「柔道」の版間の差分

いろいろ
(修正)
(いろいろ)
[[ファイル:Kano kitoryu judo menjo.jpg|thumb|250px|飯久保恒年から嘉納治五郎に授与された「日本伝起倒柔道」の免状(明治16年)。柔道という用語は嘉納が学んだ起倒流ですでに使われていた。]]
古くは、[[12世紀]]以降の[[武家政権|武家社会]]の中で[[武芸十八般]]と言われた[[武士]]の[[日本の合戦一覧|合戦]]時の技芸である[[武芸 (日本)|武芸]]が成立し、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]が終わって[[江戸時代]]にその中から[[古武道|武術]]の一つとして[[柔術]]が発展した。
1877年(明治10年) に、嘉納が[[天神真楊流]]の福田八之助に入門し、[[当身技]](真之当身)を中心として[[関節技]]や[[絞技]]といった捕手術の体系を持ち、[[乱捕]]技としての[[投げ技]]、[[固技]]も持つ[[天神真楊流]]を稽古した。
また、[[捨身技]]を中心として他に中(=当身技)なども伝えていた[[起倒流]]柔術を稽古した。
[[天神真楊流]]と[[起倒流|起倒流柔道]]の乱捕技を基礎に、起倒流の稽古体験から「[[崩し]]」の原理をより深く研究して整理体系化したものを、これは[[柔道#教育・精神修養・応用としての柔道(修心法)|修身法]]、[[柔道#体育としての柔道(体育法)|練体法]]、[[柔道#武術としての柔道(勝負法)|勝負法]]としての修行面に加えて人間教育の手段であるとして柔道と名付け、明治15年([[1882年]])、[[東京府]][[下谷]]にある[[永昌寺 (台東区)|永昌寺]]という寺の書院12畳を道場代わりとして「[[講道館]]」を創設した。
 
=== 学校体育と柔道 ===
日本では[[クラブ活動|部活動]]としてほとんどの[[中学校]]、[[高等学校]]、多くの[[大学]]に「柔道部」があり、[[中学校]]、[[高等学校]]では学習指導要領に沿った形で生徒の自主的、自発的な参加による課外活動の一環としての部活動が行われている。警察や社会体育中心にやってきた日本の柔道だが20世紀終盤までに男子柔道の主力選手はこの学校体育大学柔道の学生およびそのOBの柔道家が中心となっており、日本以外への普及活動、柔道競技の近代化も大学柔道の柔道家が中心になって行っていたと彼らは自負していた。中学校、高等学校の運動部の監督は教員がやることが多く、教員はほとんど大学を卒業しているので、中学校、高等学校の柔道界も大学柔道界の貢献が多くなっている。彼らは社会体育勢が中心の全柔連のやり方に不満を持つようになった。20世紀終盤に起きた講道館・全柔連対[[全日本学生柔道連盟]](学柔連)の内紛もこういった日本の大学柔道界にたまった不満も背景にあった<ref name=デス>{{Cite book|和書|author=高山俊之(聞き手・構成)、小野哲也(話し手)|title=柔道界のデスマッチ全柔連VS学柔連|others= |publisher =[[三一書房]]|isbn=|quote=|origdate=1988-05-15|pages=46|edition=第1版第1刷}}</ref>。
 
=== 社会体育としての柔道 ===
 
=== 固技 ===
固技(かためわざ)には[[抑込技]]、[[絞め技|絞技]]、[[関節技]]がある。講道館柔道では[[固技]]が全部で32本あり、[[抑込技]](おさえこみわざ)10本、[[絞技]](しめわざ)12本、[[関節技]](かんせつわざ)10本である。IJF制定のものでは一部異なるものがある。主に[[寝技]]で用いることが多いが、立ち姿勢や膝を突いた姿勢でも用いられ、固技のすべてが寝技の範疇に入るわけではない。(寝技と固技は互いに重なり合う部分が大きいとは言える。)また、国際規定では2018年に両者立ち姿勢での絞技・関節技は禁止された
主に[[寝技]]で用いることが多いが、立ち姿勢や膝を突いた姿勢でも用いられ、固技のすべてが寝技の範疇に入るわけではない。(寝技と固技は互いに重なり合う部分が大きいとは言える。)
固技のうち[[関節技]]は、肘以外はあまり採用されず、20世紀までに乱取や試合では肘以外に関節技をほどこすことは反則となった。プロMMAと同様、立ち姿勢での関節技は使用できる大会でももあまり極まることはない。また、国際規定では2018年に禁止された。抑込技は、うつ伏せでなく、仰向けに抑えるのが特徴である。
絞技は、[[天神真楊流]]から多様な方法が伝わっており、柔道を首を絞めることを許すという珍しいルールを持った競技にしている。
創立当初、[[寝技]]はあまり重視されておらず、草創期に他流柔術家たちの寝技への対処に苦しめられた歴史がある。
 
