「近鉄難波線」の版間の差分

近鉄による難波乗り入れ計画自体は古くから存在した。大阪府に対して初めて難波乗り入れを出願したのは前身の[[大阪電気軌道|大軌]]時代である[[1922年]] - [[1923年|23年]]頃であったが、この時は大阪市の異論によって実現しなかった。次に、[[1932年]] - [[1933年|33年]]頃にも再度申請を行ったものの、これも大阪市の反対により実現しなかった。しかし、近鉄奈良線の発展、沿線人口の増大、沿線各地と大阪市内間の交通量の激増に伴い、ターミナルを大阪都心の難波へ推進する必要は一段と強くなった<ref name="kensetsu">近畿日本鉄道株式会社『近鉄難波線 建設工事報告書』、1972年9月発行</ref>。
 
そこで、近鉄は[[1946年]]に阪神電気鉄道と共同で新たに大阪高速鉄道株式会社(旧社名が大阪モノレールを運営す高速鉄道であ現在の[[大阪高速鉄道モノレール]]とは無関係)の設立を企図し、大阪市内の東西貫通高速鉄道線として軌道法により[[鶴橋駅|鶴橋]] - [[大阪難波駅|難波]] - [[野田駅 (阪神)|野田]]間の軌道敷設特許を申請した。これは、当時戦災によって廃墟となった大阪市内にその瓦礫を使って築堤し、市内を貫通する高架高速鉄道を建設しようとするユニークな構想に基づくものであったが、大阪市は市域交通は市営によるべきと反対の意見を表明した([[市営モンロー主義]])<ref name="kensetsu" />。
 
しかし延長線建設の必要性はますます強くなり、阪神及び近鉄は1946年以降に[[直通運転|相互乗り入れ]]のため[[大阪上本町駅|上本町]] - [[大阪難波駅|難波]] - [[千鳥橋駅|千鳥橋]]間の新線を計画した。その後、近鉄難波線敷設免許の申請は数次にわたる変更があり、路線も当初大部分が高架式であったものが全線地下鉄へと変わった<ref name="kensetsu" />。この計画が、都市交通審議会答申3号で盛り込まれ、[[1958年]]に[[運輸省]]の免許を受け、近鉄創業以来の[[ターミナル駅|ターミナル]]である大阪上本町駅から、大阪・[[ミナミ]]の中心部である[[難波]]まで建設された。