「柔道」の版間の差分

41,866 バイト除去 、 2 か月前
(いろいろ)
タグ: サイズの大幅な増減
講道館においての指導における「柔道」という言葉を使った呼称の改正には、嘉納自身の教育観・人生観、社会観、世界観などが盛り込まれており、近代日本における武道教育のはじまりといえる<ref>杉山重利 編著『武道論十五講』、[[不昧堂出版]]、2002年、75頁。{{ISBN2|4829304081}}。</ref>。柔道がまとめて採用した数々の概念・制度は以降成立する種々の近代武道に多大な影響を与えることになる。嘉納のはじめた講道館柔道は武術の近代化という点で先駆的な、そしてきわめて重要な役割を果たすことになる<ref>井上俊『武道の誕生』、[[吉川弘文館]]、2004年、7頁。{{ISBN2|4642055797}}</ref>。
その歴史的影響力、役割の大きさから柔道は[[武道]]([[日本武道]]、日本九大武道<[[日本武道協議会]]加盟九団体>)の筆頭に名を連ねている.
 
1946年(昭和21年)11月9日、講道館と双璧をなす柔道を含む武道の拠点であった[[大日本武徳会]]は[[連合国軍最高司令官総司令部]] (GHQ) の指令により強制解散し、柔道は武道禁止令の影響を大きく受けることになる。しかし、日本における武道禁止令の解禁に先んじて、戦前1932年にドイツにおいて結成されていた[[ヨーロッパ柔道連盟]]が、1948年にイギリスのロンドンで再建するなど国内外の働きかけもあり、国内においても柔道の稽古や試合は次第に再開されていき、1950年、柔道は学校教育における再開を果たす。
 
=== 警察と柔道 ===
 
=== 大日本武徳会における柔道 ===
{{main|大日本武徳会#柔道}}
1895年(明治28年)、対外戦争の勝利や平安遷都1100年記念によって日本武術奨励の気運が高まり、武道の奨励、武徳の育成、教育、顕彰、国民士気の向上を目的として京都に公的組織として[[大日本武徳会]]が設立された。
初代総裁に[[小松宮彰仁親王]](皇族、陸軍大将)、会長に[[渡辺千秋]](京都府知事)、副会長に[[壬生基修]](平安神宮宮司)が就任した。同年に第1回の武徳祭と武術大会が行われ、1942年(昭和17年)太平洋戦争のため中止されるまで、恒例の行事として行われた。
大日本武徳会は、剣術、柔術、弓術など各部門で構成され、各部門には諸流派・人物がそれぞれの流派を超越して参加することになる。
 
技術技法の異なった(古流)[[柔術]]各流派間の試合が行われるに際し、武徳会において審判規定を定める必要に迫られ、1899年(明治32年)、柔術部門において、[[投技]]、[[固め技]]、[[当身技]]の技術を包含し形稽古のみでなく乱取稽古の整備の進んでいた講道館柔道の[[嘉納治五郎]]が原案を作成し、講道館の[[山下義韶]]、[[横山作次郎]]、[[磯貝一]]、[[大東流]]の半田彌太郎、[[四天流]]の星野九門、[[楊心流]]の[[戸塚英美]]、[[良移心頭流]]の上原庄吾、[[起倒流]]の近藤守太郎、[[竹内三統流]]の佐村正明、[[関口流]]と楊心流を兼ねた鈴木孫八郎の諸委員によって評議され、「大日本武徳会柔術試合審判規定」が制定された。
1899年(明治32年)大日本武徳会柔道講習所が大日本武徳会に設置され、主任教授に[[磯貝一]]四段が就任した。この時から、武徳会において教授される流派は正式に講道館柔道となる。
翌年、1900年(明治33年)武徳会審判規定と照らし合わせ、「講道館乱捕試合審判規定」が整備される。
 
1906年(明治39年)8月8日、[[嘉納治五郎]]を委員長とし[[戸塚派揚心流]]の[[戸塚英美]]委員、[[四天流]]組討の星野九門委員、他17名の委員補([[双水執流]]組討腰之廻第14代青柳喜平、[[不遷流]]4代[[田辺又右衛門]]など)柔術10流・師範20名で構成される「大日本武徳会柔術形制定委員会」によって、議論・研究の末、原案として嘉納が提出した講道館で既に作られていた「投の形」「固の形」「真剣勝負の形」を基に、各流派の案による技を追加し、全柔術流派を統合する形として「大日本武徳会柔術形」が制定される。これは講道館における「投の形」「固の形」「極の形」に相当する。
 
1919年(大正8年)、大日本武徳会は、先んじる講道館柔道の影響も与し「剣術」「撃剣」などの名称を「剣道」に統一し、弓術を弓道と改称し、柔術部門も改めて柔道部門と改称する。
 
1934年には、本土に上陸して間もない[[空手]]が大日本武徳会において柔道部門への入部が認められ、柔道部門の分類下におかれる。
また1942年改組の行われた新武徳会においては、柔道には空手や捕縄術などが含まれる、とされた。
このように、柔道は当時国内の柔術諸流派において共通試合の統一流派となり、いわば国内の徒手格闘技を統括する立場としてあった。
 
