「柔道」の版間の差分

2,818 バイト追加 、 2 か月前
:;注意
::頸部以外を絞める
:::[[胴絞]]は両脚を伸ばして絞めている場合は反則で胴に脚を絡めてるだけでは構わない
:::相手の襟を持たない自分の指、拳や自分の裾、帯で首を絞める
:::相手の腕を中に入れずに両脚で首を絞める
::寝技に引き込んでよい条件を満たさずに寝技に引き込む
::など
::帯や上衣の裾を相手に1周以上巻き付け括る
::帯より下の帯と一緒ではない裾掴みを含む脚掴み
::相手の胴([[胴絞]])、頸、頭を自身の両足を交差し、自身の両脚を伸ばして絞める([[三角絞]]は頸と腕を絞めているので対象外)
::頸部以外を絞める
::相手の襟を持たない自分の指や自分または相手の裾、帯で首を絞める(書籍『柔道のルールと審判法』は拳での絞めも指を使っていると解釈すべきだろう、としている<ref name=大修館書店拳>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史|edition=初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|page=158}}</ref>)
::寝技に引き込んでよい条件を満たさずに寝技に引き込む
::絞め技・関節技のさい、過度に相手の脚を伸ばす
::自身及び相手の上衣の裾を故意に帯から出す
:::全柔連の訳では「相手の」は含んでいない<ref>{{Cite web |date=2018-09-05 |url= https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2018/09/b9503aa6efbe0dc222359ed70050249c.pdf|page=35|format=pdf|title=2018年~2020年国際柔道連盟試合審判規定 |website=全日本柔道連盟|location=日本 |accessdate=2020-06-07 |quote=故意に自身の柔道衣(裾部分)を帯から出す。|auther=}}</ref>
::など
 
* [[1985年]] - 講道館試合審判規定改正。女子で[[蟹挟]]が禁止となった<ref name=大修館書店/>。罰則は「警告」となった。
* [[1989年]] - 講道館試合審判規定改正。成年男子でも蟹挟を各大会主催者の判断で禁止することが可能に<ref name=大修館書店/>。罰則は「警告」となった。
* 1993年 - 国際規定で講道館規定に合わせる形で柔道衣を口で噛む行為が指導に<ref name=大修館書店噛む>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史|edition=初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|pages=3-4}}</ref>。
* [[1995年]](平成7年) - 講道館試合審判規定改正。女子も男子に合わせ一部の大会を除き原則、見込み一本はとらなくなった。
* [[1994年]]までに<ref name=格通>{{Cite journal |和書|author=若林太郎 |authorlink= |title=[[全日本柔道選手権大会]] |date=1994-6-23 |publisher=[[ベースボール・マガジン社]] |journal=[[格闘技通信]] |volume=9 |issue=14 |naid= |pages=120 |ref= |quote =金野が得意の・国際ルールでは禁止}}</ref>または[[1998年]]<ref name=大修館書店>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史 |edition=初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|page=25157}}</ref>、国際規定での重大な違反の一つ「特に頸や脊椎・脊髄など、相手を傷つけたり危害を及ぼしたり、あるいは柔道精神に反するような動作をする。」の附則で男女で蟹挟は禁止技となった(2018* [[1995年]](平成7、本則に明記 - 講道館試合審判規定改正女子も男子に合わせ一部の大会を除き原、見込み一本「反則負け」らなくなった。
* [[1997年]](平成9年) - IJF総会で[[カラー柔道着]]導入可決。国際規定改正。関節技などで脱臼、骨折の場合は主審がまだ戦闘能力があると見なされれば一本はとらないことになった。
た(2018年、本則に明記)。罰則は「反則負け」となった。
* [[1994年]]までに<ref name=格通>{{Cite journal |和書|author=若林太郎 |authorlink= |title=[[全日本柔道選手権大会]] |date=1994-6-23 |publisher=[[ベースボール・マガジン社]] |journal=[[格闘技通信]] |volume=9 |issue=14 |naid= |pages=120 |ref= |quote =金野が得意の・国際ルールでは禁止}}</ref>または[[1998年]]<ref name=大修館書店>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史 |edition=初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|page=25}}</ref>、国際規定での重大な違反の一つ「特に頸や脊椎・脊髄など、相手を傷つけたり危害を及ぼしたり、あるいは柔道精神に反するような動作をする。」の附則で男女で蟹挟は禁止技となった(2018年、本則に明記)。罰則は「反則負け」となった。
* [[1998年]](平成10年) - 国際規定で抑込技[[裏固]]が無効に。
* [[1998年]](平成10年) - IJF公式大会として初めてブルー柔道着採用される。ワールドカップ(ミンスク)
** 立ち姿勢での関節技、絞め技が指導に、特に危険な場合は反則負けに。関節技、絞め技での立ち姿勢、寝姿勢の区別は2013年より前と変更なく相手が膝をついていれば寝姿勢扱いで関節技、絞め技を掛けることができる。したがって膝をついているが両手腕両膝、背、腹がついていない場合は立ち姿勢の相手から投げ技も固め技(関節技、絞め技、抑込技)も仕掛けられ、さらには立ち姿勢の相手の脚を掴む防御もできない危機にあることに。
** 絞め技、関節技において過度に相手の脚を伸ばした場合は指導に。
** 立ち姿勢の相手の上衣の裾を故意に帯から出す行為も指導に。一方、全柔連発行の『2018年~2020年国際柔道連盟試合審判規定』ではこの記載はなく対象は自身の上衣だけである<ref>{{Cite web |date=2018-09-05 |url= https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2018/09/b9503aa6efbe0dc222359ed70050249c.pdf|page=35|format=pdf|title=2018年~2020年国際柔道連盟試合審判規定 |website=全日本柔道連盟|location=日本 |accessdate=2020-06-07 |quote=故意に自身の柔道衣(裾部分)を帯から出す。|auther=}}</ref>。
** 立ち姿勢の相手の上衣の裾を故意に帯から出す行為も指導に。
** 脚掴みは通常の指導に変更される。(脚掴み指導2回での「反則負け」の廃止)
** 相手の襟や袖を持った手腕(主に肘)での動作は脚掴みの反則の対象とならないことを明らかにした<ref>[https://www.ijf.org/news/show/detailed-explanation-of-the-ijf-judo-refereeing-rules Detailed Explanation of the IJF Judo Refereeing Rules effective from 01 January 2018]</ref>。一方、全柔連発行の『2018年~2020年国際柔道連盟試合審判規定』では「柔道衣を持っていなければ罰則にならない」と記載している<ref>{{Cite web |date=2018-09-05 |url= https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2018/09/b9503aa6efbe0dc222359ed70050249c.pdf|page=36|format=pdf|title=2018年~2020年国際柔道連盟試合審判規定 |website=全日本柔道連盟|location=日本 |accessdate=2020-06-07 |quote=柔道衣を持っていなければ罰則にならない|auther=}}</ref>。
** 相手の上衣をしっかり手で握っていない触っただけの後の「抱きつき」も指導に。
** [[背負落]]、両袖を持った[[袖釣込腰]]、両手で襟を持った[[腰車]]などの際、頭から畳に突っ込むヘッド・ディフェンスも故意でなければ両者とも反則とはならない。