「ピンクリボン (映画)」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: 「{{Infobox Film |作品名=ピンクリボン |原題= |画像= |画像サイズ= |画像解説= |監督=藤井謙二郎 |脚本= |製作= |製作総指…」)
 
|音楽=
|主題歌=
|撮影=[[藤井謙二郎]]
|編集=[[藤井謙二郎]]
|プロデューサー=[[浅井隆]]
|製作会社=[[アップリンク]]
『'''ピンクリボン'''』(''PINK RIBBON'')は、2005年5月14日公開の日本映画。[[藤井謙二郎]]監督、[[アップリンク]]製作配給によるドキュメンタリー作品<ref>{{cite web|url=https://eiga.com/movie/41362/|title=ピンクリボン|accessdate=2005年5月14日|date=2017/9/28|publisher=映画.COM}}</ref>。
== 略歴・概要 ==
公開当時年間約90本が製作され、一時は日本映画の3分の1に達していたという[[ピンク映画]]。予算は少ないものの、女性の濡れ場など一定の条件を満たせば比較的自由に制作でき、長年の助監督経験を経なければ監督にたどり着けない大手配給会社と比べ、積極的な若手監督の登用などで有望監督が頭角を現しやすくなっていたなど、日本映画界にとってそのその映画史的意義は決して小さくなく、現代日本映画史の裏側と言っても過言ではない<ref>{{cite web|url=https://movie.walkerplus.com/mv34783/|title=ピンクリボン|accessdate=2005年5月14日|date=2020/5/31|publisher=Movie Walker}}</ref>。
 
黒沢清や井筒和幸、若松孝二などピンク映画OB、撮影時点で進行形で関わる現場スタッフなどゆかりの人々へのインタビューを通して、彼らの映画への「知恵と情熱」。加えてその意義やジャンルの魅力に迫る。2002年に撮影が開始されており、ピンク映画40周年記念作品の意味あいも持っていた。
 
{{DEFAULTSORT:ひんくりほん}}
[[Category:20062005年の映画]]
[[Category:日本のドキュメンタリー映画]]
[[Category:映画に関するドキュメンタリー映画]]