「カニクイアザラシ」の版間の差分

m
編集の要約なし
(WP:DATED, WP:AWW参照)
m
 
[[体長]]220-230cm。[[体重]]200-300kg。体形は細長い。全身は淡灰色の体毛で被われる。
 
頭部は小型。歯列は[[切歯|門歯]]が上顎2本下顎2-4本、[[犬歯]]上下2本ずつ、[[小臼歯]]上下8本ずつ、[[大臼歯]]上下2本ずつの計28-30本の歯を持つ。咬頭は複雑な形状で隙間が多く、主な獲物である[[オキアミ]]水ごと口に含んだ後にオキアミだけを濾し取るのに適している。
 
新生児の体重は約25kgだが、授乳期間を終えると約120kgにまで急増する。
[[海|海洋]]や[[流氷]]の上などに生息する。群れは形成せず、単独で生活する。[[天敵]]としては[[シャチ]]や[[ヒョウアザラシ]](主に幼獣を食べるが、成獣を襲うこともある)が挙げられる。ヒョウアザラシに襲われ、平行な2本の傷跡を持つ個体も多い。
 
食性は動物食で、主に[[ナンキョクオキアミ]]を食べるが、[[軟体動物]]や[[魚類]]なども食べ餌とする。夜間に表層に浮かぶオキアミを海水ごと口に入れ、臼歯で濾しとり歯の隙間から海水を排出して食べる。他に[[軟体動物]]や[[魚類]]なども食べるが、名前に反して[[カニ]]は食べない。
 
繁殖形態は[[胎生]]。オスは氷上でメスの頸部や肩部に噛みつき、交尾を迫る。主に氷上で9-10月に1回に1頭の幼獣を産む。授乳期間は約2-4週間。この際、メス・幼獣・オス(血縁とは限らない)からなる小規模な群れ(家族群)を形成する。オスは授乳期間中にもメスに交尾を迫るが、メスは激しく抵抗する。授乳期間を終えると幼獣は外敵から身を守るため群れを形成する。メスは生後2-4年で性成熟する。寿命はオスが30年以上で、メスは約36年。
 
== 人間との関係 ==