「柔道」の版間の差分

いろいろ
(国際柔道連盟に一部移動など)
(いろいろ)
固技(かためわざ)には[[抑込技]]、[[絞め技|絞技]]、[[関節技]]がある。講道館柔道では[[固技]]が全部で32本あり、[[抑込技]](おさえこみわざ)10本、[[絞技]](しめわざ)12本、[[関節技]](かんせつわざ)10本である。IJF制定のものでは一部異なるものがある。
主に[[寝技]]で用いることが多いが、立ち姿勢や膝を突いた姿勢でも用いられ、固技のすべてが寝技の範疇に入るわけではない。(寝技と固技は互いに重なり合う部分が大きいとは言える。)
固技のうち[[関節技]]は、肘以外はあまり採用されず、20世紀までに乱取や試合では肘以外に関節技をほどこすことは反則となった。立ち姿勢での関節技もあまり行われておらず、国際規定では2018年に禁止された。抑込技は、寝技の場面での攻防を続けるため{{要出典|date=2020-05}}に、うつ伏せでなく、仰向けに抑えるのが特徴である。
絞技は、[[天神真楊流]]から多様な方法が伝わっており、柔道を首を絞めることを許すという珍しいルールを持った競技にしている。
創立当初、[[寝技]]はあまり重視されておらず、草創期に他流柔術家たちの寝技への対処に苦しめられた歴史がある。
 
=== 寝技 ===
柔道には固技だけでなく[[ブラジリアン柔術]]や[[総合格闘技]]で言うところのパスガード、スイープの寝技技術が豊富に有る。パスガードは抑込一本技でのスコアにつながるので有っても不思議ないが、スイープについてはブラジリアン柔術のようにポイントも得られない「スイープ」のような総称、概念もあまりないのに豊富に有る。[[UFC]]以前からパスガード、スイープの技術がある格闘技は珍しく、他にはブラジリアン柔術、前田光世が指導員をしながら技術を吸収した[[ロンドン]]の日本柔術学校の[[不遷流]]の流れをくむ柔術、[[着衣総合格闘技]]の[[柔術ファイティングシステム]]などがある。
 
=== 柔道形 ===
乱取り試合のルールは講道館柔道試合審判規定(以降、‘講’)と国際柔道連盟試合審判規定(以降、‘国’)などがある。のちに日本でもほとんどの試合が国際規定で行われるようになったが、試合のレベルなどにより、日本独自の方法や判定基準が採用されている。
 
講道館柔道試合審判規定による試合は、後々においても講道館において開催されている月次試合や紅白試合、高段者大会等において引き続き継続して採用されている。そこでは2020年現在の国際柔道連盟規定に準拠する試合においては[[禁じ手]]扱いとされる足取り脚掴み技や立ち関節技や立ち絞め技なども引き続き使用可能となっている。
 
また、かつてはやはり講道館試合規定と同様に嘉納治五郎が中心となってまとめた、[[大日本武徳会]]柔術試合審判規定(1899年施行、1919年に大日本武徳会柔道試合審判規定に改称、1943年に新武徳会柔道試合審判規定として大幅に改定)などがあった。新武徳会規定以前の武徳会規定については、講道館柔道試合審判規定と基本的に内容の異なるものではないが、立技と寝技の比率による寝技の重要性など一部記述の異なるものとなっていた。
;講道館規定
:;指導
::立ち姿勢で極端な防御姿勢をとる、消極的な態度、攻撃の意志がないなど
::帯や上衣の裾を相手の腕に1周以上巻き付け括る
::投げ技や巧みではない防御や寝技に移るための立ち姿勢の相手への脚掴み
::など
 
:;注意
::頸部以外を絞める
::など
 
|}
 
有効がある大会では試合場やテレビ中継での得点表示は、有効な技の回数が、左から、一本 (I)、技あり (W)、有効 (Y) の順に表示される。上下に列記される場合もある。上記の例の場合、一見100点満点のようにも見えるが、希な例として有効の回数が2桁になる場合がありうるので、これを「100点」「11点」とは読まない。このような読み方は、[[2008年北京オリンピック|北京五輪]]頃の{{要出典|date=2020-05|テレビ中継(民放)で盛んに推奨されていたが、誤りである}}
 