しかし武徳会において、制定されていた従来の武徳会称号「[[範士]]」「[[教士]]」「[[精錬証]]受有者(昭和9年以降「[[錬士]]」)」の制度以外に、講道館柔道の採用に際し、修行の進みに応じて発行する講道館の制定した段級位も各部門において採用することとなる。当初は武徳会でも、柔道段位は講道館の認定の元、正式発行が行われていたが、時とともに講道館の認定を受けず独自に段位を発行するようになる。武徳会において段位を受けた者、修業をした者は武徳会に帰属意識を持つようになり、講道館と武徳会はそのことで軋轢も生まれ、云わば(講道館)柔道という一つの統一流派を、東の講道館と西の大日本武徳会という二つの組織が重なり合いながら時に対立を含みながら共存し互いに管理、執行するという構造になっていった。<ref>小谷澄之ほか 編『嘉納治五郎大系』第1巻 講道館柔道、講道館 監修、[[本の友社]]、1988年、303頁「講道館と第日本武徳会との関係について」</ref><ref>柔道大事典編集委員会 編『柔道大事典』嘉納行光ほか監修、[[アテネ書房]]、1999年、「大日本武徳会」の項。{{ISBN2|4871522059}}。</ref><ref>藤堂良明『学校武道の歴史を辿る』日本武道館、2018年、第13章 大日本武徳会の設立と影響 2 大日本武徳会の柔道。{{ISBN2|978-4-583-11195-7}} C0075。</ref>
'''戦時中の柔道については''' {{Main|#日本軍への採用・影響}}
その後、1946年(昭和21年)11月9日、[[大日本武徳会]]は[[連合国軍最高司令官総司令部]] (GHQ) の指令により強制解散し、柔道は武道禁止令の影響を大きく受けることになる。
しかし、日本における武道禁止令の解禁に先んじて、戦前1932年にドイツにおいて結成されていた[[ヨーロッパ柔道連盟]]が、1948年にイギリスのロンドンで再建するなど国内外の働きかけもあり、国内においても柔道の稽古や試合は次第に再開されていき、1950年、柔道は学校教育における再開を果たす。
 
=== 学校教育での柔道 ===
天倒、霞、鳥兎、獨鈷、人中、三日月、松風、村雨、秘中、タン中、水月、雁下、明星、月影、電光、稲妻、臍下丹田、釣鐘(金的)、肘詰、伏兎、向骨。
当身技は形の中で教授されるが、のちには昇級・昇段審査においても行われる事が稀である為、柔道修行者でもその存在を知らない事も多く、また指導者も少なくなった。
 
==== 当身技と体育====
=====精力善用国民体育=====
嘉納治五郎の[[体育]]と当身技を合わせた論考は、明治42年7月発行『中等教育』掲載の小論「擬働体操について」にある四方蹴と四方当についての記載や、『柔道概説』(大正2年)<ref>嘉納治五郎「柔道概説」『嘉納治五郎大系』第3巻、本の友社、1987年、114頁参照。</ref> などと続いて行き、[[昭和]]に入ってからは「攻防式国民体育」(昭和2年)として精力善用国民体育の形が発表され、『精力善用国民体育』(昭和5年)や『柔道教本』(昭和6年)等も併せて昭和2年から6年の間に発表された一連の著作で夥しい言及がなされている<ref>『嘉納治五郎大系』第8 本の友社、1988年、参照。</ref>。
研究成果は「精力善用国民体育の形」(単独動作・相対動作)としてまとめられたが、この形の制定理由について、嘉納治五郎は「私がこの国民体育を考察した理由は、一面に今日まで行われている柔道の形・乱取の欠陥を補おうとするにあるのだから、平素形・乱取を修行するものも、そこに留意してこの体育を研究もし、また実行もしなければならぬ」<ref name="r1">嘉納治五郎「精力善用国民体育と従来の形と乱取」『嘉納治五郎大系』第8巻 本の友社、1988年、214-219頁。</ref>(昭和6年)と述べ、従来の講道館柔道の稽古体系に不足していた点を補う目的があったと述べている。
精力善用国民体育の形には、単独動作と相対動作がある{{refnest|group=注釈|『柔道教本』([[1931年]])では「単独練習」と「極式相対練習」と表記している<ref>嘉納治五郎『嘉納治五郎大系』第3巻、本の友社、1987年、3頁参照。</ref>。}}。下記の形は[[1930年]](昭和5年)発行の嘉納治五郎『精力善用国民体育』による分類であるが、時期によって分類の仕方に多少の差異がある<ref>嘉納治五郎『嘉納治五郎大系』第3、8巻 本の友社、1987-1988年、参照。</ref>。
 
単独動作:
* 第一類:五方当(前斜当、横当、後当、前当、上当)、大五方当(大前斜当、大横当、大後当、大前当、大上当)、五方蹴(前蹴、後蹴、前斜(左右)蹴、前斜(左右)蹴、
高蹴)。
* 第二類:鏡磨、左右打、前後突、上突、大上突、左右交互下突、両手下突、斜上打、斜下打、大斜上打(甲乙)、後隅突、後打、後突前下突。
 
相対動作:
* 第一類:居取(両手取り、振り放し、逆手取り、突掛け、切掛け)、立合(突上げ、横打ち、後取り、斜突き、切下し)。
* 第二類:柔の形(突出、肩押、肩廻、切下し、片手捕、片手上、帯取、胸押、突上、両目突)。
 
