「日テレグループ企画」の版間の差分

[[1979年]]に[[日本テレビ]]制作技術局映画部が分離独立する形で'''株式会社NTV映像センター'''として設立され、番組制作を行っていた。
 
[[2007年]]4月のグループ会社再編に伴い、[[日本テレビエンタープライズ]]、[[日本テレビビデオ]]、[[日本テレビアート]]との吸収分割により重複業務の整理が行われ、'''株式会社日テレ・グループ・ホールディングス'''へ社名を変更。[[日テレ・テクニカル・リソーシズ]](技術部門。新設)、[[日テレアックスオン]](制作部門。1970年設立の日本テレビビデオより改名)、[[日テレイベンツ]](イベント部門。1975年設立の日本テレビエンタープライズより改名)、[[日本テレビアート]](美術部門。1967年に設立、究美企画→1991年よりNTVアートセンター→1996年より現社名)を束ねる[[中間持株会社]]となった。この際、代表取締役会長に[[間部耕苹]](前職は日本テレビ代表取締役相談役・元同社長)、同社長に[[徳市慎治]](前職は日本テレビ執行役員[[バップ]]代表取締役会長)が就任。NTV映像センター代表取締役社長だった[[吾妻光良]]は[[日テレ・テクニカル・リソーシズ]]代表取締役社長に就任。他3社の代用取締役会長及び同社長はそれぞれ前身会社の同職者が就任。
 
[[2012年]][[10月1日]]に日本テレビが[[放送持株会社]]の[[日本テレビホールディングス]]発足に伴い、'''株式会社日テレグループ企画'''へ社名を変更。中間持株会社から地方制作プロダクションの経営関連業務に携わる事業会社となり、傘下だった4社は日本テレビホールディングスの子会社に移行<ref>{{PDFlink|[http://www.ntv.co.jp/info/news/657.pdf 日本テレビ放送網株式会社、株式会社BS日本及び株式会社シーエス日本などの認定放送持株会社への移行(会社分割、簡易株式交換及び商号変更)による経営統合に関する基本合意書の締結並びに日本テレビ放送網株式会社の子会社(分割準備会社)の設立についてのお知らせ]}}(日本テレビ放送網株式会社等プレスリリース、2012年3月30日閲覧)</ref>。日テレ・グループ・ホールディングス代表取締役社長だった[[舛方勝宏]]は会長・日本テレビホールディングス取締役(非常勤)に就任(同時に兼務をしていた傘下4社などの役職を辞任)。
159

回編集