「柔道」の版間の差分

m (句点移動)
固技(抑込技、絞技、関節技)の勝ち方には次の3つがある(講37条、38条、39条)。
 
1つ目は、抑込技で、国際規定では相手の背、両肩または片方の肩を畳につくように制し、相手の脚が自分との間に入っていない、相手の脚によって自分の身体、脚が下から挟まれていない場合、抑え込みが成立する。抑え込まれている者が脚を上から挟んだ場合は講道館規定では「解けた」とならないが国際規定では「解けた」となる。全柔連発行の『2018年~2020年国際柔道連盟試合審判規定』ではこのルールを説明する写真画像が2枚あるがともに下から脚を挟んだものになっている<ref>{{Cite web |date= |url= https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2018/09/b9503aa6efbe0dc222359ed70050249c.pdf|page=28|format=pdf|title=2018年~2020年国際柔道連盟試合審判規定 |website=全日本柔道連盟|location=日本 |accessdate=2020-06-03 |quote=|auther=}}</ref>。抑え込みが「解けた」とならないで、20秒経過すると「一本」になる(講道館規定では30秒)。但し、先に(投げ技、固め技の)「技あり」スコアを持っていれば、10秒経過すると「技あり」で「合わせて一本」になった(講道館規定では25秒)。同様に一定時間の抑込技で以下のように技が判定される<ref name="規定"/><ref name="jiji"/><ref name="ijf"/>。
 