=== 変遷 ===
* [[1989年]] - 講道館試合審判規定改正。成年男子でも蟹挟を各大会主催者の判断で禁止することが可能に<ref name=大修館書店/>。罰則は「警告」となった。
* [[1995年]](平成7年) - 講道館試合審判規定改正。女子も男子に合わせ一部の大会を除き原則、見込み一本はとらなくなった。
* [[1997年]](平成9年) - IJF総会で[[カラー柔道着]]導入可決。国際規定改正。関節技などで脱臼、骨折の場合は主審がまだ戦闘能力があると見なされば一本はとらないことになった。
* [[1994年]]までに<ref name=格通>{{Cite journal |和書|author=若林太郎 |authorlink= |title=[[全日本柔道選手権大会]] |date=1994-6-23 |publisher=[[ベースボール・マガジン社]] |journal=[[格闘技通信]] |volume=9 |issue=14 |naid= |pages=120 |ref= |quote =金野が得意の・国際ルールでは禁止}}</ref>または[[1998年]]<ref name=大修館書店>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史 |edition=初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|page=25}}</ref>、国際規定での重大な違反の一つ「特に頸や脊椎・脊髄など、相手を傷つけたり危害を及ぼしたり、あるいは柔道精神に反するような動作をする。」の附則で男女で蟹挟は禁止技となった(2018年、本則に明記)。罰則は「反則負け」となった。
* [[1998年]](平成10年) - 国際規定で抑込技[[裏固]]が無効に。
* 2003年までに国際規定において、抑え込み中に、抑え込まれている者が、相手の脚を上からでも両脚で挟むことができた場合、「解けた」となる。
* [[2008年]](平成20年) - 国際規定でスコアの「効果」を廃止。(2009年1月実施)
* [[2009年]](平成21年)10月 - 国際規定において[[双手刈]]・[[朽木倒]]等の脚取り掴み技を制限(禁止ではない)。1度目は指導、2度目は反則負けに。
* [[2010年]](平成22年) - 国際規定「抱きつき」 (bear hug) を規制<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20100906-OYT1T00873.htm いきなり抱きつく攻撃はダメ、柔道に新ルール] [[読売新聞]] 2010年9月6日</ref>。脚取り掴み技を1度目で反則負けに<ref>{{PDFlink|[http://www.judo.or.jp/article/1336-newrule2010/attach/2010newijfrule0318.pdf 国際柔道連盟(IJF)試合審判規定改正]}}</ref>。
* [[2013年]](平成25年) - 2013年2月の[[グランドスラム・パリ2013|グランドスラム・パリ]]から8月の[[2013年世界柔道選手権大会|リオデジャネイロ世界選手権]]までの期間、国際規定において畳上1人審判制、ピストルグリップやクロスグリップや帯を持った場合は即座に攻撃しなければ指導が与えられる変則組み手や組み手争いに対する罰則強化、襟や袖を持たない手腕で帯から下を掴む行為足取り脚掴みの全面禁止、旗判定の廃止、抑込技の時間短縮、抑込技[[裏固]]復活などの大幅なルール改正案が試験導入されることに決まった。この結果を検証して、正式導入されるか改めて協議されることになる<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKF0486_Q2A131C1000000/ 柔道国際大会、1人審判を試験導入へ 連盟会長が明言] [[日本経済新聞]] 2012年11月30日</ref><ref>[http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20121210-OYT1T01421.htm 柔道、「脚取り」全面禁止へ…国際大会新ルール] [[読売新聞]] 2012年12月10日</ref><ref>[http://www.intjudo.eu/upload/2012_12/09/135504772881923998/v_eng_refeeing_rules_2013_2016.pdf ENG-Refereeing-Rules-2013-2016]</ref>。
* [[2014年]](平成26年) - 2014年1月の[[コンチネンタルオープン]]から新たな[[国際柔道連盟|IJF]]試合審判規定が導入されることになった<ref name="規定"/><ref>[http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2013112800977 女子は4分間に短縮=柔道新規則] [[時事通信]] 2013年11月28日</ref>。相手の片腕と頭部を両腕で抱える肩三角グリップに立ち姿勢でなった場合は「待て」に。寝姿勢でも肩三角グリップから相手の胴を両脚で挟んだら「待て」に。立ち姿勢、寝姿勢の区別が変更に。背か腹か両手腕両膝を畳についていなければ立ち姿勢の相手が直ちに投げられればスコアの対象に。この時も立ち姿勢の相手への脚取り掴みも禁止。両者が両膝をついてる場合は寝姿勢あつかいのまま。
