「記譜法」の版間の差分

 
== グラフィックによる記譜法 ==
[[現代音楽]]などで五線による記譜法が不可能な場合に良く用いられる。例としては[[シルヴァーノ・ブッソッティ|ブソッティ]]などの諸作品、[[アレックス・エッケルト]]の作品、[[ペーター・ホッホ]]の作品、[[モートン・フェルドマン]]の諸作品、[[ジョン・ケージ|ケージ]]、[[カールハインツ・シュトックハウゼン|シュトックハウゼン]]の「七つの日々から」、[[ミヒャエル・フェッター]]の諸作品、[[アネスティス・ロゴテティス]]などが挙げられる。いずれも五線のような正確な演奏は望めなく、おおよそでやる[[即興演奏|即興音楽]]的な性格がとても強い。また、拍節がない分、[[クロノメトリカル]]な[[拍]]の表現に適している
 
{{Commonscat|Musical notation}}
41

回編集