=====精力善用国民体育に対する空手界からの主張=====
また、この形に使用されている当身技、特に単独動作の当身技については、嘉納治五郎の[[唐手]](のちの空手)研究の成果によるものとの空手界からの指摘がある<ref name="ReferenceA"/>。
 
[[1922年]](大正11年)5月、[[船越義珍]]は[[文部省]]主催の第一回体育展覧会に唐手を紹介するために上京してくる。その第一回体育展覧会における唐手の[[演武]]の実現は船越からの頼み込みを受け、その同郷の先輩であった[[東京高等師範学校]]教授の金城三郎の懇願を通して、当時[[大日本体育協会]]名誉会長として本大会主催者であり[[東京高等師範学校]]前学校長であった嘉納治五郎の斡旋により実現したものであった。
 
同年6月、嘉納は船越を講道館に招待して、唐手演武を参観した。その際全ての演武が終了すると、嘉納は師範席から立ち上がり、「形」の運足法や組手形の要領について鋭い質問した。当時、講道館には柔術や拳法の家系や流派出の専門家も沢山おり質問も専門的なものであった。船越と共に唐手の演武を行った[[儀間真謹]]は嘉納の質問の鋭さ、具体性に舌を巻きその際の緊張感について述懐している<ref>藤堂良明『柔道の歴史と文化』不昧堂、2007年、131頁参照。</ref>。
 
嘉納が唐手に興味をもったきっかけは、[[1908年]](明治41年)、沖縄県立中学校の生徒が京都武徳会青年大会において、武徳会の希望により唐手の型を披露としたときであったとされ、このとき「嘉納博士も片唾を呑んで注視してゐた」という<ref>『球陽』第18号、1909年、沖縄県公文書館所蔵。高宮城繁・仲本政博・新里勝彦『沖縄空手古武道事典』柏書房、2008年、736頁参照。</ref>。
 
また、[[1911年]](明治44年)、沖縄県師範学校の唐手部の生徒6名が修学旅行で上京した際、嘉納治五郎に招かれて講道館で唐手の演武、形の解説、板割りなどを行った。このときも「柔道元祖嘉納先生をして嘆賞辟易せしめた」という<ref>山内盛彬・諸見里朝保「唐手部記録」『龍潭』創立四十周年記念沖縄県師範学校学友会、1911年。高宮城繁・仲本政博・新里 勝彦『沖縄空手古武道事典』柏書房、2008年、735頁参照。</ref>。これは船越が上京する11年前の出来事であった。また、嘉納が沖縄を訪問した際には、[[本部朝基]]を料理屋に招いて唐手について熱心に質問するなど<ref>中田瑞彦「本部朝基先生・語録」、小沼保編著『琉球拳法空手術達人・本部朝基正伝(増補版)』壮神社、2000年、87頁参照。</ref>、唐手に対して並々ならぬ関心を抱いていた。
 
嘉納は、「乱取だけでは、当身の練習ができぬ」と述べ<ref name="r1" />、当身技を研究した。講道館で唐手演武をした儀間真謹によれば、「この形(精力善用国民体育の形)の中には、沖縄唐手術の技法が随所に用いられている」と指摘し、その研究成果は精力善用国民体育の形としてまとめられた、と考えている<ref>儀間真謹・藤原稜三『対談近代空手道の歴史を語る』ベースボール・マガジン社、1986年、110頁参照。</ref>。
 
ただし、嘉納が明治42年に発表した「擬働体操」には竪板磨、四方蹴、四方当など、精力善用国民体育の形に含まれる鏡磨、五方蹴、五方当の原型とも考えられる動作が既に紹介されている。
 
なお、嘉納の[[船越義珍]]、[[本部朝基]]、[[宮城長順]]、[[摩文仁賢和]]等への接近やその上京への斡旋、協力などを通し、1934年には唐手の名称改め空手は嘉納の斡旋によって大日本武徳会の柔道部門への入部が認められることになる。空手の本土における上陸、全国的な普及活動の糸口となったのが講道館での演武会であり、それが近代空手道の出発点となる<ref>藤堂良明『柔道の歴史と文化』不昧堂、2007年、133頁参照。</ref>。
 
=== 寝技 ===
 
== 称号制 ==
{{main|大日本武徳会#武術家の表彰と称号の制定}}戦前の武道組織「大日本武徳会」においては、柔道の[[称号]]が定められていた。
講道館における高段位の柔道家も、講道館と武徳会との両組織に並列して所属しており、柔道段位と柔道称号を並列して取得していた。
 
称号の始まりは、明治28年(1895年)に結成された大日本武徳会が、同年結成記念第1回武徳祭の大演武会に際し、優れた演武をした者に対し[[精錬証]]を授与したのに始まる。
武徳祭の大演武会は毎年行われ、優秀者には精錬証が授与された。
その後大日本武徳会員で武術・武道を鍛錬する者の地位を表示するために、1902年(明治35年)6月3日に「武術優遇例」が制定され、「[[範士]]」「[[教士]]」の最上位の称号が規定された。「武術優遇例」では最上位称号の範士には終身年金が送られた。「武術優遇例」は、1918年(大正7年)4月に「武道家表彰例」と改称され、さらに「武道家表彰例」は1934年(昭和9年)3月に改正が行われ、精錬証授与者を指して「[[錬士]]」号と改めた。
戦前の昭和17年(1942年)まで一万人を超える各種武術家に称号が授与されている。
 
