「ニンジャチョーク」の版間の差分

編集の要約なし
'''寝技の場合'''
まず、[[ガードポジション]]の体勢から、左脚を相手の右腋下を通して相手の右肩を左脚で抑えて、ラバーガードの体勢に持ち込む。次に、相手の動きを封じた状態から、右手で相手の右側で相手を抑えてる自らの左脛を逆手でつかむ。すきを見て右肘裏を相手の喉付近に置き、腰を切りながら起き上がる様に、左上腕部で相手の後頭部を抑え、右手で左肘付近を掴んで、両腕を「フィギュア4」でしっかり組んで絞める。
 
==技の由来==
*ニンジャチョーク自体は、脇を通さないスピニングチョークとして以前から存在はしていたが明確に命名はされていなかった。勝村周一朗が上田将勝に使った「ラバーガードからのニンジャチョーク」は勝村オリジナルと言える。このラバーガードからのニンジャチョーク以外にも通常の技としてニンジャチョークを多用し広めた結果、脇を通さないこの形での絞め技全てをニンジャチョークと表記するのが広まった。ニンジャの名前を使用したのは、極めた腕の形が忍者が印を結んだ形に似ていることから勝村が名付けた。
 
== 脚注 ==