「飯田しづえ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
1909年、[[大阪市電]]の車輌課の技手だった父松田信八、母志なの長女として生まれる。母方の姓である「中村」を継いで祖父の養女となった。1922年、大阪府立梅田高等女学校(1923年に移転し[[大阪府立大手前高等学校|大手前高等女学校]]と改称)に入学、当時は女子が小学校を卒業して女学校へ行くことは珍しかったが、勉強好きの母の「受けるだけ受けさせてみたら」の一言で受験がかなったという<ref>『おもしろかってんよ 飯田しづえさんの八十三年を聞く」飯田しづえ聞き書きの会編 ドメス出版 1993 p.17</ref>。
 
女学校在学中に、[[新教育運動]]運動の流れをくむ国語教師や英語教師の影響を受けて映画や芝居に興味を持ち、次第に社会主義思想にも関心を寄せるようになった。
大阪府女子師範学校(現在の[[大阪教育大学]])の二部に進んだ後、1928年に18歳で中津第三尋常小学校に赴任し、どのような家庭環境の子どもも平等に自主性を発揮できるようになる教育を実践した。この間、亡くなった母に代わって3人の弟の面倒をみながら、日本プロレタリア劇場同盟の活動などをきっかけに教職を追われるまで同校で5年間教師を務めた。