「菊地恭一」の版間の差分

編集の要約なし
高校卒業後は、[[社会人野球]]の[[東芝硬式野球部|東芝]]に入社。[[都市対抗野球]]の常連として活躍し、[[社会人ベストナイン]]にも2度選出される。[[1978年]]の[[第49回都市対抗野球大会|都市対抗野球]]では3本塁打を放ち、チームの優勝に貢献。同年の[[1978年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|プロ野球ドラフト会議]]で[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテオリオンズ]]から2位指名を受けるが入団を拒否し、チームに残留。この時の3位指名が[[落合博満]]だったが、社会人時代は[[東芝府中硬式野球部|東芝府中]]所属だった落合よりも菊地の方が評価が高かった。[[1981年]]の[[第52回都市対抗野球大会|都市対抗野球]]でも2試合連続本塁打を放ち準優勝。同年の[[1981年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|プロ野球ドラフト会議]]で[[横浜DeNAベイスターズ|横浜大洋ホエールズ]]から2位指名を受け、「(1981年にパ・リーグ首位打者を獲得した)落合さんがあれだけやれるなら」とプロ入りを決意する。
 
[[社会人野球|社会人]]時代は[[IBAFワールドカップ|アマチュア野球世界選手権]]に3回、[[IBAFインターコンチネンタルカップ|インターコンチネンタルカップ]]で、全に2回出場。日本代表4打者を任されたこともあり、当時大洋監督就任が噂されていた[[長嶋茂雄]]が菊地を非常に買っており、それで大洋も獲得したと言われている。
 
社会人有数の長距離打者であり大いに期待され、1年目の[[1982年]]から一軍デビューするも、木製バットやプロの[[変化球]]に対応する事が出来ず打撃成績が低迷、肩が弱いこともあって一軍に定着できなかった。[[1987年]]限りで現役を引退。