: 一本:20秒間(講:30秒間)抑え込んだ場合。
* [[2009年]](平成21年)10月 - 国際規定において[[双手刈]]・[[朽木倒]]等の脚掴み技を制限(禁止ではない)。1度目は指導、2度目は反則負けに。
* [[2010年]](平成22年) - 国際規定「抱きつき」 (bear hug) を規制<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20100906-OYT1T00873.htm いきなり抱きつく攻撃はダメ、柔道に新ルール] [[読売新聞]] 2010年9月6日</ref>。脚掴み技を1度目で反則負けに<ref>{{PDFlink|[http://www.judo.or.jp/article/1336-newrule2010/attach/2010newijfrule0318.pdf 国際柔道連盟(IJF)試合審判規定改正]}}</ref>。
* [[2013年]](平成25年) - 2013年2月の[[グランドスラム・パリ2013|グランドスラム・パリ]]から8月の[[2013年世界柔道選手権大会|リオデジャネイロ世界選手権]]までの期間、国際規定において畳上1人審判制、ピストルグリップやクロスグリップや帯を持った場合は即座に攻撃しなければ指導が与えられる変則組み手や組み手争いに対する罰則強化、襟や袖を持たない手腕で帯から下を掴む行為脚掴みの全面禁止、旗判定の廃止、抑込技の時間短縮、抑込技[[裏固]]復活などの大幅なルール改正案が試験導入されることに決まった。この結果を検証して、正式導入されるか改めて協議されることになる<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKF0486_Q2A131C1000000/ 柔道国際大会、1人審判を試験導入へ 連盟会長が明言] [[日本経済新聞]] 2012年11月30日</ref><ref>[http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20121210-OYT1T01421.htm 柔道、「脚取り」全面禁止へ…国際大会新ルール] [[読売新聞]] 2012年12月10日</ref><ref>[http://www.intjudo.eu/upload/2012_12/09/135504772881923998/v_eng_refeeing_rules_2013_2016.pdf ENG-Refereeing-Rules-2013-2016]</ref>。
* [[2014年]](平成26年) - 2014年1月の[[コンチネンタルオープン]]から新たな[[国際柔道連盟|IJF]]試合審判規定が導入されることになった<ref name="規定"/><ref>[http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2013112800977 女子は4分間に短縮=柔道新規則] [[時事通信]] 2013年11月28日</ref>。相手の片腕と頭部を両腕で抱える肩三角グリップに立ち姿勢でなった場合は「待て」に。寝姿勢でも肩三角グリップから相手の胴を両脚で挟んだら「待て」に。立ち姿勢、寝姿勢の区別が変更に。背か腹か両手腕両膝を畳についていなければ立ち姿勢の相手が直ちに投げられればスコアの対象に。この時も立ち姿勢の相手への脚掴みも禁止。膝をついてる相手の後頭部や背に脚を掛けて返して背を着かせた場合は[[上四方固#横三角固|横三角固]]などの固め技とみなされ投げ技のスコアは与えられない。両者が両膝をついてる場合は寝姿勢あつかいのまま。
* [[2015年]] - [[グランドスラム・東京2015]]男子81 kg級準決勝戦で[[永瀬貴規]]が脚掴みで反則負けとなるが、のちに帯の外に出た相手の裾しか掴んでおらず、誤審ということになった<ref>[http://www.sanspo.com/sports/news/20151206/jud15120605040002-n1.html 永瀬、準決勝で魔さか反則負け…意地の銅でリオ五輪代表は内定/柔道] [[サンケイスポーツ]] 2015年12月6日</ref><ref>[http://www.asahi.com/articles/ASHD53DRZHD5UTQP002.html 永瀬、韓国選手に不可解な反則負け! 審判長は謝罪] [[朝日新聞]] 2015年12月6日</ref><ref>[http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/480747/ 【柔道グランドスラム誤審騒動】“被害者”永瀬の師匠は怒り収まらず] [[東京スポーツ]] 2015年12月8日</ref>。
* [[2016年]] - 国際規定において立ち姿勢で肩三角グリップから「待て」を無視して投げた場合は反則負けに。
* 2016年 - [[2016年リオデジャネイロオリンピックの柔道競技|リオデジャネイロオリンピック]]女子57 kg決勝戦で[[ラファエラ・シルバ]]が袖を持った腕の肘で相手の脚を掬って技ありを取るが脚掴みの反則ではないか、と騒動になる。IJFは反則ではない、と見解を示す。
* [[2017年]](平成29年)までに国際規定において投げ技で両肘または両手で着地した場合、技ありに。片肘、臀部、または膝で着地したのち続いて直ちに背中をついた場合、技ありに。
* [[2017年]](平成29年) - 国際規定において以下のような新ルールが適用されることになった。男子の試合時間は女子と同じく4分間になった。有効が廃止されて技のスコアは一本と技ありのみ。技ありは従来の「有効」を含むため、いくら取っても一本にはならない(技あり合わせて一本の廃止)。本戦で技のスコアが入らない場合は例え指導を取っていても勝利にはならず[[ゴールデンスコア方式]](以下GSと表記)に突入する。GSでは技のスコアか、本戦終了時の指導数の差に変化が生じた時に決着する。ただし、本戦終了時点で、与えられた指導が多かった選手がGSにおいて相手の指導により勝利するためには、相手が2回、もしくは3回連続で指導を受けることが必要となる。指導は3度取られると反則負け。脚掴みは1度目が指導、2度目が反則負けに戻る。また、[[マウスピース]]の装着が認められることになった<ref name="jiji"/><ref name="ijf"/><ref>[http://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2017/03/ce52948bab3c7eecd73931288d15662d-1.pdf 国際柔道連盟試合審判規定(2017-2020)改正の要点]</ref><ref>[http://www.judo.or.jp/p/40542 【審判委員会】大会におけるマウスピース(マウスガード)の装着について(通達)]</ref>。
** 立ち姿勢の相手の上衣の裾を故意に帯から出す行為も指導に。
** 脚掴みは通常の指導に変更される。(脚掴み指導2回での「反則負け」の廃止)
** 相手の襟や袖を持った手腕での動作は脚掴みの反則の対象とならないことを明らかにした<ref>[https://www.ijf.org/news/show/detailed-explanation-of-the-ijf-judo-refereeing-rules Detailed Explanation of the IJF Judo Refereeing Rules effective from 01 January 2018]</ref>。
** 相手の上衣をしっかり手で握っていない触っただけの後の「抱きつき」も指導に。
** [[背負落]]、両袖を持った[[袖釣込腰]]、両手で襟を持った[[腰車]]などの際、頭から畳に突っ込むヘッド・ディフェンスも故意でなければ両者とも反則とはならない。