「オレンブルク」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[グレート・ゲーム]]の時代には、[[1830年代]]から[[1850年代]]にかけて、{{仮リンク|ヴァシリー・ペロフスキー|en|Vasily Alekseevich Perovsky}}(Vasily Alekseevich Perovsky)の[[ヒヴァ・ハン国]]侵略の基地となり、その後はロシアと[[中央アジア]]を結ぶ交易の中心となった。
 
1877年には[[サマーラ]] - [[キネリ]] - オレンブルク間を結ぶ鉄道が、[[1906年]]には[[トランス・アラル鉄道]](オレンブルク-タシュケント間)が完成し、[[カスピ海横断鉄道]]([[トルクメンバシ]]-タシュケント間)と接続。これ以降、中央アジア(トランス・アラル鉄道、カスピ海横断鉄道)や[[シベリア]]([[シベリア鉄道]])への重要な鉄道分岐点なった[[サマーラ]]がオレンブルクにとって代わる玄関口として発展する。
 
=== バスマチ蜂起 ===
匿名利用者