「スティーペ・ミオシッチ」の版間の差分

2016年5月14日、[[UFC 198]]のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者[[ファブリシオ・ヴェウドゥム]]に挑戦。前進したヴェウドゥムにカウンターの右ショートフックでダウンを奪い1RKO勝ち。王座獲得に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。当初は、[[UFC 196]]でヴェウドゥムに挑戦予定([[ケイン・ヴェラスケス]]の欠場による代役)であったが、ヴェウドゥムが怪我で欠場したため、UFC 198に延期された。
 
2016年9月10日、地元[[クリーブランド]]で開催された[[UFC 203]]のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング3位の挑戦者[[アリスター・オーフレイム]]と対戦。序盤に左ストレートでダウンを奪われ、ギロチンチョークを極められかけたものの、脱出した後は打撃で徐々に巻き返して、最後はテイクダウンからのパウンドで1RTKO勝ち。地元で王座の初防衛に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。
 
[[2017年]]5月13日、[[UFC 211]]のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング4位の挑戦者[[ジュニオール・ドス・サントス]]と再戦し、右ストレートからのパウンドで1RTKO勝ちを収め、リベンジを果たすと共に2度目の王座防衛に成功。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。