「仮面ライダースナック」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
星形の甘い味のするピンク色の焼き菓子で、パッケージや発売当時のCMには「'''[[かっぱえびせん]]姉妹品'''」と銘打たれていた<ref name="怪人大全集164" />。一部地域では中身がかっぱえびせんに変更されたこともあったが、すぐに元に戻った。
 
仮面ライダースナックをカルビーが手掛けたのは『[[仮面ライダー]]』の提供[[スポンサー]]だったからだが、これは創業者の[[松尾孝]]が同郷で、[[広島県立広島国泰寺高等学校|旧制広島一中]]の後輩でもある当時の[[東映]] 常務だった[[岡田茂 (東映)|岡田茂]](のち社長)にスポンサーを薦められたのがきっかけである<ref>[[大下英治]]『日本ヒーローは世界を制す』、[[角川書店]]、1995年、pp.19 - 20、29 - 30</ref>。
 
[[1973年]][[2月10日]]、『仮面ライダー』が第98話をもって放映終了したため、スナックもそれに伴い、販売終了し、新番組『[[仮面ライダーV3]]』に対応した「'''カルビースナック 仮面ライダーV3'''」へと引き継がれた<ref name="zukan4" />。
227

回編集