「財務官 (日本)」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
 
== 歴史 ==
[[1949年]](昭和24年)、[[連合国軍占領下の日本]]に於いて[[均衡財政]]執行を目的として来日した[[ジョゼフ・ドッジ]]が[[経済協力局 (アメリカ合衆国)#見返り資金|見返り資金]]の管理を重要視し、大蔵省から独立した見返り資金管理官という次官級または大臣級のポストを新設してはどうかと[[池田勇人]][[日本の大蔵大臣・財務大臣一覧|大蔵大臣]]に相談<ref name="渡辺武日記" >{{Cite book|和書|author=[[渡辺武 (官僚)|渡辺武]]・大蔵省財政史室編|title=<small>対占領軍交渉秘録 </small>渡辺武日記|publisher=[[東洋経済新報社]]|year=1983|isbn=|pages=687-689}}</ref>。池田が[[吉田茂]][[内閣総理大臣|首相]]と相談の上、大蔵省内に次官クラスの役職として新設することを決め、[[1949年]](昭和24年)[[6月1日]]に施行された大蔵省設置法により'''財務官'''(定数1人)として設置された<ref name="渡辺武日記" />。初代の財務官には池田が[[渡辺武 (官僚)|渡辺武]]を任命した<ref name="渡辺武日記" />。
 
[[1952年]](昭和27年)[[8月1日]]に'''財務参事官'''に改称、[[1968年]](昭和43年)[[6月15日]]に再び改称して'''財務官'''となり、[[中央省庁再編]]時の[[財務省設置法]]にも引き継がれた。(旧)財務官及び財務参事官は法令の序列上では事務次官と大臣官房長の間の職であったが実務上は大臣官房長・局長より格下と位置づけられた時期もあった(大臣官房長・他局長に異動となった例がある)のに対し、(新)財務官は事務次官に準ずるいわゆる「上がりポスト」として扱われている。通常1年で交代する財務事務次官と比較して(新)財務官の任期は比較的長く、一般に2~3年務めることが多い。