==== 抑込技 ====
相手の体を仰向けにし、相手の束縛を受けず、一定時間抑える技。うつ伏せでなく、相手を仰向けに抑え、[[アマチュアレスリング|レスリング]]のフォールやサンボと異なりガードポジションの上からは認められないのが特徴である
 
* [[肩固]](かたがため)
 
==== 絞技 ====
頸部すなわち[[頚動脈]]か[[気管]]を、腕あるいは[[道着|柔道着]]の襟で絞めて[[失神]]または[[タップアウト|参った]]を狙う技。胴絞は足で胴を絞める技である。指や拳、帯、柔道着の裾、直接、脚などで絞めること及び頸椎に対して無理な力を加えることは禁止されている。[[天神真楊流]]から多様な方法が伝わっており、柔道を首を絞めることを許すという珍しいルールを持った競技にしている。
 
* [[逆十字絞]](ぎゃくじゅうじじめ)
 
==== 関節技 ====
[[関節]]を可動域以上に曲げたり伸ばしたりして苦痛を与える技。20世紀までに乱取りでは肘関節のみが許されるようになった。プロMMAと同様、立ち姿勢での関節技は使用できる大会でも相手が掛からないように抵抗するのであまり極まることはない
 
[[File:Juji.jpg|thumb|250px|腕挫十字固の演武]]
 
=== 寝技 ===
柔道には固技だけでなく[[ブラジリアン柔術]]や[[総合格闘技]]で言うところのパスガード、スイープの[[寝技]]技術が豊富に有る。パスガードは抑込技でのスコアにつながるので有っても不思議ないが、スイープについてはブラジリアン柔術のようにポイントも得られない「スイープ」のような総称、概念もあまりないのに豊富に有る。[[UFC]]以前からパスガード、スイープの技術がある格闘技は珍しく、他にはブラジリアン柔術、前田光世が指導員をしながら技術を吸収した[[ロンドン]]の日本柔術学校の[[不遷流]]の流れをくむ柔術、[[着衣総合格闘技]]の[[柔術ファイティングシステム]]などがある。創立当初、[[寝技]]はあまり重視されておらず、草創期に他流柔術家たちの寝技への対処に苦しめられた歴史がある。
 
=== 柔道形 ===
 
==== 主な大会 ====
* [[オリンピックの柔道競技|近代オリンピック柔道]]
* [[世界柔道選手権大会]]
* [[全日本柔道選手権大会]]
乱取り試合のルールは講道館柔道試合審判規定(以降、‘講’)と国際柔道連盟試合審判規定(以降、‘国’)などがある。のちに日本でもほとんどの大会が国際柔道連盟規定(国際規定)で行われるようになったが、大会のレベルなどにより、日本独自の方法や判定基準が採用されている。
 
講道館柔道試合審判規定による試合は、後々においても講道館において開催されている月次試合や紅白試合、高段者大会等において引き続き継続して採用されている。そこでは2020年現在の国際規定に準拠する試合においては[[禁じ手]]扱いとされる脚掴み技や立ち関節技や立ち絞技なども引き続き使用可能となっている。一方で国際規定と異なり、見込み一本が女子においては一時期認められ、男子においても例外的に認める大会が開けるとか、女子では国際規定より早期に[[蟹挟]]が禁止される、骨折・脱臼で試合続行を認めないなどスポーツライクな差別化も行われている。
 