* [[2015年]] - [[グランドスラム・東京2015]]男子81 kg級準決勝戦で[[永瀬貴規]]が帯の外に出た相手の裾をで反則負けとなるが、のちに帯の外に出た相手の裾しか掴んでいないということで誤審だったということになった<ref>[http://www.sanspo.com/sports/news/20151206/jud15120605040002-n1.html 永瀬、準決勝で魔さか反則負け…意地の銅でリオ五輪代表は内定/柔道] [[サンケイスポーツ]] 2015年12月6日</ref><ref>[http://www.asahi.com/articles/ASHD53DRZHD5UTQP002.html 永瀬、韓国選手に不可解な反則負け! 審判長は謝罪] [[朝日新聞]] 2015年12月6日</ref><ref>[http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/480747/ 【柔道グランドスラム誤審騒動】“被害者”永瀬の師匠は怒り収まらず] [[東京スポーツ]] 2015年12月8日</ref>。
* [[2016年]] - 国際規定において立ち姿勢で肩三角グリップから「待て」を無視して投げた場合は反則負けに。
* [[2017年]](平成29年)までに国際規定において投げ技で両肘または両手で着地した場合、技ありに。片肘、臀部、または膝で着地したのち続いて直ちに背中をついた場合、技ありに。
* [[2017年]](平成29年) - 国際規定において以下のような新ルールが適用されることになった。男子の試合時間は女子と同じく4分間になった。有効が廃止されて技のスコアは一本と技ありのみ。技ありは従来の「有効」を含むため、いくら取っても一本にはならない(技あり合わせて一本の廃止)。本戦で技のスコアが入らない場合は例え指導を取っていても勝利にはならず[[ゴールデンスコア方式]](以下GSと表記)に突入する。GSでは技のスコアか、本戦終了時の指導数の差に変化が生じた時に決着する。ただし、本戦終了時点で、与えられた指導が多かった選手がGSにおいて相手の指導により勝利するためには、相手が2回、もしくは3回連続で指導を受けることが必要となる。指導は3度取られると反則負け。脚取り掴みは1度目が指導、2度目が反則負けに戻る。また、[[マウスピース]]の装着が認められることになった<ref name="jiji"/><ref name="ijf"/><ref>[http://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2017/03/ce52948bab3c7eecd73931288d15662d-1.pdf 国際柔道連盟試合審判規定(2017-2020)改正の要点]</ref><ref>[http://www.judo.or.jp/p/40542 【審判委員会】大会におけるマウスピース(マウスガード)の装着について(通達)]</ref>。
* [[2017年]](平成29年)- 講道館柔道試合審判規定改正。抑込技[[裏固]]が認められる。
* [[2018年]]までに国際規定では立ち姿勢での肩三角グリップからの投げ技は「待て」の前でも反則負けに。投げ技において着地やスコアを逃れようと頭から畳に突っ込んだ場合、ヘッド・ディフェンス (head defence)で反則負けに。立ち姿勢の自身の上衣を故意に帯から出すと指導に。
** 立ち姿勢での関節技、絞め技が指導に、特に危険な場合は反則負けに。関節技、絞め技での立ち姿勢、寝姿勢の区別は2013年より前と変更なく相手が膝をついていれば寝姿勢扱いで関節技、絞め技を掛けることができる。したがって膝をついているが両手腕両膝、背、腹がついていない場合は立ち姿勢の相手から投げ技も固め技(関節技、絞め技、抑込技)も仕掛けられ、さらには立ち姿勢の相手の脚を掴む防御もできない危機にあることに。
** 絞め技、関節技において過度に相手の脚を伸ばした場合は指導に。
** 立ち姿勢の相手の上衣の裾を故意に帯から出す行為も指導に。
** 脚取り掴みは通常の指導に変更される。(脚取り掴み指導2回での「反則負け」の廃止)
** 相手の上衣をしっかり手で握っていない触っただけの後の「抱きつき」も指導に。
** [[背負落]]、両袖を持った[[袖釣込腰]]、両手で襟を持った[[腰車]]などの際、頭から畳に突っ込むヘッド・ディフェンスも故意でなければ両者とも反則とはならない。
** 寝技での不利な状況の選手に「指導」を与える場合と、寝技で医療行為が必要な場合に限定されていた主審の「そのまま」の宣告について、寝技なら必要な時いつでもできることに。
* [[2019年]]までに国際規定において、帯より下の上衣の裾掴みも脚取り掴みに含まれ指導に。帯と一緒に掴むことは許される。
* 2019年11月の[[グランドスラム・大阪2019]]から「上衣の裾が臀部を完全に覆う」について検査が厳しくなる。
* [[2020年]] - 国際規定が以下のように変更。
 
