「福島県道14号いわき石川線」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''福島県道14号いわき石川線'''(ふくしまけんどう14ごう いわきいしかわせん)は、[[福島県]][[いわき市]]から[[石川郡]][[石川町]]に至る[[都道府県道|県道]]([[主要地方道]])である。
 
== 概要 ==
[[福島県道11号白河石川線]]とともに別名「[[御斎所街道]]」(白河市 - いわき市湯本)と称される、古くからの街道である。
 
== 概要 ==
[[常磐自動車道]][[いわき湯本インターチェンジ|いわき湯本IC]]から[[福島県道20号いわき上三坂小野線|県道20号]]にかけて片側2車線の[[バイパス道路|バイパス]]もある。[[国道49号]][[いわき三和トンネル]]が開通するまでは、国道を[[国際標準化機構|ISO規格]]背高コンテナ車が通行することが厳しかったため、[[小名浜港]]から[[東北自動車道]]など、[[中通り]]へのコンテナ輸送にこの路線が利用されていた。
[[浜通り]]と[[中通り]]を結ぶ福島県土連携交流ネットワーク基盤強化道路で、[[国道49号]]及び[[国道289号]]に並ぶ[[いわき市]]から西方向に伸びる路線の一つである。
 
かつて、[[国道49号]][[いわき三和トンネル]]が開通する前は、[[国際標準化機構|ISO規格]]背高コンテナ車が通行することが難しく、[[重要港湾]][[小名浜港]]とのコンテナ輸送の主要経路であった。いわき三和トンネルの開通後も利用は多く、福島県は本路線と現在工事を進めているふくしま復興再生道路[[小名浜道路]]を、小名浜港の重要なアクセス道路として整備する方針であり、線形改良などのバイパス工事が進められている。
 
=== 路線データ ===