最初(1903年[明治36年]5月8日)に柔術範士の称号を受けたのは、[[楊心流]]・千葉の[[戸塚英美]]、[[四天流]]・熊本の星野九門の両氏で、次いで嘉納治五郎が(1905年[明治38年]5月)範士の称号を受けている。
次いで(1909年[明治42年]6月)、[[竹内流]]・熊本の矢野広次、[[扱心流]]・熊本の江口弥三、[[起倒流]]・岡山の野田権三郎、[[関口流]]・和歌山の[[関口氏胤|関口柔心]]に範士号が授けられた。
 
嘉納治五郎はそれまでも「武徳会柔術試合審判規定」(1899年)、「武徳会柔術形制定委員会」(1906年)において諸流派の委員をまとめる委員長を務めていた。同様に、称号制定の当初から武徳会全武術の最高位の範士号・教士号の審査を担当する選考委員3名のうちに入っており(共に担当した委員は[[北垣国道]]、[[渡邊昇|渡辺昇]])、嘉納自身が範士号を授与されたのも他の授与者と比較して40代という若さでであった。また、1914年12月に武術詮衡委員が「柔道」「剣道」「居合」「弓術」「槍術」の各武術毎の委員に委嘱され選考されるようになった際にも、嘉納は全部門委員を統括する委員会委員長に委嘱されている。
 
1914年、「範士」「教士」の最上位称号には、それまでの「柔術」「剣術」の表記に代わって特別に「柔道」「剣道」の名称が使用され明文化された。
武徳会において「剣道」「柔道」を範士・教士のみに特別に使用したのは、称号授与者が技術と人格を兼ね備えた人物であり、剣術・柔術はそれを目標とすべきであるということを明示するためと推定される。
 
また、1919年(大正8年)に大日本武徳会においてそれまでの各「武術」の名称を「武道」と改称し「柔術」部門も「柔道」部門に改称し統一したように、各諸流派柔術家は公的に柔道家となり活動していくことになる。
 
1917年(大正6年)、武徳会においてもそれまで講道館が使用していた[[段位]]制が導入される。その際に武徳会で発行可能な柔道(柔術)の段位は四段までとされ、五段以上の高段位を取得するには講道館から授与されるものとなっていた。
そのため、大日本武徳会においては講道館の柔道(柔術)の五段以上の高段位と同等のものとして柔道称号を使用することとなる。
その後、武徳会で他武道においても段位性を採用したことで講道館とは別に独自の柔道高段位も発行するようになっていくが、そのことで講道館と武徳会で軋轢も生まれることとなる。
 
 
柔道各称号の授与条件は次のものとなっていた。(1934年改訂「武道家表彰例」)
 
範士:1、教士の称号を受け、その後7年以上を経過し、または年齢60歳以上に達したること。
 
   2、徳操高潔、技能円熟、特に斯道の模範たる事。
 
   3、武道に関し功労ある事。
 
教士:1、錬士の称号を受有する事。
 
   2、五段以上たること
 
   3、操行堅実武道に関し相当の識見を有する事。
 
錬士:  武徳祭大演武会に出演し審判員会議の選抜に依りて試験を受け合格したる事。
 
 
年表
 
1895年(明治28年) 大日本武徳会発足 大演武会で優れたものに精錬証の授与。
 
1902年(明治35年) 武術優遇例施行。
 
1903年(明治36年) 戸塚英美(戸塚派揚心流・千葉県)、星野九門(四天流・熊本県)  柔術範士授与。
 
1905年(明治38年) 嘉納治五郎(講道館・東京都) 柔術範士授与。
 
1914年(大正3年)  範士・教士の称号において「剣術」を「剣道」、「柔術」を「柔道」と表記・明文化する。
 
1917年(大正6年)  大日本武徳会において講道館に倣い段位制を導入。
 
1918年(大正7年) 「武術優遇例」を「武道家表彰例」に改称。
 
1919年(大正8年)  大日本武徳会においてそれまでの各「武術」の名称を「武道」と改称し統一する。「柔術」部門は「柔道」部門に改称され統一される。
 
1934年(昭和9年) 「武道家表彰例」改訂。「精錬証」授与者を「錬士」の称号に改称する。
 
1946年(昭和21年) 日本の敗戦に伴い、大日本武徳会 解散。
 
 
戦後、大日本武徳会は[[GHQ]]により解散を余儀なくされ約1300人ものの人物が公職追放される。武道禁止令を経て柔道は講道館柔道であるとして大日本武徳会と線引きをし、称号制度も継続採用しなかった。
 
