「KO-D無差別級王座」の版間の差分

 
2015年6月には王者KUDOに対して[[ヤス・ウラノ]]が挑戦権を行使して選手権試合を行っている最中に同じく挑戦権を保持している[[大家健]]が乱入し、3WAYマッチにすることを要求し、認められた。この際KUDOもチャンピオンながら挑戦権を有しており、全員が挑戦権保持者による3WAYマッチになった。試合は大家がウラノを倒して王者になったが、直接負けなかったため王座からは陥落したが挑戦権は引き続き保有していたKUDOがすぐさま挑戦権を行使、大家を倒して再奪還した。
 
2019年以降は日時を指定しての予約形式による行使が禁止され、挑戦権の行使宣言と共に即試合が組まれるルールとなった。2020年には予定されていた[[さいたまスーパーアリーナ]]大会のメインイベントで無差別級に挑戦できる「さいたまスーパーアリーナ・KO-D無差別級王座挑戦'''剣'''<ref>外観は金色の鞘の日本刀</ref>」が設定され、こちらも挑戦権の対象となった<ref>さいたまスーパーアリーナ大会は新型コロナウイルス流行に伴い中止となったため、挑戦剣の対象はWeb配信大会である[[WRESTLE PETER PAN 2020【DAY2】|「WRESTLE PETER PAN 2020」第2日目]]のメインイベントとなった。</ref>。
 
== 歴代王者 ==