「リサジュー図形」の版間の差分

→‎リサジュー図形: リンクを追加
m (→‎top: 2009年11月18日 (水) 07:34 に書かれた「順序対」という用語による説明を書き換え。用語が浮いて文が通っていなかったと思います。)
(→‎リサジュー図形: リンクを追加)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
[[画像:Lissajou2.png|320px|left|リサジュー曲線の例]]
</div>
'''リサジュー図形'''(リサジューずけい、Lissajous figure)あるいは'''リサジュー曲線''' (Lissajous curve) とは、互いに直交する二つの[[単振動]]を合成して得られる平面図形のこと。“リサージュ”と表記されることもある<ref>このように表記に揺れがあるが、例えば長倉三郎他(編)『岩波理化学辞典第5版』岩波書店 ISBN 978-4000800907 での見出しは「リサジュー図形」である。</ref><ref>「リサージュ」となっている例として、木田祐司 ほか16名(著)『改訂版 [[数学C]]』 [[数研出版]] [[平成19年]]3月15日検定済([[文部科学省]]検定済教科書/[[高等学校]]数学科用)p.93には「リサージュ曲線」とあることなどがあげられる。</ref>。それぞれの振動の振幅、振動数、[[初期位相]]の違いによって、多様な曲線が描かれる。振動数の比が[[無理数]]の場合は[[閉曲線]]にはならず、軌道は有限の[[平行四辺形]]領域を稠密に埋める。
 
[[1855年]]に[[フランス]]の物理学者{{仮リンク|ジュール・アントワーヌ・リサジュー|fr|Jules Antoine Lissajous}} (J.A. Lissajous, 1822年-1880年) が考案したとされ、これらの曲線族の呼び名は彼の名にちなむ。また、これらの曲線族について[[1815年]]に{{仮リンク|ナサニエル・バウディッチ|en|Nathaniel Bowditch}} (Nathaniel Bowditch) の先行的な研究が見られるため、'''バウディッチ曲線(ボウディッチ曲線)'''と呼ばれることもある。
156

回編集