== 礼法 ==
 
== 柔道技法の思想と歴史 ==
{{seealso|講道館#柔道技法の思想と歴史}}
 
=== 武術としての柔道(勝負法) ===
今日周知されているような体育としての柔道観、人間教育としての柔道観以上に、嘉納治五郎の柔道観は元々幅の広いものであった。嘉納は柔道修行の目的を「修心法」「体育法(練体法、鍛錬法とも言う)」「勝負法(護身法とも言う)」(時に「慰心法」を含む)とし、柔道修行の順序と目的について、上中下段の柔道の考えを設けて、最初に行う下段の柔道では、攻撃防御の方法を練習すること、中段の柔道では、修行を通して身体の鍛練と精神の修養をすること、上段の柔道では終極的な目的として下段・中段の柔道の修行で得た身体と精神の力(心身の力=能力・活力・精力)を最も有効に使用して、世を補益することを狙いとした<ref>『柔道大事典』p.214</ref>。武術としての柔術(勝負法)をベースに、体育的な方法としての乱取り及び形(体育法)、それらの修行を通しての強い精神性の獲得(修心法)を同時に狙いとしていた。
 
その一方で嘉納は武術としての柔道について「まず権威ある研究機関を作って我が国固有の武術を研究し、また広く日本以外の武術も及ぶ限り調査して最も進んだ武術を作り上げ、それを広くわが国民に教へることはもちろん、諸外国の人にも教へるつもりだ」との見解を述べており<ref>『嘉納治五郎著作集 第2巻』p.105</ref>、研究機関を作り世界中の武術を研究して最も進んだ武術を拵えたいとの考えも持っていた。
 
==== 勝負法の乱取り====
嘉納は柔道に柔術のもつ武術性を求めていたが、しかし勝負に効き目ある手(当身技)が危険であり教えることが難しいため、従来の柔術諸流派の修行法と同じ様に「専ら形に拠って練習」 しなければならぬとした。しかし形だけではなく、そこから先へと進めた、当て身を含む乱取りも工夫すべきという考えを嘉納は早くから持ち続けた。
1889年の講演「柔道一班並二其教育上ノ価値」の中において、嘉納は当身を含み対処する柔道の「勝負法の乱取り」の可能性、構想について述べている。「初めから一種の約束を定めていき又打ったり突いたりする時は手袋の様なものをはめてすれば、勝負法の乱捕も随分できぬこともない。形ばかりでは真似事のやうで実地の練習はできないから、やはり一種の乱捕があったほうがよい。」とし勝負法の技を実演している。
その際、勝負法の形のうちから簡単な技として5つほど、
* 対手が右の手で打ってくるのを捌き対処し腰で投げる。
* 対手が右の手で打ってくるのを捌き対処しその手先を捕り捩り対手を縛る。
* 対手が突いてくるのを捌き対処し対手が引いたのを入り込んで咽喉を絞める。
* 対手が横から打ってくるのを捌き対処し咽喉を絞めるなり急所に当てなりする。
* 対手が蹴ってくるのを足先を捕り捌き対処し投げる。または固める。
を実演し、またその上に種々込み入った手があり大抵の場合に応ずることを目的とするものであることを説明する。
 
==== 古武道研究会====
嘉納は古流柔術の定義について「無手或は短き武器を持って居る敵を攻撃し又は防御するの術」とし、柔道の修行・技術についても「その修行方法は攻撃防御の練習によって身体精神を鍛錬修養し斯道の真髄を体得することである」「攻撃防御の練習、柔道でいう攻撃は、便宜上、投、固、当の三種に分けることとしている。投とは場合場合でいろいろの動作をして対手を地に倒すことをいい、固とは絞業、関節業、抑業の区別はあるが、要するに対手の体躯、頸、四肢などに拘束を加えて動けなくしまたは苦痛に耐えられぬようにすることをいい、当とは手、足、頭、時には器物または武器をもって対手の身体の種々の部分に当て苦痛を感じしめ、または死に至らしめることをいうのである。そうして防御とはこれらの攻撃に対して己を全うするために施すいろいろの動作をいうのである。」<ref>『嘉納治五郎著作集 第2巻』p.18</ref> と述べている。柔道の当身の中に武器術、対武器術の概念を含むことを述べている。
 
嘉納は理想の柔道教師の条件として、「無手は勿論、棒、剣を使う術においても攻撃防御の術に熟練し、勝負上の理論も心得、同時に体育家として必要な知識を有し、且つその方法にも修熟し、また教育家として必要な道徳教育の理論にも通暁し、訓練の方法にも達し、のみならず柔道の原理を社会生活に応用する上において精深なる知識を有し、方法をわきまえている」<ref>『嘉納治五郎 私の生涯と柔道』理想の柔道教師 p.92</ref> 人物としている。嘉納の理想としての柔道の攻撃防御の修行には無手のみではなく武器術を含むものであったことが伺える。
 
また嘉納は大正15年(1926年)、当時の機関誌「作興」に、「武術としての柔道は無手術はもちろん、剣術、棒術、槍術、弓術、薙刀その他あらゆる武術を包含する」と書き、「剣術、棒術はいずれも価値あるものと認むるが、剣術の試合の練習はすでに世間に普及しているから、差し当たり無手術の他には剣術および棒術の形をするつもりである」と述べている。<ref>『[[月刊秘伝]]』2011年12月号「特集 形に秘められた実戦柔道 嘉納治五郎と武器術」</ref><ref>『作興』1926</ref>
 
