「柔道」の版間の差分

固技(かためわざ)には[[抑込技]]、[[絞め技|絞技]]、[[関節技]]がある。講道館柔道では[[固技]]が全部で32本あり、[[抑込技]](おさえこみわざ)10本、[[絞技]](しめわざ)12本、[[関節技]](かんせつわざ)10本である。IJF制定のものでは一部異なるものがある。
主に[[寝技]]で用いることが多いが、立ち姿勢や膝を突いた姿勢でも用いられ、固技のすべてが寝技の範疇に入るわけではない。(寝技と固技は互いに重なり合う部分が大きいとは言える。)
固技のうち[[関節技]]は、肘以外はあまり採用されず、20世紀までに乱取や試合では肘以外に関節技をほどこすことは反則となった。プロMMAと同様、立ち姿勢での関節技は使用できる大会でももあまり行われておらず極まることはない。また、国際規定では2018年に禁止された。抑込技は、うつ伏せでなく、仰向けに抑えるのが特徴である。
絞技は、[[天神真楊流]]から多様な方法が伝わっており、柔道を首を絞めることを許すという珍しいルールを持った競技にしている。
創立当初、[[寝技]]はあまり重視されておらず、草創期に他流柔術家たちの寝技への対処に苦しめられた歴史がある。