「ウッドワード・ホフマン則」の版間の差分

m
+{{出典の明記}}
m (Bot: π → π,σ → σ ,Replaced HTML character entity reference to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11)
m (+{{出典の明記}})
{{出典の明記|date=2020年6月}}
'''ウッドワード・ホフマン則'''(—ウッドワード・ホフマンそく、Woodward[[英語]]:Woodward-Hoffmann rules)は[[ペリ環状反応]]の選択性を説明する法則。
その内容から'''軌道対称性保存則'''とも呼ばれる。
1965年に[[ロバート・バーンズ・ウッドワード]] (Robert Burns Woodward) と[[ロアルド・ホフマン]] (Roald Hoffmann) によって発表された。
ウッドワード・ホフマン則は「反応の前後において反応に関与する[[電子]]の所属する[[分子軌道]]の対称性は保存される」と主張する。これによって様々なペリ環状反応が起こりうるかどうか、またその[[立体特異性]]が説明される。
 
== 対称許容と対称禁制 ==
[[ImageFile:Woodward-Hoffman rule orbital diagram.png|thumb|225px220px|基底状態の軌道相関図]]
[[ImageFile:Woodward-Hoffman rule orbital diagram 1 ethylene exited.png|thumb|225px220px|1電子励起状態の軌道相関図]]
[[エチレン]]2分子が [2+2] [[環化付加反応]]により[[シクロブタン]]を生成する反応について考える。
この反応においてはエチレンの2つの π 結合が切断され、2つの σ 結合が生成する。
 
== 関連項目 ==
* [[ペリ環状反応]]
* [[フロンティア軌道理論]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:有機化学|うつとわとほふまんそく]]}}
[[Category:有機化学]]