また、かつてはやはり講道館試合規定と同様に嘉納治五郎が中心となってまとめた、[[大日本武徳会]]柔術試合審判規定(1899年施行、1919年に大日本武徳会柔道試合審判規定に改称、1943年に新武徳会柔道試合審判規定として大幅に改定)などがあった。新武徳会規定以前の武徳会規定については、講道館柔道試合審判規定と基本的に内容の異なるものではないが、立技と寝技の比率による寝技の重要性など一部記述の異なるものとなっていた。
また、[[高専柔道]]を引き継ぐ[[七帝柔道]]の試合においては、寝技を重視する形式での独自の試合を行っている。一方で講道館規定、国際規定より早期に[[蟹挟]]が禁止がされたり、[[横分#腕返|腕返]]の投げ技としての無効化、見込み一本の維持、骨折・脱臼での一本の維持などスポーツライクな差別化も行われている。抑込技[[崩袈裟固#肩袈裟固|肩袈裟固]]・[[裏固]]の無効化、高専柔道で開発された抑込技[[上四方固#横三角固|横三角固]]の一時無効化など守旧的な面もある。
 
以下の試合方法の記述については、主に国際柔道連盟試合審判規定(2018年~2020年版)(2020年1月13日一部改訂版)について説明する。
3つ目は、絞技と関節技で、技の効果が十分に現れた時である。(国:相手に戦意、戦闘能力がなくなった時)
* この条件には、脱臼、骨折、気絶がこれにあたる。(国:脱臼、骨折は主審が戦意、戦闘能力があるとみなせば続行)
* 参加選手の程度によって、関節技や絞技が完全に極まっていれば、安全の為、選手が「参った」の表明や脱臼、骨折、気絶をしなくても主審の判断で「一本」にできる大会がある。これを「見込み一本」という。これを採用するかどうかはその大会の前に決められる。(講のみ)
* 中学生以下は安全のため関節技・三角絞め禁止(講・少年規定による)。
* 小学生以下は安全のため絞技・関節技禁止(同上)。
 