==== 離隔態勢の柔道====
嘉納亡き後も、嘉納の求めた「離れて行う柔道」の試行は第2代講道館2代目館長[[南郷次郎]]や[[望月稔]]や[[富木謙治]]などに引き継がれ、1942年に講道館2代目館長南郷次郎館長時代に講道館において「柔道の離隔態勢の技の研究委員会」が設置されている。中でも富木謙治による離れて行う柔道の当身と立ち関節を主体とする「離隔態勢の柔道」の研究は、講道館護身術や合気道競技(柔道第二乱取り法)などとしてまとめられることになる。
 
富木謙治は、嘉納治五郎の遺した言説から、古流柔術各流派、合気柔術([[合気道]])、また剣術(剣道)を包括する嘉納の『柔道原理』を分析する。また柔道の技を、従来の乱取で行われる組む技(第一部門)「[[投技]]」・(第二部門)「[[固め技]]」と、従来の形で行われる(打・突・蹴や武器に対峙する)離れた技(第三部門)「[[当身技]]」・(第四部門)「(立ち)[[関節技]](手首関節や肘関節を捕っての立ち関節技や居取り技の投げや固め)」、の4種に再度分類し、「投技」・「固め技」の従来の乱取に対して、「当身技」・「関節技」によって行われる柔道の第二乱取法を提唱する。
富木は「柔道原理」の手刀法として、「相手の打・突・蹴や武器による斬突を、刀法の術理で防御するばかりでなく、相手が自分に「組み」つこうとするのを瞬間的にそれを止める働き、また、「組み」つかれてから、それを「離脱」するはたらきなど、すべて広い意味での「手刀」の働き」とした。<ref>『武道論』 富木謙治著 大修館書店</ref>
 
==== 巨人に対する技術の研究(足取り技) ====
[[神田久太郎]]九段は「巨人に対する技術の研究」として、古流柔術各流派の中にあった「自分より大きい対手を組む前に投げる技」として「各流派の文献を見たり古流の先生方に聞いたりし」研究を進め、[[朽木倒し]]、[[双手刈り]]といった脚掴み技として整備し乱取技として完成させ、嘉納治五郎に認められ正式に柔道技に採用された<ref>『柔道』講道館刊・昭和32年5月号</ref><ref>『講道館柔道 投技 手技・腰技』「双手刈り」「朽木倒し」醍醐敏郎著 本の友社</ref>。また脚掴み技[[踵返]]は[[三船久蔵]]が編み出した技とされている<ref>『講道館柔道 投技 手技・腰技』「踵返し」醍醐敏郎著 本の友社</ref>。
 
