「VLS」の版間の差分

69 バイト追加 、 10 か月前
m
タグ: 2017年版ソースエディター
{{出典の明記|date=2016-11-09}}
[[ImageFile:US Navy 020125-N-0000X-001 SM-3 Launch from CG 70.jpg|thumb|250px300px|right|[[ミサイル巡洋艦]]「[[レイク・エリー (ミサイル巡洋艦)|レイク・エリー]]」から垂直発射される[[RIM-161スタンダード・ミサイル3|SM-3弾道弾迎撃ミサイル]]。ミサイル後方に見える壁状の炎は、セル内から側面に逃がされた排気が吹き上がったもの。]]
[[ImageFile:A Crane lifts an Evolved Sea Sparrow Missile (ESSM) aboard the guided missile destroyer USS McCampbell.jpg|thumb|250px|right|Mk 41の垂直発射セルへの[[ESSM]]装填]]
'''VLS'''(Vertical Launching System、ヴァーティカル ローンチング システム)は、[[潜水艦]]を含む[[軍艦|艦艇]]に使用される[[ミサイル]]発射システム。[[日本語]]では'''垂直発射システム'''または'''垂直発射装置'''と訳される。
発射装置にはある程度の斜角度が付いている場合もあり、狭義の「垂直」ではない機種もある。
 
== ミサイルの発射方法 ==
[[File:VLS MK41 Missile Launch.gif|thumb|250px|right|Mark 41 VLSからのホットローンチの模式図]]
セル内でミサイルに点火して発射する方式を''ホットローンチ、''ミサイルとは別の[[ガス発生器]]で生成されたガスの圧力で射出し空中でミサイルに点火する方式を''コールドローンチと呼ぶ。''コールドローンチはロケットエンジンの排気と比較して''相対的に''冷たい事を意味するだけで、発射時に生じる温度の高低では区別しない。
 
[[File:US Navy 090825-N-1522S-020 A Tactical Tomahawk Cruise Missile launches from the forward missile deck aboard the guided-missile destroyer USS Farragut (DDG 99) during a training exercise.jpg|thumb|left250px|uprightright|アメリカ海軍の Mark 41のトマホークのホットローンチ式発射|代替文=]]
ホットローンチ式はミサイルが自分のエンジンでセル外部へ出て行くため、ガス発生器など付属装置が不要になる。部品点数が少ないため信頼性が高く小型軽量で、開発と製造にかかる費用も少ない。これは小型のミサイルを多数搭載する設計に有利となる。欠点として、ミサイルや排気装置が誤作動を起こした場合、発射管を焼損する危険がある。
 
== 各国のVLS ==
{{USA}}
[[ImageFile:VLSFarrgut.jpg|thumb|250px|right|Mk 41発射機上面の垂直発射セルの蓋]]
; Mk 41
: [[スタンダードミサイル|SM-1/2]]/[[RIM-161スタンダード・ミサイル3|3]]/[[RIM-174スタンダードERAM|6]]、[[RUM-139 VLA|垂直発射型アスロック]]、[[トマホーク (ミサイル)|トマホーク]]、[[ESSM]](発展型[[シースパロー (ミサイル)|シースパローミサイル]])など、さまざまな用途のミサイルを発射できる。1基8セルで構成され、1基、2基、4基、8基つなげて配置される。初期に生産されたものは、3セルを装填用クレーンスペースとして割り当てていた(8基の場合は61セル、4基の場合は29セル)。
; Mk 57
: 新型VLSでPVLS(Peripheral Vertical Launch System)と呼ばれる。Mk 41同様様々な用途のミサイルを発射する事が可能。[[ズムウォルト級ミサイル駆逐艦]]に搭載されている。
[[ImageFile:USS_Santa Fe (SSN-763) VLS doors open.jpg|thumb|250px|right|ロサンゼルス級搭載のMk 45、開口された状態]]
; Mk 45
: [[潜水艦]]搭載型VLSで[[ロサンゼルス級原子力潜水艦|ロサンゼルス級]]「[[プロビデンス (原子力潜水艦)|プロビデンス]]」以降の艦と[[バージニア級原子力潜水艦|バージニア級]]の前部に搭載されている。
{{-}}
{{FRA}}
[[ImageFile:FS CDG aster.jpg|thumb|250px|right|[[原子力空母]]「[[シャルル・ド・ゴール (空母)|シャルル・ド・ゴール]]」のSYLVER(A-43)]]
; SYLVER
: A-43、A-50、A-70の三種あり、数字が大きくなるほど搭載可能なミサイルは長くなる。A-43、A-50は[[アスター (ミサイル)|アスター]][[艦対空ミサイル|SAM]]用、A-70は対地巡航ミサイル[[SCALP-EG/ストーム・シャドウ|SCALP Naval]]用。コールドローンチ方式を採用している。
{{-}}
{{UK}}
[[ImageFile:Defence Imagery - Missiles 10.jpg|thumb|250px|right|[[23型フリゲート]]搭載のVLS]]
; [[シーウルフ (ミサイル)|シーウルフ]]用VLS(GWS26)
: [[艦対空ミサイル#個艦防空ミサイル|個艦防空ミサイル]]。箱型[[ランチャー]]で運用されていたミサイルにブースターを追加したものをVLS型とし、専用のVLSより運用されている。VLSは円筒形の1本1本独立した発射機を組み合わせ、8本で1基を構成している。
{{-}}
{{ISR}}
[[File:BarakShooting.jpg|thumb|250px|right|[[サール4.5型ミサイル艇]]搭載のVLSから発射されるバラク-I]]
; [[バラク (ミサイル)|バラク]]用VLS
: 個艦防空ミサイル用バラク-Iは、当初よりVLSでの運用を前提に開発された。1基8セルで構成される。
{{-}}
{{SSR}} / {{RUS}}
[[ImageFile:SA-N-6 Launchers on Marshal Ustinov crop.jpg|thumb|250px|right|[[スラヴァ級ミサイル巡洋艦#055 マールシャル・ウスチーノフ|マールシャル・ウスチーノフ]]の[[S-300 (ミサイル)|S-300F]]発射機]]
[[File:International Maritime Defence Show 2011 (377-9).jpg|thumb|250px|right|3S-14U]]
; B-203/B-204([[S-300F フォールト]]用)
: [[艦対空ミサイル#艦隊防空ミサイル|艦隊防空ミサイル]]システム。8発1セット回転式のVLSで、コールドローンチ方式を採用している。[[NATOコードネーム]]ではSA-N-6 グラムブル(Grumble)と呼ばれた。
: [[HQ-9 (ミサイル)|HQ-9]]艦隊防空ミサイル用。054A型フリゲート(江凱-II型)搭載のHHQ-16中距離艦対空ミサイル用を拡大したような外形。HHQ-9以外にも、艦対艦ミサイルや対潜ミサイル、対地巡航ミサイルの運用にも対応した汎用型となっている。
{{ZAF}}
[[File:Umkhonto 4.jpg|thumb|250px|thumbright|[[ヴァラー級フリゲート]]の専用VLSから発射されるウムコント]]
; [[ウムコント (ミサイル)|ウムコント]]
: 個艦防空ミサイル。搭載するミサイルには[[赤外線]]誘導のウムコント-IRとレーダー誘導のウムコント-Rの2バージョンがある。8セルで1セットを構成する。