pdf|title=Cambio automático de ancho de vía de los trenes en España. Alberto García Álvarez}}</ref>。
駅のエントランスホール
 
商用サービス用の最初の軌間変更装置も[[タルゴ]]によって開発され、 [[セルベール駅]]に設置された。 1969年に運行を開始して以来、 [[タルゴ|タルゴの]]列車はスペインとフランスを結ぶルートを持ち、スイスとイタリアまで運行していた。
データ
 
1988年、ヨーロッパのネットワークと相互運用可能なスペインの新しい路線が1435 mmの軌間で建設されることが決定された。 この決定により、1992年に[[マドリード-セビリア高速線|高速マドリード-セビリア線]]の形で発足した、[[アンダルシアへの新しい鉄道アクセス]]のプロジェクトは変更せざるを得なくなった。
設計:終着駅
 
新線の建設により、異なる軌間のネットワークが接続する新しい地点が長じ、新線と在来線を直通する運行を確立するために国内で軌間変更を使用する必要が生じた。 スペイン国内最初の軌間変更装置は1992年5月31日[[コルドバ中央駅|コルドバ]]に使用開始したマドリードとマラガ間を運行するTalgo 200用のものである。
プラットフォームトラック:9
 
ヨーロッパの幅の広いネットワークの開発は、国の領土全体の軌間の変化に伴う軌間変更装置とサービスの一般化を引き起こした。路線の発展により、コルドバ、レリダ、ロダ・デ・バラなどの一部の変更装置は使用されなくなった。
IBNR:7103216
 
===軌間変更システム===
オープニング]2010
 
[[ファイル:130-07_en_el_Cambiador_de_Valdestillas.jpg|リンク=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:130-07_en_el_Cambiador_de_Valdestillas.jpg|サムネイル|[[レンフェ130系|レンフェシリーズ130]]ユニット、 [[マドリード-バリャドリッド高速線|マドリッド]]バラドリッド[[マドリード-バリャドリッド高速線|LAV]]のValdestillasゲージチェンジャーを出発。 ]]
ロケーション
現在、スペインのネットワークでは、異なるメーカーによって開発された相互に互換性のない2種類の軌間変更システムが使用されている。
 
*'''タルゴシステム''':[[タルゴ]]社のタルゴ特許を使ったシステム 。これは1969年に使用された最初のシステムである <ref>[https://web.archive.org/web/20070928154246/http://www.talgo.es/ Cambio de ancho Talgo] Una vez en la página, pestaña de cambio de ancho.</ref>。
市/市区町村:バレンシア
[[ファイル:Posición_Talgo_e_hidráulicos_TCRS2.jpg|リンク=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Posici%C3%B3n_Talgo_e_hidr%C3%A1ulicos_TCRS2.jpg|サムネイル|TalgoのTCRS2インターロックチェンジャーでの位置変更の油圧 ]]
*'''ブラバシステム'''( ''自走式可変幅ローリングボギー'' )''':''' [[CAF (企業)|CAF]]特許。1999年から使用されている <ref>[https://web.archive.org/web/20091103093949/http://www.caf.net/caste/productos/equipamientos_brava.php Sistema de cambio de ancho BRAVA de CAF]</ref>。
 
いずれも旅客列車用に設計されている。テストは貨物列車で行われた。
州:バレンシア県
<!--[[:es:Cambio de ancho]] rev. 21:39, 21 May 2020‎ の一部を翻訳。-->
 
自治コミュニティ:バレンシア
 
国:スペイン
 
コーディネート 39°27 ′38″  N、0°22′ 56″  W座標:39°27 ′38″  N、0°22′ 56″  W |OSM
 
鉄道の線路
 
マドリード–レバンテ高速線
 
バルセロナ–バレンシア鉄道
 
スペインの駅一
 
Valencia Joaquin Sorolla
 
Entrance hall of the train station
 
Data
 
Design:Terminal station
 
Platform tracks:9
 
IBNR:7103216
 
opening:2010
 
location
 
City / municipality:Valencia
 
province:Valencia Province
 
Autonomous community:Valencia
 
Country:Spain
 
Coordinates 39 ° 27 ′ 38 ″  N , 0 ° 22 ′ 56 ″  WCoordinates: 39 ° 27 ′ 38 ″  N , 0 ° 22 ′ 56 ″  W |OSM
 
Railroad tracks
 
Madrid – Levante high-speed line
 
Barcelona – Valencia railway line
 
List of train stations in Spain
 
 
'''バレンシア・ホアキン・ソローリャ駅'''はスペインの都市バレンシアに2つある主要鉄道駅の1つで、他の1つは北駅である。2010年に開業し、中央駅が開業するまで、マドリッド-レバンテ高速線の列車の暫定的な終点として機能する。駅はアディフが所有し、RENFEの標準軌間とイベリア軌間の長距離列車が運行している。
 
 
The '''Valencia Joaquín Sorolla train station''' is besides the Estación del Norte one of the two main railway stations in the Spanish city of Valencia . It opened in 2010 and, until the opening of Parc-Central station, serves as the provisional end point for the trains on the Madrid-Levante high-speed line . The station is owned by the Adif and is served by RENFE's normal and wide-gauge long-distance trains.
 