嘉納はそのような修行形態を再試行する目的で、1928年に講道館内に「古武道研究会」を立ち上げ、柔、剣、棒、杖術等の古い武術の保存と新たな武術の創作と柔道としての体系化への研究に進んでいる。
 
参加メンバーの[[望月稔]]は、古武道研究会について「武術が殺傷の技術であったのに対し、武道は青少年の体育、徳育、知育に志向した教育手段として近代化されたものである。従って技術的には殺傷の技としては有効であっても、体育的には不適当と見做された多くの技が全て淘汰されてしまった。嘉納治五郎先生は大正の末期から、之に対する再検討に入られて、当時既に消滅に瀕していた古流武術の保存に力を入れられたのである」<ref>『柔道の歴史と文化』藤堂良明 p.127</ref> と述べている。
 
==== 講道館棒術====
1928年、講道館において古武道研究会が設立されると共に、「一般の者が武器を携えていないような時代では、無手でできる武術が一番価値があるが、杖やステッキや傘などの得られやすい物を武器として攻撃防御できることが次に価値がある」という嘉納治五郎の考えのもと、講道館棒術が講道館において学ばれる。[[香取神道流]]の玉井幸平、椎名市蔵、伊藤種吉、久保木惣左衛門や、[[神道夢想流]]の[[清水隆次]]などを聘し師とし体系化に臨んだ。嘉納は講道館柔道の一部門として講道館棒術の大成、広く全世界への普及を考えていた。<ref>『柔道大事典』講道館棒術</ref>
 
==== 二代目講道館館長南郷次郎の理想====
嘉納治五郎の死去(1938年5月4日)後、嘉納の甥であり、海軍軍人でもあった[[南郷次郎]]が二代目[[講道館]]館長に就任(1938年~1946年)した。
教育者であった嘉納の理想としてあった武術と体育と教育と社会貢献の融合に対して、南郷次郎は、特に嘉納の武術論を継承した。
生前、嘉納は武術としての柔道という観点で[[ボクシング]]、[[唐手]]、合気柔術、[[棒術]]、[[レスリング]]といった多くの武術を研究しその必要性を説き、講道館の創立50周年を迎えた昭和7年(1932年)には以下のように述べている。
 
「柔道はその本来の目的から見れば、道場に於ける乱取の練習のみを以て、満足すべきものでないといふことに鑑み、形の研究や練習に一層力を用ひ、棒術や剣術も研究し、外来のレスリングやボキシングにも及ぼし、それ等の改良を図ることに努めなければならぬ」」<ref>嘉納治五郎 講道館の創立五十周年を迎えて 柔道 3(5) 3頁 1932</ref>。
 
南郷の武道技術論においては、いずれも柔道の武術性が重視されているが、そこには南郷自身が軍人としてあったアイデンティティに加え、当時日本における戦時体制下の緊張感があった。
 
===== 空想に非ざる近き理想 =====
南郷館長就任披露晩餐会において南郷次郎は「空想に非ざる近き理想」を語り、そこでは柔道の将来に対する抱負を7点次のように挙げた。
# 「柔道による精神教育」
# 「最優秀者、最強者の養成」
# 「少年柔道の向上と普及」
# 「講道館柔道以外の各種徒手術の長所を包容研究する事」
# 「相当離隔せる位置より相手を制するに至るまでの技能を研究錬磨」すること
# 「近代の武器、服装に対応する柔道の技を研究する事」
# 「楽な気持で柔道を楽しみたいと考へられる人々」のために「講道館内に或はクラブを設け」ること
 
===== 故嘉納治五郎慰霊祭での奉納演武 =====
また、故嘉納治五郎の慰霊祭での奉納演武が行われた際には、講道館において制定されていた形の演武に加えて、昭和14年(1939年)に行われた嘉納の没後一年祭においては嘉納生前から行われていた講道館棒術を、また昭和16年(1941年)の三年祭では28組の他流派の演武、昭和18年(1943年)の五年祭では6組の他流派の演武が行われている。嘉納が生前行っていた各種武術の研究は、その後も講道館で継続された。
 
===== 武道振興委員会の答申と形研究会 =====
戦時期の昭和14年(1939年)12月に設置された政府諮問機関の武道振興委員会によって、1940年7月30日昭和15年(1940年)7月30日に提出された答申で、武道の戦技化が謳われるようになった。南郷は武道・武術の国家統制からの民間の武道団体の自立を主張しながらも、それに対応する形で1940年に南郷の指示により講道館に「形研究会」が設置され開かれた。そこでは柔道だけでなく様々な武術の専門家22名が委員として招かれた。接近した間合における柔道の武術性に自信を持つ南郷は、離隔の間合の技術も研究すべきと考え、近い間合での乱取、離隔の間合での形を不偏に稽古すべきと主張した。
 
南郷は、柔道の技術体系が「対手に近接して之れを制御する武術であり、一度対手に近接することを得れば、柔道ほど有効にして且つ優秀なる武術はないと断言することが出来る」と、互いに組み付くことが可能な接近した間合での柔道の武術としての優秀性に自信を示す。
それをふまえた上で「離隔」概念を導入し、離れた間合から相手を制御する技術が必要であることを説いた。
 
