「フランツ・ファノン」の版間の差分

→‎生涯: 追補
(→‎生涯: 追補)
[[1945年]]、ファノンは短期間マルティニークに戻り、ファノンの師であり友であるエメ・セゼールの手伝いをした。セゼールは、[[フランス第四共和政]]において[[フランス共産党]]から議員に立候補していた。ファノンは[[バカロレア]]を得るとフランスに渡り、医学と精神医学([[精神分析]]など)を学んだ。[[リヨン大学]]で文学や演劇、哲学等も学び、[[モーリス・メルロー=ポンティ]]の講義を受けることもあった。また[[ジャン=ポール・サルトル]]の他者論と反差別論に強い影響を受けた(サルトルは『地に呪われたる者』の序文を書くことになる)。[[1951年]]に精神科医の資格を得ると、[[カタラン人]]医師[[フランソワ・トスケル]]の元で[[研修医]]となった。これはファノンが文化を精神病理学的に見ることに影響を与えた。ファノンはフランスで臨床医を続ける傍ら、[[1952年]]研究論文として『黒い皮膚・白い仮面』を発表する。[[1953年]]にアルジェリアに渡りブリダ=ジョアンヴィル精神病院で医療主任となり[[1956年]]まで続けた。
 
ファノンは任地のアルジェリアでアルジェリア人独立運動家の捕虜を診療する内にフランスの植民地支配へ反対を始め、[[アルジェリア民族解放戦線]](FLN)に参加、[[アルジェリア戦争]]を戦い、FLNのスポークスマンとして[[脱植民地化]](ポストコロニアル)時代のアフリカ植民地を周り、アフリカの独立指導者達からアルジェリア独立への支持を取り付けた。[[1961年]]には、[[白血病]]に冒されつつも『地に呪われたる者』をわずか10週間で執筆。だが、[[1962年]]のアルジェリア独立を目前にした[[1961年]]、ファノンは[[白血病]]により[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[ワシントンD.C.]]近郊で帰らぬ人となった。
 
1962年に発表した詩の中で、[[カテブ・ヤシーン]]はファノンを追悼した。しかし、現在のアルジェリアではファノンの名は殆ど忘れ去られた存在となっている<ref>私市正年:編『アルジェリアを知るための62章』明石書店 2009/04 p.126</ref>。