「日本タレント名鑑」の版間の差分

m
BARKSのアーカイブへのリンクが間違っているので修正
([https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E5%90%8D%E9%91%91&oldid=77989104 2020年6月13日4時40分の版]と合体)
m (BARKSのアーカイブへのリンクが間違っているので修正)
『日本タレント名鑑』は1968年に[[井草繁太朗]]が設立した株式会社レジャー通信社によって1970年に創刊された<ref name="talent">[http://www.vip-times.co.jp/profiles/ VIPタイムズ社 「会社概要」]</ref>。当初は『日本タレント年鑑』という名称であったが1973年から『日本タレント名鑑』に変更した<ref name="talent"/>。
 
井草繁太朗がテレビ局で勤務し、芸能人の顔写真・名前・所属事務所・プロフィールを一覧する名鑑の必要性をおぼえ、創刊のきっかけとなる<ref name="talent"/>。日本国内で活動する[[芸能人]]と[[芸能事務所]]のプロフィールを記載し、メディアなどの制作現場などにおけいて「芸能界のバイブル」あるいは「キャスティングバイブル」と呼称され広く使用されている<ref name="a20031228">{{Cite news|和書|author=増谷文生|title=アイドルファン(日本が見えますか コミュニティー) 【名古屋】|newspaper=朝日新聞 朝刊|date=2003-12-28|page=25|accessdate=2020-06-13}} - 聞蔵Ⅱビジュアルにて閲覧。</ref><ref name="barks">{{cite news|date=2014-02-02|url=https://www.barks.jp/news/?id=1000099585|title=キャスティング・バイブル『日本タレント名鑑』最新版発売|newspaper=BARKS|publisher=ジャパンミュージックネットワーク|accessdate=2020-06-13|archiveurl=https://web.archive.org/web/20200613041712/www.barks.jp/news/?id=1000099585|archivedate=2020-06-13}}</ref>他、各[[ポータルサイト]]([[Yahoo! JAPAN]]、[[goo]]、[[Infoseek]]、[[MSN|MSN Japan]]、[[BIGLOBE]]など)の芸能人項目[[データベース]]に内容を提供している<ref name="talent"/><ref>PR TIMES: [https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000019138.html 日本最大級のオーディションサイト『narrow(ナロー)』が、創刊46年を迎える『日本タレント名鑑』と業務提携](2016/5/9)</ref><ref>ASCIIデジタル用語辞典: [https://yougo.ascii.jp/caltar/Yahoo!_Search_Technology Yahoo! Search Technology]</ref>。2003年度版の時点では約10,800人のタレントが掲載され、毎年内容が更新されるたびに新たに数百名が追加されている<ref name="a20031228"/>。
 
2006年より[[インターネット]]上でタレント情報の有償参照が可能な「タレメcasting」のサービス提供を開始した<ref name="talent"/>。書籍の『日本タレント名鑑』が紙面都合上10,000件前後の掲載数であるのに対し、「タレメcasting」では25,000件以上のタレントプロフィールが確認可能としている<ref name="tareme">タレメcasting: [https://www.talemecasting.com/faq.html タレメcasting「FAQ」]</ref>。