「ハトホル」の版間の差分

編集の要約なし
 
世界を生み出した天の牝牛<ref name="Ions149">『エジプト神話』149頁。</ref>、鉱山の守護神<ref name="エジプト神々大百科143">[[#エジプト神々大百科|古代エジプト神々大百科 (2004)]]、143頁</ref>、ホルスのこの世の姿である[[ファラオ]]に乳を与える牝牛<ref name="Ions152">『エジプト神話』152頁。</ref>、妊婦を守る女神<ref name="Ions152" />などの多様な性格を持っていたハトホルは、[[オシリスとイシスの伝説]]の広まりに伴って、[[オシリス]]信仰が主流になると、死者を養う女神としての性格も持つようになった。
冥界へ行く者達にパンと水(もしくは乳)と[[イチジク]]から作られた食物|date=2013年2月}}を与える役割を持ち<ref>『エジプト神話』29頁。</ref>、そこから「[[エジプトイチジク]]の木の貴婦人」<ref name="oxford">''Oxford Guide to Egyptian Mythology'', Donald B. Redford (Editor), pp. 157–161, Berkley Reference, 2003, {{ISBN|0-425-19096-X}}</ref>または、「南方のイチジクの女主人」と呼ばれ、[[ハトシェプスト]]や[[クレオパトラ]]といった女性ファラオからも信仰を得た。
ハトホル信仰は中心地[[デンデラ]]の他に、[[サイス]]、[[ヘルモポリス]]、[[ヘリオポリス]]、クサエ、[[エジプト第9王朝|ヘラクレオポリス]]、[[エスナ]]を擁し、エジプト国外では、[[ヌビア]]、[[プント国|プント]]、[[シナイ半島]]にも及んだ。
時代が下り、ハトホル信仰は、イシスと共に[[ローマ帝国]]にまで広がり、<ref>『エジプト神話』293頁。</ref>ギリシアでは[[アプロディーテー]]と同一視された<ref name="エジプト神々大百科141">[[#エジプト神々大百科|古代エジプト神々大百科 (2004)]]、141頁</ref>。