「スーパーカセットビジョン」の版間の差分

特徴節を追記。性能の比較については#主な特徴が参考になるかと思いますので少々補足しておきます。
(特徴節を追記。性能の比較については#主な特徴が参考になるかと思いますので少々補足しておきます。)
そのため、ファミコンブーム(テレビゲームブーム)下でゲーム雑誌が乱立した時期にも関わらず、本機関連記事が取り上げられる雑誌は『[[ゲーマガ#Beep|Beep!]]』([[ソフトバンク]]刊)と『[[ゲームボーイ_(ゲーム雑誌)|ゲームボーイ]]』(マガジンボックス刊)の2誌のみだった。なお、『Beep』誌には特定店でリサーチした毎月のソフト売り上げランキングが毎号掲載されており、『ドラゴンボール ドラゴン大秘境』は発売後、ほぼ不動の一位を守り続けた。これはドラゴンボールの原作人気もあるが、他のソフトがあまり売れていなかった時期という実情もある。
 
本機のスペックは1984年当時のファミコン以外の競合機に比べればまだ順当な範疇ではあったが、いずれにせよファミコンが群を抜く高性能という状況には変わりなかった。本機はファミコンよりも1年ほど新しい機種でありながらファミコンより高性能な部分は単色の[[#主な特徴|後述する程度]]であり、ゲーム内容に関する表現力に限れば、ほぼスプライト表示のみでだけと言える。特にBG画面やBGM演奏の潜在能力はなおもファミコンが格段に優れていた。発売当初こそファミコンもまだ背景は単一色が当たり前でプレー中のBGMもまだ無いものが多かった時代<ref group="注">1984年夏時点でのファミコンはまだ[[ドンキーコングシリーズ]]、初代[[マリオブラザーズ]]、[[ピンボール (任天堂)|ピンボール]]あたりが売れ筋だった頃で、[[ギャラクシアン]]や[[ロードランナー]]などでサードパーティの参入がようやく始まったタイミングである。</ref>だったため、そうした欠点はあまり目立たなかったものの、発売後は次第にその性能差が目に付くようになっていった。しかしこの頃から[[ディスカウントストア]]が注目されるようになり、定価は同等ながらも品薄なファミコンに比べて性能の劣る本機やSG-1000(II)が安価に売られやすい傾向が生じ、次第にファミコンよりも下位機のような扱いになっていくことで一定の存在意義を維持する形になった。また玩具メーカーであるエポック社のゲームはファミリー向けのタイトルが中心で<ref name="famitsu" />、コンセプトからしてファミコンと競合していたことも向かい風だったが、結果的にスーパーカセットビジョンはファミコンが品薄のときに代用品として「よく売れた」<ref name="famitsu" />と言われる。しかし逆を言えば、ファミコンはそれを数段上回るペースで普及していったということに他ならない。その後すぐにカセットのROM容量が増大してファミコンがその高い性能を充分に発揮できるようになると、相対的に本機はその性能の限界を露呈する形となり、状況は一変する。1985年後半になると、ファミコンでは500万本以上を売り上げ社会現象を発生させ、決定的なキラーソフトとなった[[スーパーマリオブラザーズ]]が登場して急速にシェアが拡大。ファミコン本体も供給体制が整い潤沢に出回るようになったことで代替機としての需要も低下していたところへ、さらに本機とともに業界2番手を競っていたセガからはファミコンに匹敵する高性能機[[セガ・マークIII]]が登場したためスーパーカセットビジョンは劣勢に立たされた。この頃には既にBG画面とBGM性能がゲーム機の重要な機能として根付いており、これらの性能でまともに追従できなかった本機は比較的早い段階で陳腐化が始まる形になった。
 
エポック社も巻き返し策として
*最大128個表示できる[[スプライト (映像技術)|スプライト]]機能。
*本体にセレクト12キー(テンキー状に12個並んだセレクトボタン群)を装備。麻雀ゲーム等ではキーパネルの上に被せるシート([[オーバーレイ]])が付属していた。
*ハードウェア割込みによる半ば強制的なPAUSEキー装備<ref group="注">ただし後述のように、配置の問題からリセットボタンと押し間違えやすいというデメリットもある。</ref>
*RF出力の他にRGB映像出力端子標準装備。
<!--*高性能音声合成あり。(それは当時のライバル機もほぼ同じ)-->
などの欠点もあった。
 
上記の通り拡張端子が無かったため、周辺機器も発売されなかった。結果論ではあるがファミコンの[[ファミリーコンピュータ ディスクシステム|ディスクシステム]]の失敗例に見られるように大多数のユーザーにとってはROMカセットさえあれば用が済んだというのが当時の実状であり、追加メモリやバックアップが必要なゲームではファミコンと同じようにカセット内にRAMを追加して対応していた。一方でコントローラについては筐体を分解すれば脱着できなくはなかったが、別売りコントローラの類は<!--当時のエポック社の電話サービスによれば検討されてはいたようだったが-->結局商品化されなかった。後述のように発売時には主流と思われていたコントローラ形状(SG-1000やAtari 2800と同形状)が発売後に主流ではなくなったため、気軽に脱着できるポートが無い点はデメリットとなった可能性がある。また『ベーシック入門』というプログラミングソフトが発売されているが、キーボードもプリンタも外部記憶装置も用意されていなかった。なお、コマンドや文字の入力は本体のセレクト12キーやコントローラーを用いて一覧から選択する形で行い、ソースはカートリッジ内に記録できた。
 
BASICやRPGのように[[バッテリーバックアップ]]が必要な[[ROMカセット]]では単3乾電池×2本を採用し、ユーザーの手でバッテリの交換ができるようにされていた。その際、動作中にカセット内の電池を交換すれば記録内容は消えないと説明されている。ただし振動による端子の接触不良で誤動作する可能性があった。