「柔道を武術として大成せしめるにはどうしても相当離隔せる位置より相手を制するに至るまでの技能を研究錬磨しなければならない。離隔には剣あり鎗あり弓あり長刀あり、又ボクシングあり唐手あり、之等に対する離隔より接触への過程を研究し得て始めて柔道は武術としても天下無敵たり得るのであつて、この点は今後益々研究錬磨につとめなければならないのであると考へる」。
 
===== 「形研究会」の成果 =====
1941年夏、講道館の指南役ら最上級指導者を委員とした「離隔態勢の技」の研究委員会が発足し、1942年、[[富木謙治]]が、南郷講道館長の与えた課題に答えて「柔道に於ける離隔態勢の技の体系的研究」を発表し、当身による攻撃にも対応し、加えて近代化の課題(安全性)とも調和する、いわば総合柔道の基本構想と方法を示した。富木はその中において「基本の形」を発表する。基本の形は第一教の当技3本、第二教の抑技2本、第三教の極技3本、第四教の転廻技2本、第五教の後技2本の5種類に分類される。
富木は、日本武道の根本原理は、剣道の「剣の気」と柔道の「柔の理」の二つにあるとし、研究を進めていく。戦後の昭和31年(1956年)に完成した「護身術の形」(講道館護身術)は、「嘉納が重視した武術・護身としての価値観(すなわち勝負観)を純粋に継承したものと位置づけることができる」と指摘される。
 
また、1943年、女子柔道護身法が発表される。
 
また、1943年5月に[[三船久蔵]]は、新たに研究中の護身術を部分的に紹介する。「無手、短刀、大刀、銃剣等に対する新しい防禦法、といふよりは積極的な攻撃」を内容としたとされているが、これについての詳細は現状わからず、戦前にまとまった著述を残した委員は少ない。<ref>1940年に講道館に設置された「形研究会」の歴史的意味―嘉納治五郎の形の構想と「武術としての柔道」論の継承に着目して</ref><ref>日中戦争以降における武道の戦技化の起源とその背景:武道振興委員会の審議過程の分析 中嶋哲也</ref>
 
==== 離隔態勢の柔道====
嘉納亡き後も、嘉納の求めた「離れて行う柔道」の試行は第2代講道館館長の[[南郷次郎]]や[[望月稔]]や[[富木謙治]]などに引き継がれ、1942年に南郷次郎館長時代に講道館において「柔道の離隔態勢の技の研究委員会」が設置されている。中でも富木謙治による離れて行う柔道の当身と立ち関節を主体とする「離隔態勢の柔道」の研究は、講道館護身術や合気道競技(柔道第二乱取り法)などとしてまとめられることになる。
 
富木謙治は、嘉納治五郎の遺した言説から、古流柔術各流派、合気柔術([[合気道]])、また剣術(剣道)を包括する嘉納の『柔道原理』を分析する。また柔道の技を、従来の乱取で行われる組む技(第一部門)「[[投技]]」・(第二部門)「[[固め技]]」と、従来の形で行われる(打・突・蹴や武器に対峙する)離れた技(第三部門)「[[当身技]]」・(第四部門)「(立ち)[[関節技]](手首関節や肘関節を捕っての立ち関節技や居取り技の投げや固め)」、の4種に再度分類し、「投技」・「固め技」の従来の乱取に対して、「当身技」・「関節技」によって行われる柔道の第二乱取法を提唱する。
 
富木は、嘉納の帰納した古い各流柔術に一貫する基本術理としての「柔道原理」を、「自然体の理」、「柔の理」、「崩しの理」の3つにまとめ、攻防の理論として、また「投技」「固め技」「関節技」「当身技」のわざをそれぞれの状況に当てはめる。
# 「攻防」に即応する、自在な姿勢の取り方として『自然体の理』 (変幻自在、臨機応変に、且つ「不動心」や「心身一如」「動静一如」の禅の心法に通じる「無構え」の思想)
# 「防御」の立場で、相手の攻撃を無効にする柔らかい働きかけとして『柔の理』 (「不敗の理」の柔軟な体の運用)
## 「組んで」相手の力を流す
## 「離れて」相手の斬突をかわしうける
# 「攻撃」の立場で、相手の姿勢のバランスを崩して勝機を「つくる」『崩しの理』 (古流柔術の技の本質・中心技法としての「倒すこと」と「抑えること」)
## 「組んで」相手の襟・袖(着物、服、又は手や首、胴、脚など)をつかんで崩す
## 「離れて」相手のあご・肘・手首に触れて崩す
* 相手の手首または前腕をつかむことによって、特にそのつかんだ腕をひねることによって相手の「姿勢」を崩す場合。「関節技」
* 相手の体、特に顔面に力を加えることによって相手の姿勢を「崩す」場合。「当身技」
崩しの理において富木は「つくり」と「かけ」をそれぞれ重視する。またその中で富木は、柔術における「「わざ」の大目的は「倒すこと」と「抑えること」の二つに帰することが出来る」とし、柔道の第一乱取、第二乱取のそれぞれの技の分類に当てはめる。
; 「倒すこと」の練習
* 第一の場合
*: 組みついてからかける「わざ」の練習であって、主として、お互いが襟・袖(着物、服、又は手や首、胴、脚など)に組みついて、足や腰のはたらきによる「わざ」を練習する。(腰技、足技など投技)
* 第二の場合
*: 離れて相手の打・突・蹴や武器の斬突を防ぎながらかける「わざ」の練習であって、主として、手刀(広義)のはたらきによる「わざ」を練習する。(当身技)
*: 倒すときに腕手首をとる。(関節技)
 
