「遠国奉行」の版間の差分

m
 
=== 新潟奉行 ===
[[天保]]14年(1843年)に天領となった[[新潟市|新潟]]周辺の地域を支配するため新設。初代新潟奉行は[[川村修就]]。設置の理由は日本海交通の要衝である[[新潟港]]の管理であった。その後、開国に当たり新潟が開港地となったため、その重要性が増した。
 
新潟に駐在し、その民政や、出入船舶の監視、密貿易の取り締まり、海岸警備、海防強化が役務であった。老中支配で、1,000石高、役料1,000俵、慶応3年(1867年)には石高にかかわらず役金2,000両となった。定員1名。