「真実の瞬間 (1991年の映画)」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎あらすじ: ラストを濁すような書き方のためテンプレート追加。)
* バニー・バクスター - [[ジョージ・ウェント]]([[石田太郎]])
* フェリックス・グラフ - [[サム・ワナメイカー]]([[村松康雄]])
* [[ダリル・F・ザナック]] - ベン・ピアッツァ([[阪脩]])
* ジョー・レッサー - [[マーティン・スコセッシ]]([[伊井篤史]])
* ドロシー・ノーラン - [[パトリシア・ウェティグ]]([[弥永和子]])
 
==モデル==
主人公デヴィッド・メリルは、実在の映画監督[[{{仮リンク|ジョン・ベリー]]|en|John Berry (film director)}}がモデルになっている。ベリーは非米活動委員会での証言を拒否しハリウッドから追放された映画関係者を取り上げたドキュメンタリーを制作し、そのことで彼自身もまた[[赤狩り]]の対象になり、妻子を残し[[フランス]]への亡命を余儀なくされた。ベリーは1964年[[アメリカ合衆国]]に帰国したが、本拠は生涯[[パリ]]に置いていた。この映画の公開から8年後の[[1999年]]、パリで死去した。また、マーティン・スコセッシが演じる映画監督ジョー・レッサーは[[ジョゼフ・ロージー]]がモデルである。
 
ベリーは1964年[[アメリカ]]に帰国したが、本拠は生涯[[パリ]]に置いていた。この映画の公開から8年後の[[1999年]]、パリで死去した。
 
==備考==