;「抑えること」の練習
* 第一の場合
*: [[寝技]]に属する「わざ」の練習であって、主として、相手を仰向けの姿勢に抑えることを練習する。(固め技)
* 第二の場合
*: 「座技」([[柔道形]]における居取り技)に属する「わざ」の練習であって、主として、相手を「うつ伏せ」の姿勢に抑えることを練習する。(関節技)
 
なお、富木は「当身技には二つの性格がある」、「一撃必殺の打・突・蹴の威力を発揮するもの」で「拳・手刀・肘・足などの鍛錬に重点を置く」(衝撃的破壊的なもの)、「相手の姿勢の「崩れ」に乗じて、一点の力の働きで相手を「倒す」」もの(柔らかい力の働きであるが、加えた力が持続的であることによって相手を「倒す」ことが出来る)があり、「「当身技」における二つの性格の相違は、その練習方法においても根本的に異なる」と説明する。<ref>『武道論』p.125 富木謙治著 大修館書店</ref>
 
また、富木は嘉納の言説における、「『柔道原理』で剣を使えば剣術となり、槍を使えば槍術となる」の思想から、「「柔道原理」の中には「剣道原理」も吸収されていることを意味する」とし、
 
# 目付
# 間合
# 刀法
 
を基とする「手刀」法の働きを持っても「柔道原理」を分析する。
 
富木は「柔道原理」の手刀法として、「相手の打・突・蹴や武器による斬突を、刀法の術理で防御するばかりでなく、相手が自分に「組み」つこうとするのを瞬間的にそれを止める働き、また、「組み」つかれてから、それを「離脱」するはたらきなど、すべて広い意味での「手刀」の働き」とした。<ref>『武道論』 富木謙治著 大修館書店</ref>
 
==== 巨人に対する技術の研究 ====
[[神田久太郎]]九段は「巨人に対する技術の研究」として、古流柔術各流派の中にあった「自分より大きい対手を組む前に投げる技」として「各流派の文献を見たり古流の先生方に聞いたりし」研究を進め、[[朽木倒し]]、[[双手刈り]]といった脚掴み技として整備し乱取技として完成させ、嘉納治五郎に認められ正式に柔道技に採用された<ref>『柔道』講道館刊・昭和32年5月号</ref><ref>『講道館柔道 投技 手技・腰技』「双手刈り」「朽木倒し」醍醐敏郎著 本の友社</ref>。また脚掴み技[[踵返]]は[[三船久蔵]]が編み出した技とされている<ref>『講道館柔道 投技 手技・腰技』「踵返し」醍醐敏郎著 本の友社</ref>。
 
==== 外国へ渡った柔道家====
また一方で嘉納の志向した武術としての柔道とは異なる流れとして、外国に渡り柔道普及活動の一環で異種格闘技を戦い名声を上げた[[谷幸雄]]や[[前田光世]]などの活躍もある。
<ref>『嘉納柔道思想の継承と変容』永木耕介 風間書房</ref>
 
== 近年における社会活動 ==
 
近年において講道館や全日本柔道連盟は、柔道修行者のマナー・モラルの乱れを受け止め、修心面での再生を目的として社会活動を行っている。
 
=== 柔道ルネッサンス ===
今後の活動は、2019年4月に[[井上康生]]が設立したNPO法人「JUDOs」が引き継いでいく。
 
=== {{seealso|全日本柔道連盟#柔道MIND ===}}
全日本柔道連盟は2014年4月1日に「柔道MINDプロジェクト特別委員会」を発足させている。
 
「MIND」は英語で「精神」「心」を指すとし、嘉納治五郎の教えの精神、柔道の心に立ち返ろうという気持ちが込めた意図での命名となっている。
また同時に「MIND」は4つの単語の頭文字をつなげたものを意図している。
 
M はManners(マナーズ)、礼節
 
I はIndependence(インディペンデンス)、自立
 
N はNobility(ノビリティ)、高潔
 
D はDignity(ディグニティ)、品格
 
これら4つの単語を連ねたことには、柔道を行う者はこれら4つのことを守ってこそ「柔道家」と呼ばれるに相応しいのだということを明確に示そうという狙いがあるとしている。
 
全柔連では前年2013年に立ち上げた、「暴力の根絶プロジェクト」による「暴力という負(マイナス)の部分をなくそう」という趣旨に含め、「礼節や品格などの正(プラス)の部分」を伸ばそうという意味合いを込め、「暴力の根絶プロジェクト」を「柔道MINDプロジェクト」特別委員会と名前を改め、活動内容も積極的に広げている。
 
暴力、暴言、セクハラ、パワハラ、不適切な指導をしない事などは柔道をする者にとって当然の事とし、「柔道MIND」を心がけることで、その先を目指し新しい柔道界を築くことを意図したものになっている。<ref>「柔道MINDプロジェクト特別委員会の発足について」公益財団法人全日本柔道連盟</ref>
 
== 柔道事故 ==