「ドルフィン (ヴァイオリン)」の版間の差分

m
リンク追加
m (リンク追加)
m (リンク追加)
「ドルフィン」という名前は、19世紀に楽器商のジョージ・ハートが虹色に輝く裏板の外観から[[イルカ]](=ドルフィン)を連想したことから名付けた。単に「1714年製[[ストラディバリウス]]」と呼ばれることもある。
 
[[アラード=バロン・ヌープ]]([[1715年]])、[[メシア ストラディバリウス|メサイア]]([[1716年]])と並んで、「[[三大]]ストラディバリウス」の一つとされることがある{{citation needed|reason=Who said?|date=6 June 2020}}。
 
== 参考文献 ==