「Cksum (UNIX)」の版間の差分

数式をTeXに
(数式をTeXに)
}}</ref>が,cksum側の仕様書では「情報技術――システム間の遠距離通信及び情報交換-局所及び都市圏ネットワーク-特定の要件-3部: 衝突検出 (CSMA/CD) アクセス手法を用いた媒体検知多重アクセス及び物理層の仕様」}}で定めるCRC誤り検出に用いられる[[多項式]]に基づいている{{sfn|OG}}{{rp|at=DESCRIPTION}}。
多項式は以下の通り:
: {{<math|>G({{mvar|x}}) {{=}} {{mvar|x}}{^{sup|32}} + {{mvar|x}}^{{sup|26}} + {{mvar|x}}{^{sup|23}} + {{mvar|x}}^{{sup|22}} + {{mvar|x}}{^{sup|16}} + {{mvar|x}}^{{sup|12}} + {{mvar|x}}^{{sup|11}} + {{mvar|x}}^{{sup|10}} + {{mvar|x}}{^{sup|8}} + {{mvar|x}}^{{sup|7}} + {{mvar|x}}^{{sup|5}} + {{mvar|x}}^{{sup|4}} + {{mvar|x}}^{{sup|2}} + {{mvar|x}} + 1}}</math>
 
== 実装例 ==
44

回編集