「日本タレント名鑑」の版間の差分

『朝日新聞』2003年12月28日の朝刊 25頁〈当記事の中の小さなコラム?のようなところで僅かに特集されています〉と、音楽情報サイト「BARKS」による報道〈ただ、内容はhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000006657.htmlなどと差異がなく、プレスリリースチックであると思われる〉を基に少し加筆
({{stub}} このカテゴリ用のものが不明でした 特筆性はありそうなので)
(『朝日新聞』2003年12月28日の朝刊 25頁〈当記事の中の小さなコラム?のようなところで僅かに特集されています〉と、音楽情報サイト「BARKS」による報道〈ただ、内容はhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000006657.htmlなどと差異がなく、プレスリリースチックであると思われる〉を基に少し加筆)
 
== 概要 ==
日本国内で活動テレビなどのメディアに露出する[[芸能人]]のプロフィールや顔写真、[[芸能事務所]]のプロフィールに関する情報載し{{r|barks}}、各[[ポータルサイト]]の芸能人項目[[データベース]]に内容を提供する。本名鑑は「芸能界のバイブル」{{r|a20031228}}あるいは「キャスティング・バイブル」とも称され、制作現場や芸能界関係者の間などで用いられている{{r|barks}}
 
[[1970年]]に『日本タレント年鑑』として創刊し、1973年から『日本タレント名鑑』に変更した<ref name="talent">[http://www.vip-times.co.jp/profiles/ VIPタイムズ社 「会社概要」]</ref>し、1973年から『日本。VIPイムズ社の創業者である井草繁太朗がテントビ局で勤務し、芸能人の顔写真・名前・所属事務所・プロフィールを一覧する名鑑』に変更したの必要性をおぼえ、創刊のきっかけとなる<ref name="talent"></ref>。
 
2003年度版の時点では約10,800人のタレントが掲載され、毎年内容が更新されるたびに新たに数百名が追加されている{{r|a20031228}}。
VIPタイムズ社の創業者である井草繁太朗がテレビ局で勤務し、芸能人の顔写真・名前・所属事務所・プロフィールを一覧する名鑑の必要性をおぼえ、創刊のきっかけとなる<ref name="talent"></ref>。
 
== 脚注 ==
{{reflist|refs=
<references/>
<ref name="a20031228">{{Cite news|和書|author=増谷文生|title=アイドルファン(日本が見えますか コミュニティー) 【名古屋】|newspaper=朝日新聞 朝刊|date=2003-12-28|page=25|accessdate=2020-06-13}} - 聞蔵Ⅱビジュアルにて閲覧。</ref>
<ref name="barks">{{cite news|date=2014-02-02|url=https://www.barks.jp/news/?id=1000099585|title=キャスティング・バイブル『日本タレント名鑑』最新版発売|newspaper=BARKS|publisher=ジャパンミュージックネットワーク|accessdate=2020-06-13|archiveurl=https://web.archive.org/news/?id=1000099585|archivedate=2020-06-13}}</ref>
}}
 
== 関連項目 ==