==== 外国へ渡った柔道家====
==== 柔道一班並二其ノ教育上ノ価値 ====
 
その5年後にあたる明治22年、当時29歳であった嘉納治五郎は大日本教育会の依頼により、文部大臣[[榎本武揚]]や在日イタリ公使らの出席を仰ぎ、「柔道一班並ニ其ノ教育上ノ価値」と題して講演を行った。
 
講演「柔道一班並ニ其教育上ノ価値」においては、明治17年の体操伝習所答申に沿う形で構成されており、害若しくは不便とする方として挙げられた条件を一つ一つクリアーしていく形で構成されている。
富木流合気乱取りは柔道の当身技と立ち関節技(離隔態勢の柔道)の乱取り化を進めようとしていた嘉納治五郎により、合気道の[[植芝盛平]]のもとへ派遣されていた[[富木謙治]]によりまとめられ、別名柔道第二乱取り法とも呼ばれる。早稲田大学教育学部教授であった富木は早稲田大学柔道部合気班の中で柔道の第二乱取り法として指導をしていた。
 
[[ブラジリアン柔術]]は、講道館三羽烏や玖馬の四天王(海外四天王)とも称された[[前田光世]]([[コンデ・コマ]])が海外での柔道普及に際し、日本以外で異種格闘技戦を戦い磨いた柔道技術を元にブラジルにおいて[[カーロス・グレイシー]]が教授された技術、またその後の{{要出典|date=2020-05-23|[[高専柔道]]技術を研究し取り込みまとめた}}柔道派生の格闘技という説が強い。
 
他には<!--[[総合格闘技]]団体[[J-DO]]がある。また、-->柔道出身の極真空手家・[[東孝]]が興した[[大道塾空道|空道]]も投げや寝技の中に柔道の影響が強く見られる。
 
=== プロレス技術への影響 ===
大正時代、国外・国日本のにおいて柔術家・柔道家と対戦し、柔道チャンピオンも名乗ったプロレスラーのアド・サンテルが柔道の[[裏投げ]]を学び[[プロレス]]に持ち込んだのが今日のプロレスにおける[[バックドロップ]]の元になっている。
 
戦前の海外のプロレス界で活躍した日本人柔術家・柔道家が使用した柔道の当て身技「[[手刀打ち]]」は海外においてチョップ(ジュードーチョップ)と呼ばれた。それが逆輸入される形で日本国内に入りカラテチョップとも呼ばれるようになる。
[[2016年リオデジャネイロオリンピックの柔道競技|2016年リオデジャネイロオリンピックの柔道]]を見た[[溝口紀子]]は寝技での「待て」が従来より遅くなったのは、オリンピックでは寝技の存在感を上げ、近年、隆盛著しい寝技中心のブラジリアン柔術へ人々が流れていくことを防ぐ意図があるのではないか、と述べている。<ref>{{Cite web |date=2016年8月12日 |url=https://twitter.com/mysomizo/status/763827939385352192 |title=twitter - 溝口紀子 |website=[[twitter]]|location= |accessdate=2020-05-25 |quote=今大会、これだけ寝技を長くみるのは(中略)。近年、寝技を中心としたBJJの隆盛が著しく、(中略)。五輪ではで寝技のプレゼンスを高めることで、BJJへの流入を防ぎたい(中略)|auther={{Twitter|id=mysomizo|name=溝口紀子}}}}</ref>。
 
2019年、2020年の1月に全日本女子代表チームは強化合宿で[[日本ブラジリアン柔術連盟]]会長の[[中井祐樹]]らを招き、ブラジリアン柔術の寝技の指導を受ける<ref>[全日本強化合宿] 『近代柔道』誌 2019年2月号 [[ベースボール・マガジン社]]</ref>。
 
== 柔道とウェイトトレーニング ==