「呂範」の版間の差分

タグ: 2017年版ソースエディター
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[劉備]]が京城を訪問すると、孫権に劉備をこのまま留め置くように進言したが、聞き入れられなかった。孫権は[[関羽]]を討伐するとき、呂範の家を通して「昔の早くに卿の言葉に従っておれば、この苦労は無かった。今から遡上してこれを取るゆえ、卿は我が為に建業を守ってくれ」と言った。
 
関羽を破って間も無く、孫権は[[鄂城区|武昌]]に遷都し、呂範を建威将軍・宛陵侯・丹陽太守に任命し、建業に役所を置かせ、扶州から海までの地域の指揮守備を任せた。奉邑も以前のものは召し上げ、代わりに溧陽・懐安・寧国を与えた。
 
 
[[222年]]に[[濡須口の戦い|魏が三路から侵攻してきた]]際には、曹丕は宛に進駐し、自ら親征軍を指揮して曹休・曹真・曹仁らに加勢した。孫権は呂範らに五軍(2~3万人)の指揮を任せ、水軍にて曹休らを防がせ、[[徐盛]]・[[全琮]]・[[孫韶]]らを率いて洞口で[[魏 (三国)|魏]]の[[曹休]]・[[張遼]]・[[臧覇]]らの九州の26軍(10万人以上)と対峙した。[[前将軍]]に昇進し、仮節を与えられ、さらに[[南昌]]侯に改封された。しかし、船団が暴風雨に襲われ、船は相次いで転覆し、船は曹休らの軍営に流された。曹休は張遼・臧覇・賈逵・王凌らと共に呂範の船団を破り、数千人が戦死・溺死した。呂範が敵軍と戦っている際、孫朗は呂範の命に背いて火を用い、軍用資材を焼失する失策を犯す呂範は水軍を指揮して孫朗と敗軍を収容して江南に送り返され、自分残って指揮を続ける(洞口の戦い)。曹丕は魏軍に命じて急いで渡江させ、その際に賀斉の船団が洞口に到着すると、壊滅した呂範が残って指揮続け(『建康実録』)、残っ賀斉軍が補填し諸将達と共に。呉軍は賀斉の軍団で魏軍を破りに対して撃ち返し、洞口の戦線を維持することに成功した。後に呉軍は到着し呂範が残っ賀斉の水軍諸将達と共よって魏軍を追撃し破り、勝利に乗じて曹休と張遼などを打ち破ると、魏軍を敗退させる(『建康実録』)。洞口から江東に凱旋した呂範は、この功績により[[揚州 (古代)|揚州]]牧も拝領した。
 
[[228年]]に[[大司馬]]に昇進するも、印綬の授与を待たずして死去した。孫権は哭礼し、印綬を遺族の元に追贈した。さらに、都が建業に戻った後に呂範の墓を訪れ、字で呼びかけると涙を流しつつ追悼したという。長男は早くに亡くなっており、次男の呂拠が跡を継いだ。
15

回編集