「DEVILMAN crybaby」の版間の差分

タグ: 2017年版ソースエディター
日本へ戻った了は日本政府の放送を介して「悪魔の正体は、世間へ不満を持つ人間である。悪魔を倒すためには悪魔になる前に殺すしかない」といったデマを流布する。さらに、明は人間に化けた悪魔のひとりであると事実を捏造する。全人類から敵視される明だったが、彼の他人のために涙を流す心優しさが残っていることを見た美樹だけは彼を信頼を得る。牧村家を離れた明は争いを止めない人類の前へ立ち争いの無意味さを訴える。暴力に支配された人々の攻撃を無抵抗に受け入れる明の姿に、やがて人々は誤ちに気づき、デビルマンへの信頼を示した。一方、美樹は自身のSNSを通じて明がデビルマンであり、他人を慈しむ心を失っていないのだと発信する。寄せられるコメントは心ないものばかりだったが、やがて「自身もデビルマンだ」という反応がぽつぽつ現れた。悪魔の襲撃を退け、明は美樹の元へ帰還する。しかし明が牧村家へたどり着いたとき、美樹は暴徒によって痛めつけられた挙げ句惨殺されていた。悪魔の如き人間を目の当たりにした明は憎悪と共に吐き出した業火によって暴徒を焼き尽くした。
 
長い争いの果て人類は激減し、世界は荒廃する。完全復活を遂げたサタンは、かつて自身が戦いを挑み敗北した神との戦いに備え、生き残った人類へ最後の戦いを仕掛ける。そこへ明が率いるデビルマンの軍団が襲来し、3つの勢力による混沌とした戦いが起こる。サタンを一騎打ちで追い込む明だったが、最後は強烈な熱光線によって下半身を失う瀕死の傷を追う。戦争の果てに人類は滅び、明とサタンだけが生き残った。やがて明も力尽き、サタンだけが生き残った。人類として過ごす内に明を愛していたサタンは、明の死を嘆いた。その様子を神々の軍団が見下ろしていた。神の攻撃によって地球は滅亡した。
 
その様子を神々の軍団が見下ろしていた。神の攻撃によって地球は滅亡した。
 
== 背景 ==