「Cksum (UNIX)」の版間の差分

編集の要約なし
cksumコマンドは[[Single UNIX Specification]] ({{en|IEEE Std 1003.1-2008}}) で定められている。
 
{{en|check sum}}('''[[検査合計]]''') という英語に由来する名前ではあるが,実際単純なチェックサムではなく巡回冗長検査を算出する。
 
== 使用法 ==
 
出力は,巡回冗長検査及び各ファイルの容量である{{sfn|OG}}{{rp|at=STDOUT}}。
巡回冗長検査には[[巡回冗長検査#主な標準CRC|幾つか変種]]がある]]が,cksumコマンドは[[国際標準化機構]]及び[[国際電気標準会議]]が'''ISO/IEC 8802-3''':1996「情報技術――システム間の遠距離通信及び情報交換-局所及び都市圏ネットワーク-特定の要件-3部: 衝突検出 (CSMA/CD) アクセス手法を用いた媒体検知多重アクセス及び物理層の仕様」{{efn|2019年現在,本規格は三度の改訂を経て'''ISO/IEC 8802-3''':2017「情報技術-システム間の遠距離通信及び情報交換-局所及び都市圏ネットワーク-特定の要件-3部: イーサネット標準」となっている<ref>{{cite web
|title=ISO - ISO/IEC/IEEE 8802-3:2017
|publisher=[[国際標準化機構]]
|url=https://www.iso.org/standard/72048.html|accessdate=2019-09-04
}}</ref>が,cksum側の仕様書では「情報技術――システム間の遠距離通信及び情報交換-局所及び都市圏ネットワーク-特定の要件-3部: 衝突検出 (CSMA/CD) アクセス手法優先し用い媒体検知多重アクセス及び物理層の仕様」}}で定めるCRC誤り検出に用いられる[[多項式]]に基づいている{{sfn|OG}}{{rp|at=DESCRIPTION}}。
多項式は以下の通り:
: {{math|G({{mvar|x}}) {{=}} {{mvar|x}}{{sup|32}} + {{mvar|x}}{{sup|26}} + {{mvar|x}}{{sup|23}} + {{mvar|x}}{{sup|22}} + {{mvar|x}}{{sup|16}} + {{mvar|x}}{{sup|12}} + {{mvar|x}}{{sup|11}} + {{mvar|x}}{{sup|10}} + {{mvar|x}}{{sup|8}} + {{mvar|x}}{{sup|7}} + {{mvar|x}}{{sup|5}} + {{mvar|x}}{{sup|4}} + {{mvar|x}}{{sup|2}} + {{mvar|x}} + 1}}
44

回編集