=== 禁止事項 ===
:;指導
::立ち姿勢で極端な防御姿勢をとる、消極的な態度、攻撃の意志がない
::両者立ち姿勢での関節技・絞
::帯や上衣の裾を相手に1周以上巻き付け括る
::帯より下の帯と一緒ではない裾掴みを含む脚掴み
::相手の襟を持たない自分の指や自分または相手の裾、帯で首を絞める(書籍『柔道のルールと審判法』は、拳での絞めも指を使っていると解釈すべきだろう、としている<ref name=大修館書店拳>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史|edition=初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|page=158}}</ref>)
::寝技に引き込んでよい条件を満たさずに寝技に引き込む
::絞技・関節技のさい、過度に相手の脚を伸ばす
::自身及び相手の上衣の裾を故意に帯から出す
::など
* [[1895年]](明治28年) - [[大日本武徳会]]が設立され、武徳祭において毎年、大演武会と武術大会が行われる。武術大会における乱捕り試合規定は試合ごとの申し合せで決められていたとされる。
* [[1899年]](明治32年) - 大日本武徳会において大日本武徳会柔術試合審判規定制定。規定制定委員長の嘉納治五郎の原案を元に、講道館を含む10名の古流柔術家の委員によって評議、決定される。二本先取の三本勝負を採用する。この規定と翌年定められた講道館柔道乱捕試合審判規定制定にて柔術=柔道の通常乱捕り試合時の各種禁じ手も設けられる<ref>『柔道大事典』「大日本武徳会柔術試合審判規定」の項 アテネ書房</ref>。1919年以降、大日本武徳会柔道試合審判規定に改称。
* [[1900年]](明治33年) - 講道館柔道乱捕試合審判規定制定。これと前年の大日本武徳会柔術試合審判規定にて手足の指関節技、[[足取緘]]など足首への関節技が禁止技となった<ref name=大修館書店関節技>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史|edition=初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|pages=3-4}}</ref>。関節技・絞技において、見込み一本も認められていた。
* [[1916年]] - 講道館柔道試合審判規定改正。[[足緘]]は禁止となった<ref name=大修館書店足緘>{{Cite book|和書|author=小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史|edition=初版第2刷|date=2005-09-01|title=詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版 |publisher =[[大修館書店]]|isbn4=469-26560-8|quote=|origdate=2004-8-20|page=5}}</ref>。
* [[1924年]](大正13年) - 「引き込み」を禁止。それまで二本先取で勝敗を決する「三本勝負」で行われていた柔道試合を[[一本]]勝負で決する審判規定変更。
* [[1929年]](昭和4年) - [[昭和天覧試合|御大礼記念天覧武道大会]]柔道乱捕試合規定、審判員3人、姿勢・態度・技術等の基準による「優勢勝ち」制定。
* [[1951年]](昭和26年) - 講道館柔道試合審判規定改正。新しい競技規定として試合場、柔道衣の規格規定。関節技・絞技において、「参った」がなくても気絶、骨折、脱臼があった時は一本に。見込み一本はなし。
* [[1955年]](昭和30年) - 講道館柔道試合審判規定改正、「技あり」後の「抑え込み」25秒で合わせ技一本等。
* [[1957年]](昭和32年) - 講道館柔道試合審判規定改正。「技あり」と「警告」による勝ちを「総合勝ち」とする。
* [[1966年]](昭和32年) - 講道館柔道試合審判規定改正。原則は取れないが大会によっては関節技、絞技で見込み一本が取れるように一部復活。
* [[1967年]](昭和42年) - IJF試合審判規定が制定。見込み一本はなしに。
* [[1974年]](昭和49年) - 国際規定改正に。投げ技へのスコアとして「有効」「効果」を採用。
** 投げ技で片手ともう一方の肘をついた場合、技ありに。
** 一度、寝姿勢になっても立ち上がって投げられば投げ技のスコアの対象となる。
** 立ち姿勢での関節技、絞技が指導に、特に危険な場合は反則負けに。関節技、絞技での立ち姿勢、寝姿勢の区別は2013年より前と変更なく相手が膝をついていれば寝姿勢扱いで関節技、絞技を掛けることができる。したがって膝をついているが両手腕両膝、背、腹がついていない場合は立ち姿勢の相手から投げ技も固め技(関節技、絞技、抑込技)も仕掛けられ、さらには立ち姿勢の相手の脚を掴む防御もできない危機にあることに。
** 絞技、関節技において過度に相手の脚を伸ばした場合は指導に。
** 立ち姿勢の相手の上衣の裾を故意に帯から出す行為も指導に。一方、全柔連発行の『2018年~2020年国際柔道連盟試合審判規定』ではこの記載はなく対象は自身の上衣だけである<ref>{{Cite web |date=2018-09-05 |url= https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2018/09/b9503aa6efbe0dc222359ed70050249c.pdf|page=35|format=pdf|title=2018年~2020年国際柔道連盟試合審判規定 |website=全日本柔道連盟|location=日本 |accessdate=2020-06-07 |quote=故意に自身の柔道衣(裾部分)を帯から出す。|auther=}}</ref>。
** 脚掴みは通常の指導に変更される。(脚掴み指導2回での「反則負け」の廃止)
昭和11年に発行された講道館六段・竹田浅次郎の技術書『對拳式実戦的柔道試合法』において、柔道家の対拳闘相手の対戦法が解説・紹介されている。
 
心構え、構え方、目の付け所や呼吸の仕方、両手の働き、足の動作、身体の動作、拳闘の分析、ボクシングのパンチの防御法、その捌き方と攻撃法、異種との戦いにおいて柔道家が注意すべき裸体の相手への組み付き方、腕・手首・首・体といった箇所への組み付き方、投げ技・絞技・関節技の応用、足関節技、種々の双手刈りの方法、のちに言うところの「片足・両足タックル」が有効であることなどが解説されている<ref>竹田浅次郎『對拳式実戦的柔道試合法』</ref>。
 
昭和16年に発行された講道館七段・星崎治名の技術書『新柔道』には、「拳闘に對する柔道家の心得」と題して、彼が提唱した当時の柔拳興行におけるボクサーとの対戦法が紹介されている<ref>星崎治名『新柔道』「拳闘に対する柔道家の心得」</ref>。