「軍部」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''軍部'''(ぐんぶ)は、最広義には[[陸軍]]・[[海軍]]・[[空軍]]など、[[国家]]が保有する[[軍隊]]全体を指していう言葉である。
 
この「軍部」が用いられるのは、[[文民]]政府との関係を論じる文脈で、軍部による政治介入、軍部[[クーデター]]による文民政府の倒壊、[[軍事]]専門職集団である軍部に対する[[文民統制]]、[[アジア]]・[[ラテンアメリカ]]の[[権威主義体制]]下における[[民主主義|民政移管]]移管など、いわゆる「'''[[政軍関係]]''' civil(civil-military relations relations)」を論じる場合である。
 
== 日本における軍部 ==
[[日本]]における狭義の軍部は、戦前の旧[[日本軍]]([[大日本帝国陸軍|旧日本陸軍]]及び[[大日本帝国海軍|旧日本海軍]])の上部組織、すなわち、[[陸軍省]]や[[海軍省]]・[[帝国陸軍参謀本部|陸軍参謀本部]]・[[海軍軍令部]]等を指す([[空軍]]は日本を含む多くの国で、登場したのが第二次世界大戦後)。
 
戦前期日本における軍部の制度的前提となったのは、軍部の政府からの独立性を保障した[[統帥権|統帥大権]]([[大日本帝国憲法]]第11条)、[[軍部大臣現役武官制]]、[[帷幄上奏]]などであった。
 
ただし、実際に軍部がその実体性を持ちうるようになったのは、[[三宅正樹]]によると、陸海軍が[[政党]][[政治家]]・[[官僚]]・[[重臣会議|重臣]]などの[[文民統制|文民]]政治勢力に対して自立性を高め、さらにはこれを圧倒する政治勢力として登場してきたときであり、最初はもっぱら文民政治勢力から批判と反感を込めて「軍部」という表現がしきりに用いられるようになったという(三宅、1983年、10頁以下)。
== 関連項目 ==
* [[軍事政権]]
* [[皇道派軍閥]]
* [[統制派]]
* [[艦隊派]]
* [[条約派]]
* [[国防省]]
* [[陸軍省]]
* [[海軍省]]
* [[防衛省]]
* [[アメリカ合衆国陸軍省]]
* [[アメリカ合衆国海軍省]]
* [[アメリカ合衆国空軍省]]
 
{{gunji-stub}}