「フロント・ネックチャンスリー」の版間の差分

(2400:4060:3E7:5D00:6971:312F:14E:AE9 (会話) による ID:77950284 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''フロント・ネックチャンスリー・ドロップ'''(''Front Neck-Chancery Drop'')は、[[プロレス技]]の一種である。
=== 概要 ===
相手の首を[[フロントチョーク|フロント・ネックロック]]の要領体勢で捕らえて体を[[ブリッジ (運動)|ブリッジ]]させる勢いで相手を後方へと反り投げて背中を叩きつける。
 
日本での初公開は1963年3月23日、[[日本プロレス]]の蔵前国技館大会において、[[サンダー・ザボー]]が対[[アントニオ猪木]]戦で使用して、この技で猪木から[[ピンフォール]]を奪っている。1966年3月21日、猪木は日本プロレスを一時離脱して4月23日に入団した[[東京プロレス]]で'''アントニオ・ドライバー'''の名称で使用していた。他の使い手としては[[アンドレ・ザ・ジャイアント]]がいる。
匿名利用者