== 歴史 ==
駅の建設は2009年4月に始まり、2010年12月17日に開通した <ref>[http://www.levante-emv.com/comunitat-valenciana/2009/04/29/empiezan-obras-estructura-estacion-provisional-ave/583812.html Medienmitteilung]</ref> 。駅名はバレンシアの画家[[ホアキン・ソローリャ]]にちなんで付けられた。
 
History
 
The construction of the station began in April 2009, and was completed and opened to traffic on December 17, 2010.  It was named after the Valencian painter Joaquín Sorolla .
 
== 場所と施設 ==
駅は北駅の南800メートルのアクセスルートの西端にある。 ただし、ホアキン・ソローリャ駅には通過プラットフォームがないため、北駅に向かう列車は停車しない。 以前は敷地内に駐車場がありました。 ターミナルステーションは合計9つのトラックで構成されています。 6つは標準軌間(1435 mm)、3つはイベリア軌間(1668 mm)である。 標準軌間の線路1〜5は、マドリードとセビリアへのAVE列車を運行し、残りの標準ゲージの長距離交通を追跡します。 広いゲージの[[ユーロメッド]]アリカンテ–バルセロナはトラック7と8を使用していますが、トラック9は[[アルビア (列車)|アルビア]]からマドリードの列車専用になっている。北駅への接続は、標識のある歩道と地下鉄5号線で行われる。
 
Location and layout
 
The station is located 800 meters south of the north station on the western edge of its access route. However, the Joaquín Sorolla station has no through platforms, so that no trains stop that go to the north station. There was previously a parking facility on the site. The terminal station comprises a total of nine tracks. Six are standard gauge (1435 mm), three in Iberian broad gauge (1668 mm). The standard-gauge tracks 1–5 serve the AVE trains to Madrid and Seville, track 6 the rest of the standard-gauge long-distance traffic. The wide-gauge Euromed Alicante – Barcelona uses tracks 7 and 8, while track 9 is reserved for the Alvia to Madrid. The connection to the north train station is ensured by a signposted footpath and the metro line 5.
 
== トラフィック ==
ホアキンソローラ駅は純粋に長距離の鉄道駅で、 セルカニアバレンシアネットワークに接続されていません。 ただし、 [[メトロバレンシア|バレンシアメトロ]]ネットワークでは同じ名前の[[メトロバレンシア|駅があり]]ます。 2010年12月にAVE駅がオープンするまで、1号線と5号線が運行する駅には''Jesús''という名前が付けられました。 バレンシアホアキンソローラは、AVE列車の終点で、 [[アトーチャ駅|マドリード・アトーチャ]] –バレンシア・ホアキン・ソローリャ間とセビリア・サンタジュスタ – バレンシア・ホアキン・ソローリャ間を運行しています。 1日10〜15組の列車がマドリッドに、1組はセビリアに提供されます。 さらに、アルビアの列車がマドリードまで運行しており、その一部はバレンシアを越えてビナロスや[[ガンディア]]まで運行しています。 駅前にはこれらの列車の車線変更施設があります。 [[ユーロメッド|Euromedの]]列車は、 [[バルセロナ・サンツ駅|バルセロナ・サンツ]]行きの1日7回、長距離の広距離輸送で運行されており、そのうちの4本はアリカンテに向かっています。 残りの長距離列車はすべて北駅まで走っている。
 
Transport
 
Joaquín Sorolla station is a pure long-distance train station, it is not connected to the Cercanías Valencia network. However, it does have a stop of the same name in the Valencia Metro network . The station served by lines 1 and 5 bore the name ''Jesús'' until the AVE station opened in December 2010 . Valencia Joaquín Sorolla is the end point of the AVE train runs Madrid Atocha –Valencia Joaquín Sorolla and Sevilla Santa Justa – Valencia Joaquín Sorolla. Between 10 and 15 daily train pairs are offered to Madrid, one to Seville. In addition, Alvia trains run to Madrid, some of which go beyond Valencia to Vinaroz or Gandiabe performed. There is a lane change facility for these trains in front of the station. Euromed trains run to Barcelona-Sants seven times a day in broad-gauge long-distance transport, four of which travel to Alicante. The remaining long-distance trains all run to the north station.
 
== 未来 ==
将来、ホアキン・ソローリャ駅は、バレンシアの新しい中央駅に置き換えられます。この中央駅は、北駅の代わりに建設されます。 ただし、プロジェクトは常に遅れます。 <ref>[http://www.valenciaparquecentral.es/index.php?option=com_content&task=view&id=501&Itemid=266 Offizielle Seite des Projekts]</ref>
 
Future
 
In the future, Joaquín Sorolla station is to be replaced by Valencia's new central station (Parc Central), which will be built in place of the north station. However, the project is always delayed.
 
== Webリンク ==
{{Commonscat-inline|Valencia-Joaquín Sorolla station}}
 
== 個々の証拠 ==
<references />
<nowiki>
[[Category:ヨーロッパの鉄道駅]]
[[Category:バレンシアの交通]]
[[Category:バレンシアの建築物]]
[[Category:スペインの鉄道駅]]</nowiki>