「プレキャストコンクリート」の版間の差分

一般にコンクリート構造物は、建設現場において型枠を設置し、コンクリートを打設して造られる。これを'''場所打ち工法'''または'''現場打ち工法'''と呼ぶ。これに対し本工法では、専用工場においてあらかじめコンクリート製品を製作した後、現場へ運搬して設置を行う工法である。頭文字から、'''PC'''もしくは'''PCa'''の呼称が用いられる。小文字の'''a'''を付加するのは、同じくPCの略称が用いられる[[プレストレスト・コンクリート]]と区別するためである。
 
またプレキャストコンクリート製品は、しばしば[[貨物自動車]]で運搬可能な大きさに分割されることがありため、分割された製品をプレキャスト'''セグメント'''と呼ぶ。
 
== 特徴 ==