「ママス&パパス」の版間の差分

→‎略歴: 誤字修正
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
(→‎略歴: 誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
だが、絶頂の最中に、ミシェル・フィリップスとデニー・ドハーティの不倫が発覚し、[[1966年]]、ミシェルは夫のジョンに追い出される形でグループを脱退する。しかし、適当な代役が見つからなかったため、ミシェルは結局すぐに復帰して、ジョンと寄りを戻した。その後は、1966年発売のシングル「[[アイ・ソー・ハー・アゲイン]](''I Saw Her Again'')」が全米5位、この曲を収録したセカンド・アルバム『The Mamas & The Papas』も全米4位まで昇った。
 
[[1967年]]2月発売のサード・アルバム『Deliver』が全米2位を記録。このアルバムからは「愛する君に(''Dedicated to the One ILoveI Love)」が全米全英共に最高2位のヒット、「クリーク・アリー(''Creeque Alley」も全米最高5位のヒットを記録した。同年[[6月16日]]から3日間開催された[[モンタレー・ポップ・フェスティバル]]に出演。ジョンはフェスティバルのテーマソング的役割を果たす「[[花のサンフランシスコ]] (''San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)'')」を書き上げ、「ジャーニーメン」時代の同僚の[[スコット・マッケンジー]]が歌ったシングルは全米4位を記録した<ref>[http://www.billboard.com/charts/hot-100/1967-07-01 Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF JULY 1, 1967]</ref>。
 
同年、「[[朝日をもとめて]](''Twelve Thirty(Young Girls Are Coming to the Canyon)'')」「[[:en:Glad to Be Unhappy|Glad to Be Unhappy]]」などがヒット。しかしジョンとミシェルの夫婦仲は再び亀裂が生じ始めていた。そして[[1968年]]になると、グループは完全に崩壊し、各メンバーはそれぞれ個人的な活動を始めた。契約上制作しなければならなかった最後のアルバム『People Like Us』は、メンバーが各自で収録した曲をまとめて発売された。
490

回編集